ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》考察―【デュエル・マスターズ】

咳がだいぶ治ってきた。ポフルです。

この時期はすぐに風邪をひいてしまうのでだめです。

 

今回は《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》の考察です。

 

 

 

 

カード情報

 


偽りの王 ナンバーナイン

光文明 キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン

コスト9 パワー9000

■W・ブレイカー

■相手は呪文を唱える事ができない


歓喜の歌

コスト3 光文明 呪文

■自分の山札の上から9枚を見る。その中からコスト9のカードを1枚、相手に見せてから手札に加えてもよい。残りをシャッフルし、山札の一番下に置く。


 

 

考察

 

クリーチャー面

《偽りの王 ナンバーナイン》です。

 

能力自体は呪文を封じるのみと、淡泊ながらかなり強力です。デッキによってはこのクリーチャー1枚で詰みとなる可能性すら存在しています。クリーチャーでの殴り合いを想定されいる「デュエル・マスターズ」というゲームにおいて、このクリーチャー1枚で詰むようなデッキは少数ではありますが。

 

コスト9の光クリーチャーという点から九極侵略にも採用圏内ですし、マナが伸びるデッキでもこの子を採用する理由は十分にあります。自然が絡む場合には《古代楽園モアイランド》という強力なライバルの存在も出ていますが。

 

呪文面

デッキの上から9枚を見て、その中からコスト9のカードを手札に加える能力を持ちますね。

 

九極の侵略者でもないのにここまで9コストに拘るのは、九極への贔屓な気もしてきますが、よく考えればナンバーナイン自体、9に拘ったクリーチャーでしたね。詳しくは知りませんが。

 

3コストでコスト9のカードを加える……と、普通に考えればコンボデッキにおけるパーツ集めです。3ターン目に使ってもそこまでの恩恵はないです。

 

ただし、ツインパクトカードを加えるなら話は別です。

《ビシャモンス・ゲーテン/深淵より来たれ魂よ》や《ビスティック・マース》等、片面のコストが4以下のツインパクトカードを加えれば、4ターン目の動きを安定させる目的で使うことも可能になりますね。

ツインパクトだらけの今回のパックに相応しい呪文と言えそうです。

 

九極侵略との相性も当然良いです。その辺りは後述しますか。

 

ツインパクトとして

《偽りの王 ナンバーナイン》が入るデッキであれば大体どんなデッキでも入りそうではありますね。ただ、呪文面の汎用性がそこまで高くは無い事を考えると、呪文回収をするデッキ、およびツインパクトである事を活かさないデッキであれば、通常の《偽りの王 ナンバーナイン》の方を使っても良いと思いますね。

 

九極侵略で扱う場合、《超七極 Gio》や《極まる侵略 G.O.D.》等のキーカードを手札に加える役割、そして《極まる侵略 G.O.D.》の踏み倒し対象としての役割の二つをこなすカードになりますね。

以前考察した同パック収録の《God of Dream》との相性は中々です。

 

呪文面を使って墓地に送ったこの《偽りの名 ナンバーナイン/歓喜の歌》を、《God of Dream》の能力で場に出す事も出来ますね。

 

 


God of Dream

光文明 エンジェル・コマンド/侵略者

コスト9 パワー15500

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のコスト9のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、それがNEO進化クリーチャーなら、光のコスト9のクリーチャーを9体まで、自分の手札または墓地からバトルゾーンに出す。


Grenade of D-mall

光文明 コスト9 呪文

■S・トリガー

■相手は自身のアンタップしているクリーチャーを9体選び、タップする。その後、自分のクリーチャーを9体までアンタップする。


 

www.dmasters-pohu.com

 

ツインパクト主体の九極侵略。ちょっと気になりますね。

 

まとめ

《偽りの王 ナンバーナイン》のツインパクトという事で、期待が高まっていた方もいらっしゃったかと思いますが、呪文面の能力が活かしにくい事もあり、正直「《偽りの王 ナンバーナイン》が紙になる」くらいの物でもないですね。墳墓避けとして2種類採用しても良し。ツインパクトである事を活かせないのであれば、これまでのナンバーナインを使うのも良いでしょう。

 

 とはいえ、合うデッキにとってはうれしいカードである事は間違いなさそうです。

 

 

 以上。九極好き。ポフルでした。