ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】投稿デッキ「ステロイドブランド」診断【デュエル・マスターズ】

診断コーナーです。ポフルです。

……このコーナー。Youtubeでやった方がもっと早いのではないかと思ってしまいますね……。

 

 ひとまず今こちらに届いている分は、文章で書いていこうかと思います。

 

本日は、HAL様作成の、「ステロイドブランド」です。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

HAL様

 

デッキ名

「ステロイドブランド」

 

デッキ内容

 

“罰怒”ブランド ×4

ダチッコ・チュリス ×4

鯛焼の超人 ×2

龍装者 バルチュリス ×3

爆砕面 ジョニーウォーカー ×4

未来設計図 ×3

デスマッチ・ビートル ×3

サイコロプス ×2

“乱振”舞神 G・W・D ×2

ゴリガン砕車 ゴルドーザ ×2

“罰怒”ブランド Ltd. ×1

単騎連射 マグナム ×1

フェアリー・ギフト ×1

光牙忍ハヤブサマル ×1

父なる大地 ×4

ハムカツ団の爆砕Go! ×3

 

診断基準

内容送信日及び記事更新時の環境を考慮した上での診断

その他

B・A・Dこそ至高。 轟轟轟には安易に頼りたくなかったのとビートジョッキーとは認めてないので入れてません。 ドルガンも認めてませんでしたがようやく団長が止まったので許します。 果たして罰怒ブランドが再び環境に上がる日は来るのだろうか……

 

診断

赤緑で構築されたブランドですね。

最近ビートジョッキーと言えば"轟轟轟"ブランドをメインに添えたものばかりで、今でも《"罰怒"ブランド》をメインとして使う方というのは珍しくなってしまいました。

 

流石に私はHAL様程のB・A・D過激派ではないのですが、ハイリスクハイリターンなG・G・Gよりは、ある程度手札を維持しながら戦えなくもないB・A・Dの方が好きな部分はありますね。と言いつつ今ビートジョッキー組むとしたら両方両立させるとは思いますが。

 

さて、このデッキの第1印象。

わからん!

 

デッキレシピを秘密のノートに写し込み、大学を卒業した今となっては使う機会が減ったシャープペンシルを使い、カード同士の繋がりや役割を書き込んでみたのですが、もう本当にさっぱりでした。ブランドとして見れば、「相手を早期に焼き尽くしてやる」という明確な殺意のようなものが見えてこず、ステロイドとして見ても中型~大型で殴り切るというコンセプトには見えず。

 

ただ、だからと言って「変なデッキ」と切り捨てるのは素人のする事です。えぇ。ジャックティガウォック然り、メメント入り剣然り、サイケデリック入りロージア然り。今はメジャーな考えとなったデッキも、意味不明な構築だと言われる時期は存在しているのです。

このデッキも、使ってみて、もしくは使われてみて初めて採用理由がわかるデッキだと直感。

幸いにも、ビートジョッキー関連はグラスパーデッキの為に解体してしまったものが固めてあるので、このデッキを一部プロキシありでそのまま組む事も十分可能です。

 

となれば話は簡単。実際に一人回ししてみて、色々シュミレーションしていったレポートを作るのみです。

 

 

というわけで、デッキを組んだ上で1人回ししてみた所ですが、

中速ブランド

という感じの印象ですね。

 

基本は3ターン目から殴りかかる事になるかと思いますが、「ワンショットを決める」という殴りではなく、「ブランドによる奇襲」という戦術でプレッシャー兼妨害手段を焼く為の殴りになりますね。

「ドギラゴン剣系統における、ワルスラ殴りによるドギラゴン剣のプレッシャー増加」と似通った戦術と言えるでしょう。

脇を固めるのは、おそらく「墓地ソース」「卍 デ・スザーク 卍」「ドギラゴン剣」あたりの踏み倒しデッキへの解答となるカードです。もしくは《鯛焼の超人》や《龍装者 バルチュリス》のように《"罰怒"ブランド》の攻撃性能を活かす為のカードですね。このデッキにおける《鯛焼の超人》は、5枚目以降の疑似《ダチッコ・チュリス》と言えそうなカードとして扱えますね。マナ基盤としても最適です。

 

今までのビートジョッキーのような「絶対殴り切ってやる」という闘志的なものは少なめですが、その分「色々な形で"罰怒"をサポートしてあげようと」いうコンセプトが見えてくるデッキになっていますね。

 

 

このレシピを見ただけでは採用理由がわからなかったカードも、実際に回してみるとなるほどと思えるカードが存在しています。

その辺りを書いていきますね。

 

《ゴリガン戦車 ゴルドーザ》

正直に言います。最初に見た時、もう少し言うなら、G・W・Dが2枚という状態も合わせて、

最近の高騰で使えると思って思考停止で入れたのかな?

と思ってしまいました。本当に失礼しました。

 

連続攻撃によって《龍装者 バルチュリス》のトリガーとなるのはもちろん。ラストバーストによる殴り返し抑制、さらにはデッキの主役である《"罰怒"ブランド》のマスターB・A・Dとの組み合わせによって能動的にラスト・バーストを発動できる点が強みですね。

 

後述しますが、ミクセル対策は十分に出来ているのですが、防鎧対策が微妙(しようと思ってできるものかと問われれば微妙な所とはいえ)な所であるこのデッキにおいては、防鎧に対して「こいつに殴られて終わるか、防鎧を破壊された上で殴られて終わるか選ばせてやる」とでも言うかの如く強気に出せる点もポイントでしょう。

 

《未来設計図》

使ってみてわかった事として、このデッキ、2~3ターン目から積極的にワンショットを目指すデッキではなく、4~6ターン目でのワンショット、もしくはフィールド上のメタカードを焼きつくしながらのビートダウンという印象でした。私のプレイングの癖が影響している可能性も少なからずありますが。

そう考えた時、2ターン目、及び後半に置いてある程度好きなカードを2コストで手札に持って来れる点は、かなり心強く感じましたね。低コスト+コスト軽減にて低コストになれるカードで構成されたこのデッキであれば、後半にこの呪文を唱えてサーチしたカードをそのまま使うというプレイも問題ありませんでした。

 

 

《"罰怒"ブランド Ltd.》

出た時の6000火力+W・ブレイカーは中々心強いのですが、手札補充方法に難のあるこのデッキにて《乱振"舞神"G・W・D》よりも優先する理由がわかりませんでした。

このカードの利点としては、ツインパクト系統に対しての《超機動罠 デンジャデオン》や、チェンジザあたりを射程に捉える事が出来るという点を考慮しているのでしょうか。2打点と6000火力を両立出来ているのはG・W・Dに無い利点ですし、一部中型を破壊できるのはこの子ならではです。

 

……とはいえ、最近の傾向を見るに、ピン刺しであるこの子よりも他に優先するべきカードがある気もします。もしくは、後述するカードとの入れ替えでこの子を増やすかですね。

 

《フェアリー・ギフト》

このカードに関して言えば、

最後まで全然わからなかったです。

申し訳ない。

 

テストプレイ中、「2ターン目にマグナム出して3ターン目にダチッコブランドバルチュリスでシールド全部割ってやろ」的ふざけたプレイングで速攻勝ちした事もあるのですが、なんというか、何度テストしてもこのカードが有効活用できた試しがありませんでした。

 

多分ここ、環境次第の選択で《"乱振"舞神G・W・D》か《"罰怒"ブランド Ltd.》、または《ゴリガン戦車 ゴルドーザ》と変更した方がいいのではないかと思います。

 

《光牙忍ハヤブサマル》

《デスマッチ・ビートル》以外のシナジーを感じなかったので、おそらくは単なる防御札でしょう。

ジャミングチャフやラフルルによって呪文を封じられた際には有効な防御札となってくれます。

……が、焼け石に水感も強いのがこの子でもあります。奇襲性はあるのですが。

 

 

 

さて、今回の診断基準は「環境も考慮する」との事です。

ぶっちゃけてしまうとあんまり得意ではないのですが、書いていきましょう。尚、実際に対面させたわけでは無く、あくまで想像である事を考慮してください。

 

現環境において

新殿堂カードが施行されてからの環境についてはしばらく魔境となるので、何とも言えません。ひとまず現環境及び、現在予想されている次期環境の事を考えて行こうと思います。

 

ドギラゴン系統

単なる殴り合いになりますかね。

似たようなデッキですが、最高速度、及び手札の質で優るドギラゴン系統に分があるかもしれません。2ターン目に《デスマッチ・ビートル》を引けるかどうか、もしくは先行で3ターン目までに《デスマッチ・ビートル》を引けるか否かですね。引くことができれば、相手を止めている間に打点形成して勝ちを狙いに行けそうです。

赤青系統であれば、中途半端な打点で《ドンドン吸い込むナウ》等の除去トリガーを引いてしまい、デスマッチ除去されないようにしたいです。中途半端な打点で攻める場面ではデスマッチを複数置いておくか、相手の場のクリーチャーを最大限減らしてからですね。

赤黒系統を相手にする場合はもう色々割り切って攻撃に回ってもいいかもしれないです。

 

チェンジザ系統

おそらく不利でしょう。構築したHAL様が一番よくわかっていらっしゃるかと思いますが。

ジャミング+ファイナル革命で勝ち筋はゼロです。それまでに殴り切りたいところですが、猿飛バイケンが気になるところですよね。デスマッチを立ててもバイケンが飛んでくるでしょう。確実に。私ならデスマッチ1体程度ではひるみません。

 

未来設計図で死ぬ気でマグナムを引き込んで相手のシールドを0にしてやっとワンチャンス。その時にブランドLtd.を引き込めていればより良いかもしれないですね。

ただ、殿堂カード1枚に任せている時点で色々お察しな部分はあります。だからと言って何か良い方法があるのかと問われると微妙です。申し訳ない。

 

そのうち殿堂入りで今までのような安定性はなくなってくれるだろうと割り切りですかね。

 

ジョーカーズ系統

なんだかんだ有利ですかね。

コストが割とばらけているので《7777777》をプレイングで対策しやすい点、そもそも最高速度がジョーカーズよりも早い点、加えてG・W・D等で盤面を荒らしに行ける点から、相手が動きだす前に倒しきれるポテンシャルはあるかと思います。

呪文封じのジョーカーズに汎用性の高いものが《ジョジョジョ・マキシマム》程度で、現在メジャーなジョラゴン軸での採用率がそこまで高くないという点もうれしい所ですね。

緑ジョーカーズに関してはちょっと未知数ですが、おそらく圧倒的不利に傾く事は無いと思いますね。

 

墓地ソース

最近増えましたよね。

運次第みたいなところはありますが、初速はかなり早いデッキだった筈です。

デスマッチ・ビートルがある程度刺さりますが、オブザからのクロスファイアのようなプレイングで容易に突破されてしまう点は気になりますね。

また、クロックの存在から積極的に殴りに行きたいところではあるものの、他の除去トリガーカードが厄介という点も考慮すれば中々殴り辛い所はあります。

ドギラゴン系統と違い、手札の補充が厳しい以上除去トリガー1枚で立て直しが難しくなる点も踏まえると、リソースを気にしなくても良い墓地ソースが有利な気がしますね。

 

轟轟轟系統

HAL様の轟轟轟嫌いが形になっているのかはわかりませんが、なんだかんだこのデッキに対しては「トリガーさえ機能すれば良し」みたいなところがある気がします。

最高速度では負けていますが、リリアングはG・W・Dの良い餌ですし、このデッキで一番怖いトリガーを気にせず殴る事が出来ますし。

 

ただし、あくまで「トリガーが機能すれば」の話です。最高速の面では負けている点から、基本割り切りが必要かと。

轟轟轟に対してはどんなデッキにも言える話な気もしますが。

 

白単メタリカ

ジャックがプレミアム殿堂入りした後、「ジャックのいないメタリカなんて」とか言ってた人が同じ口で「バーナイン最強!」と言って白単メタリカ使っているのを見ているとイラっとする私です。そんな私にとっては、このデッキでありとあらゆるクリスタバーナインをぶちのめして欲しいと思ってしまいますね。G・W・D全盛期及び限定構築におけるビートジョッキー全盛期にガンブルマンやG・W・Dに焼き殺された経験をしているのかと。防鎧知らなさそうってお前ジャンケン勝てなきゃ除去に乏しいメタリカで、3ターン目にどうしようもないシールド数にされる環境を前にしても同じこと言えんの?

 

……コホン。失礼しました。

ミクセルの対策は十分出来ています。防鎧は微妙な所ですが、対処できないというわけでもなさそうですし、基本不動が入っていない現環境ではマナ送りのトリガーは有効ですし、《ハムカツ団の爆砕Go!》はメタリカ軍団を根こそぎ滅ぼせる良いトリガーですし。相手のメタクリーチャーの除去さえ間違えなければ中々良い勝率をあげれそうですね。私の白単メタリカは環境のメタリカとは違う構築でしたが、環境のメタリカよりもこのデッキへの解答はたくさん持っていると自負しています。それでもこのデッキに勝つには骨が折れました。

 

ムートピア

1ショットキルに特化した感じの《I am》デッキですが、1ターン目に勝負を決められる事が無いようにお祈りしつつ、やはりデスマッチですかね……。

デスマッチへの解答が少ない分、出せば優位、それまでに展開されれば即終了位に思った方が良さそうです。

優位も何もって感じですね。

 

 

ドルマゲドン

手札補充に乏しく、一度の除去が致命的となるこのデッキにおいて、スレイヤー付き《禁断V キザム》はかなり危険。轟轟轟を重く見た構築であればあるほどとばっちりを受けてしまう気がしますね。

侵略ZEROの影響はほとんど受けない点が幸いです。

 

 

全体的にみて、

「自身よりも早いデッキには《デスマッチ・ビートル》が刺さりがち」

「轟轟轟に耐える為にトリガーを積む傾向がある現環境はやや向かい風」

と言えそうですね。

 

"罰怒"ブランドを主体としたデッキが環境に上がるかどうかは正直わからないです。ドギラゴン剣が規制された事によって、「更地の状態から唐突に3打点以上を飛ばしてくる」という強みに惚れていた方達が《"罰怒"ブランド》を研究し始めるのか、もしくはドギラゴン剣の可能性を信じてそちらの研究を進めて行くのかにかかっている気がします。

個人的に思う事として、"罰怒"の弱点である「手札と場の消費」をカバーできるように、最近増えた火のドローソースに頼るor全盛期の赤青ブランドのように水文明に頼るデッキがなんだかんだで脅威に思えます。

 

今回使ってみたステロイドカラーのデッキも、様々な観点から《"罰怒"ブランド》を活かそうとする構築で、中々面白いと感じました。

改善案については、既に投入されているカードを増やす位しか思いつかず、申し訳ないという感じですが、参考になればと思います。

 

まとめ

"罰怒"を活かすというコンセプトの下で組まれたであろう今回のデッキ。

環境に入っていけるか……と問われると微妙なところですが、今までのビートジョッキーとは少し違った面白いデッキに仕上がっていると感じました。

 

私もビートジョッキー弄らなきゃ……。

 

以上。環境の考察は苦手。ポフルでした。