ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】投稿デッキレシピ「轟破天ドラゴン」診断【デュエル・マスターズ】

この診断記事書いている時、他の事をごちゃごちゃ変な事考えなくて済むので、やってよかったかもしれないと思い始めているポフルです。

 なんだかんだ他人のデッキを分析するのって好きなんでしょうね。

 

そういう話もあってこのコーナーを続けて行きたい気持ちはあるのですが、ちょっと想定よりも多くの投稿が集まってしまいました。

自分一人で色々している以上限界があるので、一旦打ち切らせていただきました。

……もしかしたらYoutubeなんかで喋りながらの診断の方が良いのかもしれないなんて事も考えたりしています。その辺りも考えつつ、再開できる時に再開したいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 

本日も、デッキ診断コーナーを始めていきましょう。メガ・ドラゲナイ・ドラゴン様からの投稿で「轟破天ドラゴン」です。

 

 

 

デッキ情報

 

デッキ作成者

メガ・ドラゲナイ・ドラゴン様

デッキ名

「轟破天ドラゴン」

デッキ内容

 

メンデルスゾーン 4枚

トップ・オブ・ロマネスク 4枚

地掘類蛇蝎目ディグルピオン 3枚

摩破目ナトゥーラ・トプス/ストンピング・ウィード 3枚

無双龍星イージスブースト 3枚

永遠のリュウセイ・カイザー 4枚

界王類絶対目ワルド・ブラッキオ 3枚

偽りの王ナンバーナイン/歓喜の歌 4枚

キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語 3枚

無双龍幻バルガ・ド・ライバー 2枚

勝利宣言鬼丸「覇」 1枚

龍聖霊ウルフェウス/ヘブンの衝撃 2枚

百族の長プチョヘンザ 2枚

メガ・ドラゲナイ・ドラゴン 2枚

 

診断基準

メタは考慮せず、デッキ内容のみ。

 

デッキ診断

パッとみた上での第一印象は、

殺意が高い。

ですね。

 

ドラゴンデッキ特有の《メンデルスゾーン》によるブーストに加えて《トップ・オブ・ロマネスク》、《ストンピング・ウィード》、《地掘類蛇蝎目ディグルピオン》とブーストカードはやや多めとやや堅実にも見えます。

しかし、その先にある大型ドラゴンは、コスト8~10の子がうじゃうじゃと存在していますし、何よりそのすべてがビートダウン向きのスペックと言ったクリーチャー達。さらにそれらを一斉にバトルゾーンに出してしまう《轟破天九十九語》。

一度《轟破天九十九語》が決まれば、相手をぺしゃんこに踏みつぶしてしまうようなすさまじい一撃必殺性能を誇るデッキですね。

 

ここまで書くとスゴイ大雑把なデッキに聞こえますが、採用されているクリーチャーにスポットを当てていくとまた中々面白いシナジーや役割を見つける事も可能ですね。

 

 

特徴

《メンデルス・ゾーン》→《トップ・オブ・ロマネスク》と繋げる事によって、4ターン目には9マナ帯へと到達します。

その4ターン目には、相手のデッキ次第で、おそらく投稿者様のお気に入りクリーチャーでしょう《メガ・ドラゲナイ・ドラゴン》をだしたり、《永遠のリュウセイ・カイザー》を出してみたり、マナに落ちたキーカードを《ストンピング・ウィード》で回収したりと言った行動を挟み、5ターン目には《轟破天九十九語》で大型ドラゴンを一気に並べます。《永遠のリュウセイ・カイザー》により、轟破天で出したクリーチャーはすべてスピードアタッカーであり、相手のクリーチャーは全員タップインであり……と、通常の轟破天を使うデッキよりも遥かに攻撃的で破壊的と言えますね。

ナンバーナインブラッキオで相手の逆転の芽をむしり取っても良し、タップキルにて相手を崖っぷちに追い込んだ上でじっくり料理して良し。おそろし。

もし相手がビートダウンであり、《無双龍聖イージスブースト》がトリガーしていた場合には、4ターン目に轟破天タイムですね。

 

ワルド・ブラッキオを2枚ではなく3枚採用しているあたりも、かなり攻撃に特化したデッキだと思える理由の一つです。私自身がこういうデッキを組むとき、大抵1~2枚にしてお茶を濁してしまうので、こうした思い切りができるのはうらやましいです。

 

見ていて面白いのはこのデッキ、意外と細かいところに注意して組まれているという点ですね。

《メンデルスゾーン》での大量マナブーストを狙う場合、ドラゴンではない《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》は敬遠されがちです。

しかし最近ではドラゴンのカードでありながらS・トリガー呪文でもあるツインパクトカードの増加によって、デッキの中身をドラゴンのみにする事も可能となり、今まで非ドラゴンのS・トリガーを採用していた枠に《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》を採用することが可能となったわけです。

それらを考えた上でこのデッキの非ドラゴンの数は7枚。メンデルスゾーン失敗の可能性も無いとは言い切れませんが、しかしながら比較的安定したマナブーストが可能となっていますね。

 

さらにこのデッキならではの利点として、《偽りの王ナンバーナイン/歓喜の歌》によって《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》がサーチできるという点もありますね。

これにより、2ターン目に《メンデルスゾーン》、3ターン目にはディグルピオンやストンピング・ウィードのようなタップインしないタイプのブースト呪文を唱え、単色カードがマナに置かれれば余ったマナで《歓喜の歌》を唱え、5ターン目の《轟破天九十九語》をサーチできるという寸法ですね。もちろん、通常なら9マナまでしか溜まらない4ターン目に《歓喜の歌》で轟破天を引っ張りに行く事も考えられます。

 

他に珍しいカードと言えば、《龍聖霊ウルフェウス/ヘブンの衝撃》と《メガ・ドラゲナイ・ドラゴン》でしょう。

 

前者について、このカード自体は中々のスペックを持っているのですが、ここまでトリガーを採用しないデッキの場合、1枚のトリガーで確実に攻撃を防ぐ事ができる《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》やコルティオールを優先しがちです。そんな中で単体除去である《ヘブンの衝撃》を選択したというのは中々勇気のある選択と思えますね。

実際このデッキには単体除去がかなり少ないので、間違っているとも言い難いです。攻撃してきた《勝利龍装 クラッシュ"覇道"》のエクストラターンの妨害、朱雀系統の門を解体と、出来る事は多いですし、

相手のシールドが何枚増えようが後で轟破天ですべてふっ飛ばせるぜ

という自信も見えてきますね。

 

後者のメガドラゲナイ。あまり見ないカードではありますが、マナブーストができるデッキであれば、スピードアタッカーに加えてカード指定除去&墓地利用対策。ライブラリアウト対策の3役をこなす、中々堅実なカードです。

「最近では墓地ソースも増えてるしいいメタカードかなぁー、無月フィールドも対策できるし環境にあってそうだなー」なんて、診断基準外の事を考えていましたが、それにプラスして轟破天後のD2フィールド対策にもなりますね。

ナンバーナイン、ブラッキオ、メガドラゲナイ、リュウセイを出す。ブラッキオでワールドブレイクする。メメントをトリガーした相手は自身満々に出して、アンタップしているクリーチャーをブロッカーにする。「お疲れさまでした」とばかりにメガドラゲナイがフィールドを焼きつくす。

鬼か。いや龍か。

オーバーキル気味ではありますが、前述の通りフィールド対策&墓地利用対策になるので、刺さるデッキも中々多いでしょう。

 

長所や短所に関しては、おそらく一般的なマナブーストデッキ特有の物がそのまま当てはまるのではないでしょうか。

ハンデスをされた、及び長期戦に持ち込まれたとしても、このデッキのカードパワーでゴリ押す事もある程度可能でしょう。ハンデスに関しては4枚積みされているリュウセイ・カイザーによって逆に利用する事も可能ですね。

弱点としてはやはり早めのビートダウン。特にこのデッキはトリガーカードが5枚。かなり割り切ったスタイルのデッキなので、早期のごり押しには弱いです。

また、カードパワーでのごり押しはあくまでトップデック次第。終盤になって「マナブーストカードしか引いてこない」という状況に陥る可能性というのは、こうしたデッキの性と言えるでしょう。こればかりは仕方のない話です。

 

改善点を書きたかったのですが、ここまで尖ったデッキの場合、「どれを抜いてこれを入れろ」等と言い辛いのが困るところですね。

私が考えた「このデッキに合いそうなドラゴン」を理由も付けて挙げていく事でお茶を濁させてください。

どれかにメガ・ドラゲナイ・ドラゴン様の琴線に触れるようなカードがありますように

 

相性が良さそうなドラゴン

伝説のレジェンド ドギラゴン

バトルに勝てば、次の自分のターンのはじめまでゲームに負けなくなる能力を持ちます。出たターン限定のアンタップキラーも備えますが、この能力は「出た時にトリガーする能力」なので、轟破天には対応しません。

 

それでも、轟破天後でタップインを強制するリュウセイと共に出す事が出来れば、敗北回避の条件は簡単にそろえる事が可能ですね。

 

また、速いデッキが相手の際、4ターン目に出す事が出来れば、幻の5ターン目になる筈だった物を現実の物にする事も可能になりますね。

《不敗のダイハード・リュウセイ》も良いかと思いますが、このデッキのコンセプトとしては能動的なドギラゴンの方がカッコいいかなと思いました。

 

 《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》

ビートダウンに中々勝てなくなったと思ったらこちらですね。

コルティオールも良いのですが、トリガーが少なめのこのデッキにとっては初不の方が確実に思えます。

 

 《メガ・マグマ・ドラゴン》

個人的には後出しで対処できるS・トリガーの方が良いと思っているのですが、「うるせぇ!カッコいいドラゴン以外は邪道なんだよ!あああああああああああ!!」とか言うドラゴン狂を友達に持っていて、「きっと奴ならこのカードをオススメするんだろうな」と思いついたので。

 

実際、メタリカ等の「物量で殴るタイプのビートダウン」相手に出す事が出来ればかなりの被害になる筈です。

 

 

と、これだけ相性の良さそうなカードを挙げましたが、仮に私がこのデッキを改造しようと思ったところで

どのカード抜けば良いのかわかんねぇな

という状況になるのが目に見えてますね。多分散々迷った挙句にブーストカードの内ディグルピオン1枚とワルドブラッキオ1枚を抜いてドギラゴンを2枚入れるかなと思います。

 

まとめ

明確なコンセプトと、圧倒的ドラゴン軍団。見ていて気持ちがいい位のド派手なデッキでした。

その上一度轟破天が決まった後の攻撃性能は、他と比べてもトップクラスなのではとも思えるすさまじさもあり、色々と面白いデッキでした。

今回の診断がなにかの役に立てばいいかなと思います。

 

 

2019年2月15日現在、募集を打ち切らせております。

再開した際には以下よりお願いいたします。

 

www.dmasters-pohu.com

 

以上。ポフルでした。