ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《口寄の化身/強欲の王国》考察―無難なのです【デュエル・マスターズ】

風邪薬の乱用。アルコールの過剰摂取。

アル中とヤク中の二段構え。ポフルです。

いや後者はともかく前者はそこまでじゃないですけれどね!!!???

 

今回は《口寄の化身/強欲の王国》の考察ですね。薬の副作用で眠いとか書く時間がないとか色々な理由挙げて控えめの内容です。

 

 

 

 

カード情報

 


口寄の化身

自然文明 ミステリー・トーテム

コスト6 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分の、ミステリー・トーテム以外の種族1種類につき1枚、カードを引いてもよい。


強欲の王国

自然文明 コスト3 呪文

■自分の手札を好きな枚数、タップしてマナゾーンに置く。


 

考察

 

クリーチャー面

《口寄の化身》です。 ……正直いつこの子が出てきていたのか覚えてません。闘魂~聖拳あたりかなと勝手に推測しているのですが……もしかして《光器ペトローバ》のような「自身の種族以外に恩恵を与えるサイクル」みたいなものありました?と疑問に思いながら調べました。

転生編第一弾でした。

しかもペトローバは同じ弾に収録されていないという。ウーム。

 

当時では、自然文明では珍しいドローソースでした。場にクリーチャーを要求する辺りは自然文明らしいですね。

 

カードプールが増加した現状、必ずこのカードが必要だという場面は減りましたが、それでも自然文明で一度に大量のドローができるのは恐らくこのカードか設計図くらいです。

デザイナーズデッキが主流になりつつある現状、種族にそこまで拘らないデッキというのは少なくなって来てはいますが、複数の種族を持つクリーチャーの増加の事もあり、2~3枚程度のドローは割と楽になっている印象ですね。

 

呪文面

《強欲の開拓》及び《キング・シビレアシダケ》の相互互換となる呪文です。

《キング・シビレアシダケ》の能力がそのまま呪文となったと考えれば良いでしょう。

 

前者と比べた時、タップインする点が欠点ではありますが、種族に捕らわれない構築ができるという利点がありますね。

後者とは呪文(ツインパクトカードではあるものの、使う際には呪文)とクリーチャーという違いで差別化できています。

 

性能としては《キング・シビレアシダケ》と同じです。ただ、オーリリアや《奇石 タスリク》で妨害される点は明確な欠点ですね。《母なる星域》を絡めたコンボを狙う場合には《キング・シビレアシダケ》の方が優秀な点も含めれば、まだ住み分けの余地はあると考えられますね。

 

ツインパクトとして

呪文面は序盤の大量マナブーストが可能なカードですが、その分手札を大量消費する事に繋がってしまいます。そこを補うのがクリーチャー面のドロー能力という事なのでしょう。ただし、そういった使い方の場合、単体ではドローができない事が少し気になるでしょうか。

 

単純にコンボデッキでのマナブーストカードとして、《天使と悪魔の墳墓》を避ける目的+5枚目以降の大量ブーストカードとしての採用も良いのですが、個人的には他の使い方も模索したいところですかね。

 

クリーチャー面のドロー能力を意識しつつ、序盤のマナブーストもうまく使える……。6軸のガチロボなら、3コストブーストの搭載が出来てかつガチロボ能力で他の種族を並べながら、ブースト分の消費を回復する事ができるでしょうか。

ガチロボとかいうロマンデッキで無難な所選択するのは私の良い所なのか悪い所なのか。

 

まとめ

多分もう少し考える事はできたのかもしれませんが、ちょっと今回はこのくらいです。

汎用性は十分だと思うので、そのブースト力の高さを活かすなり、種族がバラバラであればあるほど高まるドロー能力が高くなる性能を活かした構築を探したいですね。

 

 

以上。薬物乱用大量アルコール。だめ。ポフルでした。