ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル》考察―ハンデス特化のツインパクト【デュエル・マスターズ】

 

 

リフレッシュ休暇取ってこれって……とちょっと自己嫌悪。ポフルです。

今はだいぶん楽になりました。ご心配をおかけしました。

 

今回は、《残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル》を考察していきます。コロコロオンラインより情報が解禁されました。

 

 

 

カード情報

 


残虐覇王デスカール

闇文明 ダークロード

コスト8 パワー4000

■このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次のTT能力を使ってもよい。

 TT-相手の手札から2枚見ないで選び、捨てさせる。


ロスト・ソウル

闇文明 コスト7 呪文

■相手は自身の手札をすべて捨てる。


 

考察

《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》の時と同じく、過去のカード同士のツインパクトカードですね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

クリーチャー面

今となっては珍しい、タップトリガーを持つクリーチャーです。2枚のランダムハンデスが可能ですね。

……この子が収録された最初のパックってなんでしたっけ?……闘魂編の第1弾か第2弾でしたっけ?→闘魂編第2弾でした。

 

個人的にはかなり好きなパックで、特にステルス能力には中々興奮したものなのですが、プレイヤー間での評価は悪かったみたいですね。

今見直してみると確かにという感じではありますが。

 

そんな中、スーパーレアの枠として収録されていたこの子。

毎ターン2ハンデスを放つ事ができるという性能自体はかなり嬉しい所なのですが、他のサポート無しでは出したターン中に能力を使用できない点、そしてタップトリガーと自身のパワーの低さの兼ね合いが悪い点、それらを含めて考えた時、8コストというのはどうにも重すぎるという結論になってしまいます。プレイヤー間でもハズレアという認識が強いらしく、ネタカード枠としての人気が高かったようです。

 

現環境でも、そのデメリットを解消するには難しい所があります。殿堂入りとはいえ《復讐 ブラックサイコ》の存在を考えると……というよりブラックサイコはよくこのデザインでGoサインがでたなぁと。

 

カードプールの増加の影響も受けて強化自体はされています。中でも《戒王の封》による踏み倒しに対応している点はうれしい所です。ただ、「ハンデスを狙っていたのに《"乱振"舞神 G・W・D》で焼かれた上にドローまでされた」という場面も考えられるので、なんというか報われませんね。

 

 


戒王の封

闇文明 コスト6 呪文

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)

■闇のコスト8以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

S-相手のクリーチャーを2体まで破壊する


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

一応、他のハンデスカードと比べた時、タップトリガー独自の利点が光るカードではあります。

前述の通り維持する事さえできれば毎ターンハンデスができるという点も当然あります。

それ以上の利点として、自分の他のクリーチャーでシールドブレイクした後、タップトリガーによって相手の増えた手札を即座に墓地送りにする事ができます。疑似的なシールド焼却ですね。

当然S・トリガーの影響は受けるので何とも言い難い部分はありますが、決まれば強力な能力である事は間違いないです。

 

 

呪文面

害悪カードの代表、《ロスト・ソウル》のツインパクト化ですね。

……クリメモがあんなに叩かれて、こっちは「なんでクリーチャー面がデスカールなんだ」と言う声が目立つのが意味不明です。

 

このカードは第2弾か第3弾だった気がしますがどうでしょう。→第2弾でした。

 

7マナと重いですが、その分相手の手札をすべて捨てさせるその性能は凶悪そのもの。これが初期のパックに収録されているのですから中々驚きです。

登場以降、コントロールデッキの十八番として、様々な活躍を見せてくれていた事でしょう。いまさら説明しても他のサイトのコピペを疑われる程度の考察にしかならないので割愛。

 

敢えて言うなら、昔と比べてゲームスピードが速くなった現環境では、マナブーストの併用は必須となっており、「白黒緑」「青黒緑」のように、緑が絡むコントロールデッキが主な採用場所となっています。「白青黒」「白青黒赤」のような緑の絡まないコントロールデッキの場合は軽量ハンデスが積まれる事が多く、採用しても1枚刺す位です。

 

ツインパクトとして

どちらの面もハンデス特化といった形です。

またどちらの面も重めなので、ツインパクト特有の「状況に応じてどちらを使うか選べる」「序盤は片面、終盤はもう片面と、役割分担が明確」というようなメリットは皆無ですね。ツインパクトとして見た時の評価はやや低めでしょうか。

 

ただし、「クリーチャーでも呪文でもあるカード」という面での利点はかなり大きいです。「呪文回収にもクリーチャー回収にも対応するようになった《ロスト・ソウル》」と考えれば、その恐ろしさが伝わってくるでしょうか。

クリーチャー回収の手段があるコントロールデッキであれば、今までの《ロスト・ソウル》よりもこちらの方が使われる事になりそうですね。

 

クリーチャー面はおまけとして考えて良いスペックです。……とはいえ、《ロスト・ソウル》を放った後に《戒王の封》等で蘇生できれば心強いです。

相手が今引きで対処できない場合に「一か八か、引いたカードを手札にキープしておく」というアクションは完全に封じる事に繋がりますし、最終的に殴るデッキであれば、クリーチャー面で書いた通り、相手のシールドをブレイクして増えた手札を即座に墓地に叩き落す事に繋がります。

《ロスト・ソウル》で獲得した、「相手の手札が0」という圧倒的アドバンテージを、長期的に維持する事に繋がりやすくなります。

 

前述の通り《"乱振"舞神 G・W・D》に利用されてしまうという無視できないデメリットも存在しているので、相手のデッキタイプには注意を払う必要が出てくるでしょう。

 

ネクラツインパクトを使う身としては、《ロスト・ソウル》→《「深淵より来たれ魂よ」》と繋げて一気に勝ちに向かいたいところです。

 

www.dmasters-pohu.com

 

まとめ

両方ハンデスに特化したツインパクトカードです。

使い分けの面ではやや難しい所がありますが、単純に《ロスト・ソウル》がツインパクトとなっただけで強さはお墨付き。

今後の大量ハンデスの代表カードとして、突っ走ってくれる事でしょう。

 

以上。今年の目標は体調管理。ポフルでした。