ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《叡智の聖騎士 スクアーロ/エナジー・ライト》考察―感慨深いリメイクですね【デュエル・マスターズ】

咳って続くよね。ポフルです。

クスリでなんとかごまかしたい。

 

 

さて、今回は《叡智の聖騎士 スクアーロ/エナジー・ライト》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


叡智の聖騎士 スクアーロ

水文明 ムートピア

コスト4 パワー5000

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。


エナジー・ライト

水文明 コスト3 呪文

■カードを2枚引く。


 

考察

 

クリーチャー面

クリスタル・パラディンがNEOクリーチャーとなったといえば良いですかね。種族がムートピアになりました。

パラディンの初登場は第2弾あたり……?→正解でした。

 


クリスタル・パラディン

水文明 リキッド・ピープル

コスト4 パワー5000

■進化―自分のリキッド・ピープル1体の上に置く。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。


 

パラディンと比較すると、進化元が水文明ならなんでも良くなった点、NEOクリーチャーでありながらコストパフォーマンスがパラディンと全く変わらない…….と、時代を感じますね。

 

一応、パラディンには、少なくは無いリキッド・ピープルサポートを受ける事はできる利点が残されているので、完全上位とは言い難いですね。とはいえそういった種族サポートを使わないのであれば、今後はこちらが使われる事になるでしょう。

 

場に出すだけでブロッカーを全員手札に戻し、進化状態であれば確実に1打点をねじ込む事ができるという、ビートダウン要員としては中々のスペックです。これを4コストで行う事ができるというのはうれしい所。

《Dの牢閣メメント守神宮》が相手の場に存在していれば、生きるスパイラル・ハリケーンとかなり強力なカードに化けますね。

メメントが怖い際には一考の価値ありでしょうか。

 

ただし、ブロッカーのバウンスは自分にも及ぶ点に注意しなければいけません。

自身がメメントを貼っている時には、自身を含めて自分のクリーチャー全てを手札に戻さなくてはなりません。

また、水文明にはブロッカーを持つクリーチャーがそれなりに存在しているので、それらクリーチャーと併用する際にも注意が必要です。

 

ただし、G・ゼロ達成時に《超宮殿 コーラリアン》を手札に戻す事で、相手クリーチャーのバウンス能力を再利用する事もできます。

 


超宮殿 コーラリアン

水文明 ムートピア

コスト8 パワー8000

■G・ゼロ:このターン、自分が呪文を4枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。

■相手のターン中、このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに手札に戻す。


 

 

ビートダウン一直線のクリーチャーと思いきや、自分のバウンスするクリーチャーとの併用によってテクニカルな動きも期待できるクリーチャーだと言えるでしょう。進化元が必ずしも必要にならないNEOクリーチャーという点もうれしい所です。

 

呪文面

最も基本的なドローソースと言って良いカード《エナジー・ライト》ですね。

 

光や闇が採用されるデッキでは《コアクアンのおつかい》が採用され、特に闇が入るなら1コスト上の《デモンズ・ライト》の方が、妨害と手札補充を同時にこなす点からコントロール性能に長けており。自然や火が採用されるなら、同じくコストが1つ上ですが、S・トリガーと合わせて防御札となる《ドンドン吸い込むナウ》の方が優先され、墓地肥やしが必要なら《サイバー・チューン》が採用され……と、カードプールの増加によって肩身の狭い思いをしている呪文です。

 

淡泊な性能である分、使いやすいものの、目立った利点を見出しにくい所が欠点と言えます。

ビートダウンの性能が上がっている現環境において、盤面に同時に触る事ができない点がなかなか厳しいという意見もありますね。

 

ツインパクトとして

片面は基本的にビートダウンに向いたスペックです。コンボにも使えそうではありますが。

ただし、基本的にはブロッカーを扱うデッキへのピンポイントメタであり、そうでない場合には、基本スペックは高いとはいえ4コスト5000と淡泊な性能にとどまります。

通常のクリーチャーであればそれでおしまいなのですが、そこにツインパクトとして基本的なドロースペルが付いているというのは十分な利点と言えますね。刺さらない相手に対しても確実に無駄にならない能力を使う事ができる点は、メタカードとしてデッキに採用しやすいです。

 

ただし、クリーチャー面と呪文面を同時にこなす呪文《黄昏地獄拳》が存在している点には注意しておきましょう。

 


黄昏地獄拳

水文明 コスト4 呪文

■カードを2枚引く。

■バトルゾーンにある「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。


 

 

クリーチャーを立てる事はできませんが、その分決まった時の恩恵が大きいという無視できない利点が存在しています。

 

また、どうしてもカードパワーの低さだけは否めませんね。どちらも低コストなので贅沢は言えませんが。

まとめ

メタカードとして見た場合、メタが刺さらない相手に対しても別のアプローチによってアドバンテージを確実に稼ぐことができると考えると、かなり使いやすいカードになったと言えるでしょう。

そこまでカードパワーの高いカードでは無い点が気になりますが、ドローソースとしての活躍、及びブロッカー対策としての活躍はできそうですね。

 

以上、のど飴も手放せない。ポフルでした。