ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

年末なのでデッキへの感謝を語らせて欲しい「無限マイト」「グラスパー」編【デュエル・マスターズ】

今年ももう直ぐ終わりですね。ポフルです。

 

師走。年末はやることが多く、全日本国民が秒速50メートル程の速さで動き回るとか、実家の母親がカイリキーになる夢を見ていたとかなんとかかんとかという時期です。

 

私も例外ではなく、30日以降自分の家を開けるということから、28日と29日のみで実家の片付けをしなければならないという状況です。

カードの考察は正直難しいのです。なんかこう、スマホ片手にピコピコできるくらいの記事が欲しいんです。

 

……と、そういう理由でこんな記事書くのはデッキに失礼だと思うのでその辺りはオフレコで。文章だけどオフレコで。

 

Twitterにて、カード単体へのお礼はしているのですが、せっかくですしデッキへの感謝もこの機会にと思いました。

 

 

今回は「無限マイト」「グラスパー」です。

 

 

 

無限マイト

 

今年の2月あたりでしょうか。

一ヶ月間新しい商品の情報が無かったので、いい機会にと「キズナ」関連のカード考察を全て行い、総まとめのような形でデッキを組み上げるという企画を行いましたね。

後半に新しいカードの情報が来たので、1日2記事更新を行って目が回った覚えがあります。

 

www.dmasters-pohu.com

 

その総まとめの一環として作ったのが「白緑超越無限マイト」でしたね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

《マイト・アンティリティ》と《夜のコッツナ》、光のキズナクリーチャー+《超越の使い 蒼転》による無限ループを活かし、無限マナブーストでキーパーツを落とし、そのキーパーツをマナ回収と踏み倒しによって有効利用、《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》のエクストラウィンを達成するという、豪快なデッキになりました。

 

何度も使った相手には嫌な顔をされましたが、初見の相手はみんな「すげえ!!」と好感触。こういうリアクションを見るためにこうしたデッキを作ってる部分ありますよね。

 

このデッキ。基本的に初見殺し感があって、勝ち方なんかを理解してしまった方を相手にするときにはただただ嫌な顔をされるだけのデッキになってしまいまして。ちょっと複雑なことになってしまいまして。しばらく使っていない時期があったんです。

 

で、このデッキをまた研究したいと思ったきっかけが《Q.Q.QX/終葬 5.S.D.》です。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

「《Q.Q.QX.》で相手のシールドを全て横向きで刺してやりたい」と思った私。そしてあろうことかそれをキズナデッキでやってみたいと思ってしまった私。

何度挫けそうになったかわからないくらい試行錯誤しまして、その上でできたのがこちらのデッキ。

 

www.dmasters-pohu.com

 

できないと思われていた事が出来るようになり、しかも2ブロック対応という利点もあり。

嬉しくなってデュエマフェスで使用し、ちびっこを困惑させた経歴があります。ごめんねあの時の子。意味わからなさ過ぎて他の人と喋ってたよね。ルール違反だけど流石に咎めれなかった。

 

割と軽い感じでレシピを公開したこのデッキですが、本当に迷走具合はやばかったんです。

ゴアジゴティを入れてキュラックスに擬似的なワールドブレイカーを与え、オーリーとかでスピードアタッカーを与えるなんて考えたんですが、「結局無限マナブーストが必要になるなら今まで通りのユニバースエンドでよくね?」となってしまったりとか。本当に大変でした。本当に。

 

しかし本当に、このデッキを作る過程は楽しかったです。ユニバースエンドとの差別化を図り、シールド回収手段を考え、無限マナブーストに頼る事なく意味のあるループにするにはどうすればいいのかを考え。

 

完成してしまった上にもうデッキがカツカツ過ぎて、これ以上の拡張性が絶望的な点や、来年になれば2ブロック対応という利点が消え去るという点もあって、また崩してしまう可能性も大いにあるのですが、それでも、今年一番楽しさを与えてくれたデッキは何かと考えたら、最初にこのデッキが挙がりますね。

 

本当に、ありがとうございました。

年末30日に、まだ見せていない友達と彼女に対して初見殺し狙おうな。

 

 

グラスパー

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

 2ブロック構築CSと全国大会店舗予選の存在が出てきた時、真っ先に組み始めたのがこのデッキでした。

 

基本「全国大会2017」で猛威を振るった「ビートジョッキー」。それに対応する為のコントロールデッキとして考案された「ムカデグラスパー」とその系列をベースとし、「トリガービート程では無いにせよ、ビートダウンをしっかりけん制しつつ、その他のデッキにもある程度対応できるデッキ」をコンセプトに組み始めたデッキです。

このデッキを作る為にグラスパーをシングル買いしたのですが、グラスパーはいずれ使いたいカードだったので悔いはありませんでした。

 

白赤緑→青赤緑→赤緑t青と、デッキ内容がどんどん変化していったわけですが、これまた一度組んでは負け、敗因を考えた上で他のカードで試行錯誤し……という、デッキ構築の基本のような行動の結果です。

 

どうしてもデ・スザークに勝てなかった事だけが心残りだったりしますが、最終的には見事、全国大会東海エリアの出場権利を獲得できました。

 

その、東海エリアでの結果は……本当に散々な感じでしたが。

www.dmasters-pohu.com

それでも、あの大会にまた出る事ができたという嬉しさは強いです。

 

ありがとう。もう崩しちゃったけれど、グラスパーと《オヴ・シディアDG》に関してはもう次の使用デッキ決まってますし、GWDはまたビートジョッキーで活躍してもらうし。またそれらのデッキで支えてくれると嬉しいです。

 

次回

次回は、救済おじさんこと「ネクラシャングリラ」と、今年の構築済みデッキレビューの中でも多分すごい力が入っていた「天門ゼニス」になります。

 

以上。私は秒速60メートルで走り回りたい。ポフルでした。