ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】投稿デッキ「赤黒ドルマゲドン」診断【デュエル・マスターズ】

最近眠気がスゴイ。ポフルです。

今もかなりの眠気と戦っています。その癖夜寝れないのが嫌ですよね。

 

さて、GRカードやGRゾーンに関する情報が出てきており、それらの解説及び考察をしようと思って、実際に記事は書けたのですが、コロコロコミックにのみ載っている情報を使わなければ本格的な解説及び考察を書くことができないので、本日はデッキ診断コーナーとします。日曜日のアニメにてもっと深い所まで解説してくれますように。

 

気になる方は、コロコロコミックをチェックですね!

 

さて、本日はオーケーbros.様より投稿されました「赤黒ドルマゲドン」の診断です。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

オーケーbros.様

 

デッキ名

赤黒ドルマゲドン

 

デッキレシピ

S級「不死」デッドゾーン×4

禁断の轟速レッドゾーンX ×1

終断γドルブロ×4

禁断Vキザム×4

終断Δドルハカバ×4

マッドデーモン閣下/デーモンハンド×3

絶叫の悪魔龍イーヴィルヒート×1

ZEROの侵略ブラックアウト×3

爆霊魔タイガニトロ×4

復讐ブラックサイコ×1

威牙の幻ハンゾウ×2

光牙忍ハヤブサマル×1

ボーンおどりチャージャー×4

リロードチャージャー×4

 

診断基準

環境を考慮する。

 

診断

環境に上がっているデッキに関して、あんまり積極的に調べる事はしない私です。しかし、今回投稿されたこのデッキは、現環境において忘れた頃にやってくる的な強さを持ったデッキ。「赤黒ドルマゲドン」です。最近ではネクラカラーのドルマゲドンが結果を残しており、赤黒は少なくなってきています。

 

「診断するには、既存のデッキレシピと比較した上でどんな強みがあるのかを確かめる必要がある」という考えの元、大会入賞レシピを見てきたのですが、本当に似たデッキばかりがヒットしてしまい、そして色々な所で考察がされており、なんというか、

わざわざ私が診断する必要はあるのだろうか

と思ってしまいます。

 

しかしながら、どういう形であれ投稿されたデッキの一つ。

自分なりに分析していきましょう。

 

 

チャージャー8枚、コスト5コマンドが計12枚と、「4ターン目に封印を必ず外せるように」という心が見られます。また、コマンド持ちクリーチャートリガーが8枚、侵略ZERO持ちが3体と、ドルマゲドンが登場した革命ファイナルから新章あたりに使われていたドルマゲドン以上に、相手の攻撃を受けきり、返しのターンに一気に攻めるという構築を意識されていますね。

こういったデッキの欠点としては「相手がビートダウン以外の場合に動きづらい」という点が挙げられますが、前述の通り多めのチャージャーで4ターン目にコマンドを出す事が出来ますし、侵略によって打点を一気に形成できる点からその辺りの弱点が克服されています。「ドルマゲドン」というデッキタイプの良い所ですね。

 

当然、ドルマゲドンの禁断爆発による全体除去+耐性持ち3打点というのも素晴らしい所ですが、無理して素早い爆発を狙わず、1ターンの余裕を持ってタイガニトロでのハンデス等を絡めて相手の手札を奪ってから爆発した方が、ドルマゲドンの強制敗北能力をカバーしやすいです。その辺りは、使い手の経験や知識、プレイングが重要になってくる事でしょう。「大会で結果残してるから」という理由でそれらの練習も無しに使いこなせるデッキではないと言えそうですね。

 

このデッキレシピの中で一つ気になる点、私がチェックしたデッキとの相違点としては、《威牙の幻 ハンゾウ》が2枚投入されているという点ですね。

 

最近殿堂解除されたカードであり、強力である事は間違いありません。

ただし、チャージャーが8枚入っているとはいえ、緑の入っていないこのデッキではニンジャストライク7を達成するのは至難の業な気もしてきます。

やや長期戦寄りのデッキを想定した投入なのかもしれませんが、青単ムートピアや轟轟轟あたりのような、凶悪な速攻デッキが少なからず存在している環境においては、マッドデーモン閣下でそれらのデッキにより対抗できるようにしつつ、長期戦におけるリソース確保をしやすい構築にして置く方が、幅広いデッキに対応出来て良い気もしてきます。

とはいえ、ハンゾウ2枚が間違っているとも言い難いので、その辺りは本人の気持ち次第な気もします。今回の診断を見て尚「いや、私はハンゾウ2枚で行くぞ」と考えるのであればそれでいいとは思います。私がこのデッキを使う場合は、マッドデーモン閣下を入れたいですね。ブラックサイコやタイガニトロのような「墓地からの蘇生が難しいけれど、キーとなるカード」を拾う為にも、墓地回収は採用したいです。

 

……環境を考慮した診断との事ですが、相性を考えるのはちょっとやめておきます。というのも、赤黒ドルマゲドンに関して言えば他のサイトの方が詳しく相性を解説してくれるかと思うので……。

オーケーBros.様。申し訳ありません。

 

まとめ

稀に環境に現れては結果を残し、何故かそのまま消えていくドルマゲドンというデッキでした。

既に知名度の高いデッキなので、色々考えてみても結局は「他の方が言っている事と変わらん」となってしまうので、あまり色々と書くことができませんでした。オーケーbros.様本当に申し訳ありませんでした。

 

とはいえ、それだけかなり強力なデッキである事は間違いないです。経験を積んで、色々なデッキと渡り合えるようになりたいですね。