ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《金剛の断ち 那暮/ダイヤモンド・カッター》考察―大型メタリカって意外に多い【デュエル・マスターズ】

メタリカ過激派、どうもポフルです。

やけにこのブログのメタリカの記事が充実しているのは、なんででしょうね。よくわかりません。

 

本日は、ツインパクトパックに収録された新規メタリカ《金剛の断ち 那暮/ダイヤモンド・カッター》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


金剛の断ち 那暮

光文明 メタリカ

コスト8 パワー11500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーの数が相手のより多ければ、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から、コスト4以下のメタリカをすべてバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。


ダイヤモンド・カッター

光文明 コスト5 呪文

■このターン、相手プレイヤーを攻撃する事が出来ない効果をすべて無視する(召喚酔いや、「このクリーチャーは攻撃できない」または「このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない」などの効果を無視する)


 

 

考察

クリーチャー面

メタリカの大型クリーチャーです。

《オヴ・シディア》に《大迷宮亀ワンダー・タートル》にと、メタリカの大型クリーチャーは数が多く、それらと比べた際の利点という物はしっかりと見極めたいところです。

この子に関して言えば、発動条件こそ存在していますが、他の大型クリーチャーよりも安定してメタリカの大量展開を狙う事ができる点が強みでしょうか。

元々大量展開はメタリカの強みであり、相手よりもクリーチャーを多く並べるという発動条件は比較的容易と言えるでしょう。優位な状態をさらに優位な状態へと持っていく、メタリカらしい能力ですね。

 

ただし、相手よりもクリーチャーが多い状態でさらに自分のクリーチャーを展開したいかどうかというのは悩みどころです。

出せるクリーチャーもコスト4以下と低め。《龍装者 バーナイン》や《一番隊クリスタ》、《緑知銀フェイウォン》に《正義の煌きオーリリア》等、序盤の必須級メタリカが対象となっている事はうれしい反面、既に場に出ているクリーチャー軍を強化する為の《気高き魂 不動》や《赤攻銀マルハヴァン》、この子を出す為のサポートとなる《ピラミットーテム》、メタリカのS・トリガーとして優秀な《青守銀 ルヴォワ》が対象になっていない点は《オヴ・シディア》と比べた際の明確な欠点と言えますね。ブロッカーを持つ点は差別点ではありますが、《オヴ・シディア》のマスター・ラビリンスによる超防御の壁が立ちはだかります。

 

ブロッカーを持っているので、《天門ノ裁キ》等のブロッカーサポートも併用したいところ……ではありますが、メタリカのブロッカーは優秀なものがそこまで多くないのが現状です。

 

クリーチャー面のみで見た際には、かゆい所に手が届かない感が強いです。呪文面も合わせて考えたいところです。

 

呪文面

こちらは初期のパック、多分第2弾で登場した呪文です(合ってた)。クリーチャーを所謂ダイヤモンド状態とするカードの開祖です。

自分でパックから出した覚えはないですが、友達からもらって以降、私の光文明デッキの切り札として活躍していた覚えがあります。

 

光文明のカードとしては珍しく、召喚酔いを無くす事ができる事のできるカードでもあります。出たばかりのクリーチャーと共に、今まで守りに専念していたブロッカー軍団全員が奇襲してくるというこの呪文の存在だけで、相手を警戒させるには十分の強力なカードと言えるでしょう。

 

今ではコスト3の《ダイヤモンド・ソード》にその役目を譲っていますが、ツインパクトである点を活かす事が出来るのであれば、こちらも活躍の場はありそうですね。

 

ツインパクトとして

基本的には呪文面を主として使う事になりそうです。クリーチャー面もあって困る能力ではありませんが、主軸とするには何か工夫が必要になる事でしょう。

 

メタリカデッキで使う事を考えた場合、例えばクリーチャーを大量展開して、そのターン中に《記憶の紡ぎ 重音》でこの呪文を踏み倒し、一気に攻めると言ったプレイも考えられますし、撃つ機会が見つからない場合に敢えてキープしておき、《ノヴァルティ・アメイズ》のスーパーボーナスでバトルゾーンに出す……というような使い方も可能です。一応シールドの数次第では《超運命 アミダナスカ》の能力で捲れた時にどちらかを選ぶ事も出来ますね。(シールド数が5枚の時にクリーチャー面を出す事はできないので、注意しましょう)

 

クリーチャー面について、「クリーチャーの数で勝っている時に出す旨みがあるかどうか」とは書きましたが、《龍装者 バーナイン》存在下で大量展開をすれば大量ドローも可能であり、そのドローでフィニッシャーを引き込む事も出来ます。《奇石マクーロ》でサーチする事も可能ですね。

那暮の能力で《記憶の紡ぎ 重音》をNEO進化状態で出し、バーナイン等でダイヤモンド・カッターを引き込み、そのままキズナプラスでダイヤモンドソードを唱えてあげれば、那暮の名前通りのすさまじいビートダウンを見せてくれるでしょう。この辺りは、タップインでバトルゾーンに出す《オヴ・シディア》に無い強みですね。

 

パッと見では地味さがありますが、強力な呪文面とこの能力を選んで使う事が出来るというツインパクトカードとしては、中々妥当な線なのかもしれません。

 

 

まとめ

クリーチャーとしてみた際には中々厳しいのような気がしましたが、全体として見てみれば中々悪くないカードだと言えそうです。

呪文面も合わせて、メタリカらしく攻撃的なカードだと言えますね。

 

以上。この記事書いてる時に何故かキズナデッキの構想が浮かんだメタリカ過激派(笑)、ポフルでした。