ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ストロング・ゴライアス/氷結ハンマー》考察―懐かしい&懐かしい【デュエル・マスターズ】

何度もバードリアントに突破されるので、「なんであのデッキ大会で見ないんだろうな」と思ってしまうポフルです。

……いや本当に、もう少し注目されて良いと思うんです。

 

本日は《ストロング・ゴライアス/氷結ハンマー》を考察していきます。

ツインパクトパック収録のカードです。

 

 

 

カード情報

 


ストロング・ゴライアス

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー12000

■マッハファイター

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札の上から3枚を見る。その中から、自然のパワー12000以上の進化でないクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で山札の一番下に置く。


氷結ハンマー

自然文明 コスト3 呪文

■バトルゾーンにある相手の闇または水のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

 

考察

クリーチャー面

グランセクトの大型クリーチャーですね。双極編のグランセクトは「パワー12000以上のクリーチャーをサポートする」というコンセプトから少し外れたものが多く出てきてしまいました。

特別パックとはいえ同じ双極編の新規グランセクトでパワー12000以上のクリーチャーをサポートする能力を持ったカードが出てくれると、「ああそうそう、最初のグランセクトはこんな感じだったよね」と思い出させてくれるクリーチャーと言えますね。

 

名前的に《オメガ・ゴライアスδ》を思い出させますが、関連性は皆無と言って良いでしょう。

 

マッハファイターを持ち、バトルに勝てばデッキの上から3枚を見て、パワー12000以上のクリーチャーを1体バトルゾーンに出す事が可能です。

1コスト下に《バードリアント》が存在している事が少々向かい風でしょうか。ただし、こちらは相手クリーチャーを倒しながら展開できるので、ややコントロール向けと言えるでしょう。《グレート・グラスパー》や《メガロ・カミキュロス》とも、マッハファイターの有無で差別化は可能です。

 

踏み倒し能力は当然のごとく強力です。《古代楽園モアイランド》を出したり、《スペリオル・シルキード》を出したりとやりたい放題ですね。

 

とはいえ、8コストも溜まっているのであればそのままごり押しの体制を作ってしまった方が話が早いという場面も多々あります。デッキの方向性や、自分の得意な戦い方と相談して採用するカードを決めるのが良いですかね。

 

呪文面

……初期の頃のカードである事は分かります。自然にとっての敵対色メタカードなので、きっと第5弾だとあたりをつけて調べてみましょう。

第7弾(闘魂編第2弾)でした。

 

能力としては、相手の文明を参照するためかなり不安定な除去です。クリーチャー数こそ減らないものの、《父なる大地》の方が比較的安定した除去ができる事は事実でしょう。

それでも、相手が水主体、または闇主体であれば、たったの3コストでマナ送りができると、中々心強い除去になってくれます。相手のマナが増えるので多用はしたくないですが、いざという時に《卍月 ガ・リュザーク 卍》を3コストで除去できる点はうれしい点ですね。イラストでも《堕魔 ヴォーミラ》を割っているので、魔道具を使うデッキに対して使う事を想定されているのかもしれませんね。アニメでも闇文明と自然文明はわかりやすく敵対していましたし。

 

元々相手を選ぶため、サイドボードが存在しないデュエル・マスターズではあまり注目されないカードでしたが、ツインパクト化した事によって容易に採用できる事となるでしょう。

 

ツインパクトとして

片面は大型クリーチャー、片面は相手を選ぶ除去カード。

 

ツインパクトはこのくらい大味な調整で良いと思うんですよ。

なんて思ってしまう位には良いカードだと思いますね。

今までのツインパクトカードは、良くも悪くもクリーチャー面と呪文面が露骨にシナジーしているか、どちらの面も強力過ぎてどっちを使っても何とかなるようなカードが多かったので、こういうカードを見るとすごく落ち着きます。

 

弱いかと言えばそうでもなく、新章の頃のグランセクトに突っ込むだけで除去能力が増し、さらに魔道具系統へのメタ。踏み倒しも、デッキトップ3枚の中から1枚なので、手札やマナが減る心配は無し。全体的に高スペックと見て良いと思います。

 

まとめ

12000以上のサポート。相手依存の除去。

決してかなり強いと言えるカードではないですが、ツインパクトである点の強みが生きるカードと言えるのではないでしょうか。

 

 

以上。まとめ入れるの忘れてたポフルでした。