ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》考察―今パック最大のパワーカード疑惑【デュエル・マスターズ】

復帰したての頃、《ボルシャックNEX》から《ボルシャック・ルピア》を出し、《超竜キング・ボルシャック》をサーチしてそのまま出し、殴りかかるというデッキを使っていたのですが、ワンパターンすぎてどうしても使いにくかった覚えがあるポフルです。コンスタントな強さはあったのですが。

 

今回は、古参プレイヤーが大好き(な筈)の初代ドラゴン、《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》の考察です。

コロコロオンラインにて情報が出てきました。

 

 

 

カード情報

 


ボルシャック・ドラゴン

火文明 アーマード・ドラゴン

コスト6 パワー6000+

■W・ブレイカー

■攻撃中、自分の墓地にある火のカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。


決闘者・チャージャー

火文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から《ボルシャック》と名前にあるカードをすべて手札に加え、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■チャージャー


 

考察

クリーチャー面

元祖ドラゴンと言っても過言ではないクリーチャーですね。第一弾にて登場し、原作では主人公の切り札として登場して以降、デュエル・マスターズにおいて1位2位を争う知名度の高さを誇るクリーチャーとなりました。

 

能力自体はかなり淡泊です。墓地に火のカードを溜めればパワーアップしますが、上昇率は1000のみです。ブレイク数も増加しない為、実用的とは言い難い所です。

一応、強制バトルが多くなった現状パワー増加も使えないわけでは無いのですが、どうしても活かしにくい所はあります。

 

ただし、相手が大型ブロッカーを使うデッキでは敢えて呪文を空撃ちする等してパワーを増加させ、強引に大型ブロッカーを突破するという使い方は可能ですね。

 

呪文面

同パック2枚目のチャージャー呪文、ですか。

火文明ばっかりずるいですよね!!!!

 

能力としては、ボルシャック限定の手札補充かつチャージャーです。

デッキの中身をすべてボルシャックにしてしまえば、手札を3枚補充しつつマナブーストと《コアクアンのおつかい》もびっくりのアドバンテージ獲得能力です。

 

とはいえ、《ブレイン・チャージャー》や《ライフプラン・チャージャー》、《フェアリー・シャワー》等のカードと比較してみれば、1枚の補充+マナブーストでも十分おつりが来ると言えるでしょう。いやなんなのこのおかしいカード。2枚引くだけでも既存カードをはるかに超えるカードパワーを持っているじゃないですか。

 

「ボルシャック」と名の付くカードの中に、軽くてかつ特別汎用性の高いものが無い点が唯一の救いで……《ボルシャック・ドギラゴン》とか《超次元ボルシャック・ホール》あるやんけ。

特に後者はこのチャージャーからきれいにつながりますね。これでミクセル焼きながらサイキックを展開できますね。《ポクチンちん》も焼ける対象じゃないですか。ボルシャックの時代がとうとう来ますか。

 

ツインパクトカードとして

正直、チャージャー部分が強すぎてそれどころじゃない。

 

クリーチャー面が淡泊な分、呪文の性能がすさまじいですね。そのクリーチャー面も当然ボルシャックと名の付くクリーチャーです。つまり、チャージャーからサーチ持ちチャージャーを加える事が出来る……もう考察終わって良いですか?

 

なんというか、既存の中速デッキに雑な感じでボルシャック関連とこのチャージャー入れるだけでなんか面白い事になりそうな予感です。

 

当然、《超竜キング・ボルシャック》を使うデッキで採用すれば、その強力過ぎる程のポテンシャルを発揮できそうですね。

 

まとめ

ボルシャック限定なのでどんなデッキにも入るカードとは言えませんが、しかしそのポテンシャルはすさまじいものです。

手に入れた際は、雑な感じでボルシャックデッキを作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。「今ボルシャック強いよ」と言える時代は果たして来るのか。ポフルでした。

……いえ、来ますね。これは。