ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍聖霊ウルフェウス/ヘヴンの衝撃》考察―コストの話に色々ツッコミたいけれど【デュエル・マスターズ】

多色カードは好きだけど、一番多色プッシュが強かった極神編とエピソード1の後半はデュエマをしていなかった時期。ポフルです。

今過去に戻れるなら、極神編あたりに戻してほしいと思ってしまいますね。

 

今回は、そんな極神編を思い出す方もいらっしゃるかもしれません《龍聖霊ウルフェウス/ヘヴンの衝撃》を考察していきます。

 

 

 

 

カード情報


龍聖霊ウルフェウス

光文明 アポロニア・ドラゴン/エンジェル・コマンド

コスト7 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にエンジェル・コマンド、またはドラゴンがあれば、「S・トリガー」付きの呪文を1枚、自分の手札から唱えてもよい。


ヘヴンの衝撃

光文明 コスト7 呪文

■S・トリガー

■相手の進化でないクリーチャーを1体選び、裏向きにして持ち主のシールドゾーンに新しいシールドゾーンに置く。


 

 

考察

クリーチャー面

《龍聖霊ウルフェウス》……極神編のカードだったらしいですね。私はデュエマから離れていたのであまり感慨深くはないですが、漫画での活躍はすごかったそうですね。

 

能力としては、自分の墓地にドラゴンかエンジェル・コマンドがいれば、手札からS・トリガー付きの呪文を唱える事が出来るというものです。

S・トリガー付きの呪文であれば文明指定等は存在していないので、シールドトリガー目当てで投入した《デーモン・ハンド》や《爆殺!!覇悪怒楽苦》のような呪文が無駄になりにくいのは明確な利点と言えるでしょう。

 

光文明である点から、墓地にドラゴンまたはエンジェル・コマンドを墓地に落とす方法に難があるというのが今までの欠点でしたが、「クリーチャー面がエンジェル・コマンドかドラゴンで呪文面が低コストであるツインパクトカード」と併用する事が出来るようになった現在、発動がかなり容易になっていますね。

 

《ドラゴンズ・サイン》に対応している点や、そもそもドラゴンの数が増えたという点も、出てきた当初と比べて強化されている点ですね。《ヘブンズ・ゲート》に対応していないこの子にとってはかなり嬉しい点でしょう。

 

贅沢を言うのであれば、《龍聖霊ウィズダムフェウス》で唱える事が出来ない「スパーク」以外の呪文を唱えたいところですが、相手ターンに唱える場合はそう贅沢も言え無さそうではあります。

 

 

呪文面

《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》から火文明要素を抜いた感じの呪文になっていますね。

 

能力も、《へヴンとバイオレンスの衝撃》から発動条件を無くしたものになっています。

 

……《ヘブン・デ・エンドレーサ》がコスト4で進化クリーチャーも選ぶ事ができる事を考えると、コスト的にどうなのだろうかと疑問には思ってしまいますが、シールド送りの厄介さを考えれば仕方のない事……なのでしょうか。良くわかりません。

 


龍装の悟り 天命

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト7 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■相手の光以外のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1多くなる。

■自分の光のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。


ヘブン・デ・エンドレーサ

光文明 コスト4 呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

……「元となった呪文を思い出しやすくするために同コストにしよう」「どうせクリーチャー面で唱えれるんだから平気平気」みたいな軽いノリでデザインしたわけでは無いですよね……?

 

とはいえ、過去に《グリングル・バインドル》で書いたかと思いますが、光文明のS・トリガーでコスト指定の無い除去は貴重な存在です。光単色のS・トリガーでは、《勝利龍装クラッシュ"覇道"》のエクストラターンを後出しで防ぐ事ができる貴重な呪文として活躍できるかもしれないですね。

 

ツインパクトとして

個人的に、「《ドラゴンズ・サイン》に対応した、出た時に呪文を唱える事が出来るクリーチャー」というのは、「S・トリガーの質を上げる事に繋がる」という持論を《龍聖霊ヴィズダムフェウス》を積極的に使用していた当初に感じていた事です。以前のブログで書いていたような気がします。そろそろ消されないかな。

 

このクリーチャーも例外では無いです。踏み倒し条件こそ存在していますが、それこそこのカードのS・トリガーを発動した後に降臨させる事が出来れば、踏み倒しの条件を容易に満たす事が出来ます。光のツインパクトS・トリガーカードの中で一番優秀と言っても過言ではない《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》がドラゴンを持っている事も追い風ですね。

 

 


龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト6 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。


ホーリー・スパーク

光文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーをすべてタップする。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

今までの優秀なツインパクトの特徴の一つである、「同名カード複数枚によるシナジー」も存在していますし、カードパワー自体は中々高めだと言えるでしょう。ビートダウンが強くなるのと同時にS・トリガーカードも強化されているという点も、追い風となっているでしょう。

 

全体的に見て、デュエル・マスターズの発展の影響を強く受けているカードと考えられますね。ツインパクトである事を抜きにしても、全体的に扱いやすいカードとして使う事ができそうです。

 

ただやはりというか、呪文面のコスト設定はちょっと失敗だったのではないかと思ってしまいますね。

6で良かったのでは……?

 

まとめ

出た当時の使用感と現在の使用感とでガラリと印象が変わっている、中々面白いクリーチャー面です。こうしたところは何というかカードゲームらしいというか。

 

呪文面も悪くは無いです。目につくところはありますが、それでも悪いわけでは無さそうです。

 

以上。「アポロニア・ドラゴン」って響きが好き。ポフルでした。