ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《赤攻銀 ハムラービ/ハムラティス・ジャッジ》考察―【デュエル・マスターズ】

パックの発売日がとうとう明日ですね。ポフルです。

欲しい物ややりたい事が多すぎて、現在の所持金としっかり相談しなければならない状況。ゆっくり考えて購入数を決めたいところです。

 

今回は、コロコロオンラインにて情報が出ています《赤攻銀 ハムラービ/ハムラティス・ジャッジ》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


赤攻銀 ハムラービ

光文明 メタリカ

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト3以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


ハムラティス・ジャッジ

光文明  コスト2  呪文

■相手は、自身のマナゾーンにあるカードの数よりコストが大きい自身のクリーチャーをすべて、好きな順序で山札の一番下に置く。


 

考察

クリーチャー面

手札から光のウィニーを展開する能力を持ちます。いたって淡泊です。

 

出た後には単なるバニラになってしまうところは気になりますが、自身含めて6コスト分のクリーチャーを展開できる点は魅力です。サザンやマルハヴァンのシンパシー元を稼ぐ目的としても使われる事でしょう。

 

《超過の守護者イカ・イカガ》等、似たようなクリーチャーをそれなりに存在しているので、後述するツインパクトである利点も含めて、それらよりも優先して採用する理由は欲しいですね。

 

あとは、手札消費の荒さを活かして轟轟轟に採用するなりですかね。

 

呪文面

《オリオティス・ジャッジ》をアレンジしたものになりますね。

コストが1少なくなり、効果が及ぶのが相手のみとなりました。その代償としてS・トリガーが無くなり、マナゾーンのカード枚数と同コストのクリーチャーを除去できなくなりましたね。

 

《オリオティス・ジャッジ》の利点は、S・トリガーである点と、同コストも除去できる事による腐りにくさにありましたが、こちらにはその利点が無くなっています。

1コスト少なくなったとはいえ、ビッグマナのようなマナが伸びるデッキに対してさらに刺さりにくくなった点は無視できない点ですね。さらにS・トリガーも無くなっているので、ここぞという時のカウンターとしても機能しません。

 

踏み倒しが主流な現環境ですが、轟轟轟に剣にと踏み倒しが決まったターンには決着が付くかどうかというデッキばかりとなっている現状、《オリオティス・ジャッジ》とは全く違う使い方が求められる事でしょう。

 

黒単魔導具のような、「踏み倒し可能なクリーチャーによって、相手を強力に縛り付けて戦うコントロールデッキ」に対しては有効に働くカードではありますね。

ただ、ラビリピトでハンデスされては元も子もありませんし、《絶対の畏れ 防鎧》でハンデスを止めるのであれば、ついでにガリュや朱雀も止める事に成功しているという事になるため、このカードの必要性に疑問を生じてしまう事にもなりそうな気がします。

 

やはりツインパクトである点を活かす必要が出てくるでしょう。

 

ツインパクトとして

両面とも、「めちゃくちゃ強い」とは言い切れないところは、人によっては残念だと思いそうな所です。私的にはぶっちゃけ「ツインパクトカードは全部こういう感じで良いんだよ」と言いたくなるところなのですが、その辺りは割愛。

 

一応、呪文面が相手を選ぶカードではありますが、クリーチャー面は相性の良いデッキであれば有効活用しやすい点は、ツインパクトである利点と言えるでしょう。逆を返せば、呪文面目当てでの採用は呪文面の考察で書いた事も含めれば控えた方が良いかと。

クリーチャー面が活躍できるようなデッキで採用したいですね。

 

サザンルネサンスで採用する他、《ミラクル1 ドレミ24》を扱うデッキで採用しておけば、場に出ているクリーチャー面を手札に戻してチェンジしつつ、流れるように呪文面を唱える事が出来ます。

ただ、相手もそれをわかっていて場に出ているクリーチャー面を残すとは思えないので、選択肢の一つ程度にとどめておいた方が良さそうです。

 

 

まとめ

似たようなカードはたくさんありますが、それらとはまた違う方向性で使う必要がありそうなカードですね。

 

単純そうで、案外難しそうなこのカード。使いこなしてみて欲しいです。

 

 

以上。ひとまず1箱は買いたい。ポフルでした。