ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《魔刻の斬将オルゼキア/訪れる魔の時刻》考察―あっさりめに。【デュエル・マスターズ】

 今日は少しあっさり目。ポフルです。

 

 

今回は《魔刻の斬将オルゼキア/訪れる魔の時刻》の考察です。ツインパクトのパックに収録されています。

 

 

 

カード情報

 


魔刻の斬将オルゼキア

闇文明 デーモン・コマンド

コスト7 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを2体選び、破壊する。


訪れる魔の時刻

闇文明 コスト6 呪文

■好きな数のクリーチャーを、自分の墓地から手札に戻す。


 

考察

クリーチャー面

いつが初出かは忘れましたが、登場して以降闇文明絡みのコントロールデッキでは採用候補として挙げられていた優秀な除去クリーチャーです。

《学校男》《堕魔 ドゥポイズ》が大きくなった代わりに自分と相手の破壊数が逆になりました。すなわち、自分は1体、相手は2体のクリーチャーを破壊しなければならなくなるという事ですね。

 

単純に、自分のクリーチャー1体を引き換えに相手のクリーチャーを2体破壊できるという性能はアドバンテージの面で優秀です。《不滅の精霊 パーフェクト・ギャラクシー》との併用で自身のデメリットを完全に無しとするような使い方は、昔から使われていた手段です。今では「エスケープ」や「ラスト・バースト」のように、自身のクリーチャーの破壊を利用する方法も増えていますね。

ただ相手のクリーチャーを2体破壊したいだけであれば、カードプールの増加によって色々な物が増えています。1コスト高いですがリターンが大きい《真血染める闇牙》、狙ったクリーチャーをほぼ確実に破壊できないものの、2体以上確実な破壊ができる《キラードン》等等。自身のクリーチャーを破壊する能力を有効活用していきたいですね。

 

こうした「相手に選ばせる除去」の欠点として、「狙ったクリーチャーを除去できない」という物があります。ただ、このクリーチャーは破壊数が2体と多いです。メタリカや、ジョラゴンを使わないジョーカーズのように、大量のクリーチャーを展開しないデッキ相手ならある程度狙ったクリーチャーを破壊できますね。

 

呪文面

墓地のクリーチャーを好きな数回収できる呪文です。中々豪快な呪文ですね。

墓地を肥やすデッキであれば、すさまじい手札補充能力として使いこなす事ができるでしょう。

 

細かいポイントとしては「好きな数回収できる」という点です。墓地に置いておきたいカードはそのままにして置く事も出来るという事ですね。

後々墓地から蘇生させたいカードを回収しないという選択肢も選ぶ事ができます。《ルソー・モンテス/法と契約の秤》を回収する場合や、場に《激天下!シャチホコ・カイザー》が存在している時といった場面では、回収するクリーチャーを厳選する必要があるでしょう。見かけによらず中々器用な呪文ですね。

 

コストは6と大きめです。回収したカードを即座に使いたい場合はマナブーストが必須となりますね。

 

手札からコストを踏み倒すカードや、手札の枚数を参照するカードとの相性は言わずもがな。

実用面はともかくとして《浪費する者 シキゴイ》とのコンボはとあるお方が考えた通りです。

《偽りの名 iFormulaX》との組み合わせや、《「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト》等。色々なカードとのコンボを狙いたいところです。

 

いつ化けてもおかしくない呪文ではあると思いますね。腕に自信のある方は考えてみてください。

 

ツインパクトとして

呪文面は、何かしらの凶悪なコンボに使えそうなスペックを有しています。その上単純に手札補充として扱えなくもないという利便性も持ち合わせており、さらに言えばクリーチャー面はこの呪文面で補いにくい除去を担ってくれます。

 

高コストであるという点をカバーできるデッキであれば、かなり有用なカードとして扱う事ができるでしょう。

 

まとめ

どちらもシンプルな強さを持ったカードです。ハイランダー的なデッキに1枚刺すだけでも十分な活躍をしてくれる筈ですね。

 

また、呪文面は将来性のある効果です。「今大会で結果残して無いから」なんて理由で手放してしまわないように。手放すにしてもよく考えたいところです。

 

 

以上。ポフルでした。