ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚》考察―専用デッキ組みたいよね【デュエル・マスターズ】

先ほど、書いている途中の記事が、ブラウザのエラーによって消し飛びました。ポフルです。

パソコン買い換えかしら。

 

 

今回は《ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚》の考察です。

なんだかWHFでの先行販売によって雲行きが怪しいような気がするツインパクトパックですが、ボルシャック目当ての私としてはそこまで関係ないようなので、張り切って考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


ボルシャック・クロス・NEX

火文明 アーマード・ドラゴン

コスト9 パワー12000+

■スピードアタッカー

■パワーアタッカー+5000

■T・ブレイカー

■誰もコスト4以下のクリーチャーを召喚できない。


ボルシャック英雄譚

火文明 コスト8 呪文

■自分の山札の上から6枚を見る。その中から《ボルシャック》と名前にあるドラゴンを好きな数、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で、山札の一番下に置く。


 

考察

クリーチャー面

コスト4以下のクリーチャーを全否定する、大型ボルシャックですね。

 

自分も《コッコ・ルピア》や《マグナム・ルピア》等の優秀なウィニーを出す事が出来なくなりますが、自身の「3打点持ちスピ―ドアタッカー」という性質を考えると、相手の《終末の時計ザ・クロック》や《堕魔 ドゥグラス》等の優秀なトリガーを封じる利点の方が大きく感じますね。

 

また、闇単魔道具のようなコスト4以下のクリーチャーが主となるデッキを詰み状態まで持っていける事も利点の一つでしょう。

 

《ボルシャック・スーパーヒーロー》で相手のコスト4以下のクリーチャーをあらかじめ破壊しておいた上でだせば、勝利は目前と言ったところですね。

 

呪文面

山札の上から6枚の中にいるボルシャックを好きな数展開できる、火文明らしいド派手な呪文ですね。

 

《ボルシャック・大和・ドラゴン》や《ボルシャック・クロス・NEX》等、スピードアタッカーを持つボルシャックや、進化クリーチャーのボルシャックである《超竜キング・ボルシャック》等、出たターンに攻撃できるボルシャックを捲る事が出来れば一気にゲームエンドに持っていく事も可能ですね。

 

ただし、コストは8と重く、呪文である関係から《コッコ・ルピア》等のコスト軽減に対応していない点は残念な所です。

幸い、ボルシャックデッキは《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》や《マグナム・ルピア/クリムゾン・チャージャー》と言った優秀なツインパクトチャージャー呪文が使いやすい構築になりがちなので、見た目程の発動のしにくさは無いかもしれませんね。

 

ツインパクトとして

どちらの面も高コストであり、「序盤はこっち側で終盤はこっち側」のようなわかりやすい使い分けはできませんが、呪文面が専用デッキを組みたくなる魅力を持っていますね。

 

こういったカードに有りがちな「沢山積みたいけれど、積めば積むほど踏み倒し成功確率が減る」という欠点は、ツインパクトである点が解消済みです。さらにそのクリーチャー面もフィニッシャーとして十分すぎる程のスペックを持っています。

 

最大6体の踏み倒しというのはかなり破格。ボルシャックと名の付くクリーチャーは、古いクリーチャーが多い分現役のカードと比べるとカードパワーが低いという事を考慮した踏み倒し量なのかもしれませんが、それを踏まえても十分ド派手な能力だと言えるでしょう。

 

専用デッキを組む場合のトリガー枠としても、《ボルシャック・ドギラゴン》が存在しています。専用デッキの実用性面も申し分無さそうですね。

 

まとめ

専用デッキを組みたくなるような呪文面がかなり魅力的です。

そうでなくてもクリーチャー面が充分優秀と言えるカードです。ボルシャックデッキを組みたい方は是非とも手に入れたいですね。

 

 

以上。……九極だけはちょっと残念かな。ポフルでした。