ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン/ボルメテウス・フレア》

ツインパクトパック。複数手に入れたおかげで、ロストソウルが2枚手に入りました。ポフルです。

やっぱネクラカラーはロストソウルっしょ!!

 

 

 

さて、今回はツインパクトパックの目玉と言っていい筈の《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン

火文明 アーマード・ドラゴン

コスト7 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに自身の墓地に置く。


ボルメテウス・レジェンド・フレア

火文明 コスト6 呪文

■相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

■相手のシールドを1枚選び、持ち主の墓地に置く。


 

考察

クリーチャー面

元祖シールド焼却クリーチャーです。

 

「シールドカードがブレイクされれば、手札が増える」という大前提を吹き飛ばした、強力なクリーチャーです。

 

闘魂編第1弾……つまり第6弾にて登場以降、様々な派生クリーチャーが出てきていますが、この子の上位互換というのは未だに登場していません。

むしろ《希望と勝利の伝説》というサポートカードがクロニクルデッキにて登場する始末。

 

常に不毛な内容の争いが続くボルコン論争、派生カードの存在、プロモカードの値段など、デュエマの中ではトップクラスの話題性を持つクリーチャーですね。

 

上位互換がいないという話はしましたが、性能面や使いやすさで言えば、後に登場した《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》や《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》に劣ります。7コストでスピードアタッカーを持たず、焼却以外の能力を持たず……と、フィニッシャーとしては充分なもののフィニッシャーとして以外の役割を持たせ辛いところが欠点ですね。

 

 

呪文面

3000の全体火力に加え、相手のシールドを1枚焼却する能力を持ちますね。

 

呪文での焼却というのはなかなか珍しい能力です。とはいえ、やはり蒼炎のような出たターンに殴れる焼却クリーチャーを採用した方が早いというもの。

やはり全体火力に注目すべきでしょうか。

 

トリガーを持たない点は残念ですが、厄介なミクセルやポクチンといったウィニーを根こそぎ倒しつつ、シールドを燃やせると考えればなかなかのパワーです。

メタリカなど、小型を並べるデッキを相手にして撃てば、とてつもないアドバンテージを生み出してくれることでしょう。

 

 

ツインパクトとして

今までフィニッシャーとしての役割しか持たせることができなかったボルメテウスに、小型クリーチャー対策という役割を両立させることが可能になりました。

これだけで充分なカードパワーだとは思えますね。ただ、全体火力としてみた時にコスト6というのはやや高めです。マナブーストやチャージャー、もしくは他のトリガーでなんとかしたいところですね。

 

ボルコン的には、腐る可能性のある全体火力カードに枠を取られずに済む……と考えることが可能ですね。

 

 

まとめ

呪文面とクリーチャー面で特別なシナジーがある……というわけではありませんが、どちらも使いこなせば心強い能力です。

 

ボルメテウスが好きな方は、ぜひ手に入れて使ってみて欲しいですね。

 

以上。あと九極も2枚当たった。ポフルでした。さてどうしようか。