ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ベタボメガホン》考察―あくまで初心者用として【デュエル・マスターズ】

自分が想定していたよりも早く新規カードの情報がでたなあと。ポフルです。

来週のアニメにも新規カードが出てきそうで。もう少し言うならGRもなんか出てきそうで。

 

今回はアニメにて登場しました《ベタボメガホン》の考察です。おそらくスタートデッキに収録される事でしょう。

 

 

 

カード情報

 


ベタボメガホン

火文明 ジョーカーズ

コスト4 パワー4000

■バトルゾーンに自分のクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

■このクリーチャーが攻撃する時、このターン、自分の他のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。


 

考察

自分の場に自身含む3体以上のクリーチャーがあれば自身に、そして攻撃時に自分のクリーチャー1体にもスピードアタッカーを与える能力ですね。

 

これでもかという位にビートダウン向きの能力です。場に維持しておけば、出すクリーチャーを片っ端からスピードアタッカーを与え続ける事が出来ます。《スニーク戦車 オーリー》の存在もちらつきますが、こちらは条件が整えば即座に1打点を形成できる点に注目したいですね。

 

そのコストの高さから、ただ単にスピードアタッカーを与えたいのであれば、オーリーや《キリモミ・ヤマアラシ》等のカードで良いという結論になってしまいがちです。特にオーリーは最大のライバルと見て良いでしょう。……と書いてて気づきましたが、パワー以外は《突撃奪取 ファルコン・ボンバー》の方が上ですね……。

 

こちらはジョーカーズである点を活かしたいところですかね。アニメでしていたように、《ヤッタレマン》でのコスト軽減を駆使してこの子の召喚コストを減らして使いたいところです。

文明こそ違いますが、Jチェンジとの組み合わせも考えたいですね。自身単体では出てすぐに攻撃ができない《シューズッキュン》や《スコプンプン》等。

 

……ただし、クリーチャーをもう一体増やせば《ガンバトラーG7》が2コストで召喚可能になる事を考えると、やはり厳しい立場にあると言わざるを得ないでしょうか。

 

あくまでスタートデッキの新規と考えた方が良いのかもしれません。スタートデッキの構築次第では、初心者の方にスピードアタッカーの脅威を伝える事に一役買ってくれるかもしれません。

 

まとめ

あくまで初心者向けのクリーチャーと言えそうなクリーチャーです。

どうしても他の類似カードに見劣りしがちなので、使う場合には種族やパワー等の細かい違いに注目したいですね。

 

以上。……考える余地が少ないと不安になる。ポフルでした。