ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】投稿デッキ「暴発青白零ゼニス」診断【デュエル・マスターズ】

このデッキ診断記事を書いている時毎回思うのですが、

もう少し募集内容考えてから開始すべきだったかなぁと。ポフルです。

せめてβテスト的雰囲気みたいな感じで走り出した方がよかったかもしれないですね。

 

さて、本日診断するデッキは、イノリ様の「暴発青白零ゼニス」です。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

イノリ様

デッキ名

暴発青白零ゼニス

デッキ内容

 

懐疑の虎狼 ミラーズホロウ/「汝は偽名なりや?」 ×4

トライガード・チャージャー×4

真実の名 バウライオン×2

創世と終焉のゼニスパーク×2

ヘブンズ・ゲート×3

アクア・サーファー×2

スペルブック・チャージャー×4

エナジー・ライト×4

極頂秘伝ゼニス・シンフォニー×2

「修羅」の頂 VAN・ベートーベン×2

「逆相」の頂 オガヤード・スンラート×2

「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ×2

「俺」の頂 ライオネル×3

「祝」の頂 ウェディング

「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード

「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト

「呪」の頂 サスペンス

 

診断基準

メタは考慮せず。

 

その他

Wライオネルで盾の暴発を狙うことを主眼に据えたデッキです

 

診断

最初に思った事としては、

「これちゃんと組まなきゃわからんやつだ」

ですね。

 

天門ゼニスをベースとしたデッキの中では特に難しい(と勝手に思っている)ライオネルコンボを勝ち筋としたデッキです。こればかりは組まなきゃわかりません。まして自分が「ライオネルコンボを使わない天門ゼニス」を使ってるという事もあり、どうしても正確な診断ができなさそうな印象です。

 

とはいえ、天門ゼニス好きの嗜みとして「ゼニス頂神殿」は2つ買っているので、一部デッキパーツは余っている(正確には他のデッキに突っ込んでいるわけですが)ので、そちらを使って、足りないカードはプロキシも使って使用してみました。

 

使ってみた感想としては、

対人戦の場において、かなり面白いデッキ。

ですね。

 

基本的な動きに関しては、「ゼニス頂神殿」の動きと同じです。4ターン目にチャージャー、5ターン目に天門でアンノウンブロッカーを出し、6ターン目にゼニスシンフォニー。

シンフォニーから出すゼニスが変わっていますね。またチャージャーが8枚体制である点から、4ターン目にチャージャーを使うことができる可能性は高いです。

 

正直、Wライオネルコンボの成功率は低めです。成功する場面というのは大抵終盤の、それもこちらがやや優位になっているような状況になっています。

ただそれ以上に、《「俺」の頂 ライオネル》の相手にシールドを選ばせる能力が面白いです。《トライガード・チャージャー》でゼニスを埋めて相手に選ばせるように誘導する、逆にどうでもいいカードを埋めて相手に警戒させ、それ以外のシールドを選ばせてゼニス暴発の確率を上げる……ような戦術が可能になります。「トライガードで仕込んだのは4ターン目だね……」なんて話をして相手が「4ターン目……相手は3ターン目にゼニスパークを引き込んでいる。それを仕込んだ可能性は高いが、しかしそれを見越してゼニスを仕込んだ可能性もある……。それならば、完全ランダムの追加シールドを狙った方が得策と言えるのでは……?」というような心理戦を楽しんでもいいかもしれません。

「俺」とトライガード・チャージャーの両方を採用したデッキ特有の楽しさと言えるでしょう。

 

チャージャー8枚は個人的に多いかなと思いましたが、使ってみればその理由もわかりますね。ゼニスの手出しも考慮した上での8枚なのでしょう。その中でも《スペルブック・チャージャー》は後続のチャージャー呪文を手札に入れる事が可能です。7コスト溜まった時点で2枚のチャージャーを使えば、次のターンには10コスト。10コストゼニスの召喚が視野に入りますね。

 

チャージャー呪文を多めに積む事によって、《奇石ミクセル》や《マグナム・ルピア》あたりへの対策となっている点も注目すべき点でしょう。普段の私は気合とトリガーで乗り切っていますが、こうして見るとチャージャー積みも面白そうだと思えますね。

 

問題があるとすれば、通常の天門ゼニス以上にトリガーが少なく、中盤までは手札交換のみしかできない構築になっている為、ビートダウンに対しての天門への依存度が大きく、その天門が3枚しか入っていない点が怖いですね。

 

何度か使ってみて気になるカードが何枚か出てきたので、ここに個別で書いていきますね。

 

《エナジー・ライト》

序盤以外で使う暇がないと感じました。

序盤での活躍は良い感じではあるのですが、この部分を他の対策カードに当てても良いのではないかと感じます。もしくは、トリガーがやや少なめな分動く前のビートダウンに弱いので、数を減らしてトリガーにするのもいいかもしれません。

 

なお、おそらくイノリ様は分かっていて通常のエナジーライトを採用していらっしゃるかと思いますが、このデッキにおいてツインパクト版エナジーライトを採用するかどうかは考え所です。《父なる大地》や《獰猛なる大地》によってスクアーロが引っ張り出される事によって、自分のライオネルがバウンスされるのは流石に厳しいものがあるでしょう。そこまで採用率の高いカードではありませんが、いざ使われると致命傷になりかねないので通常のエナジーライトで問題ないと思います。

 

《ヘブンズ・ゲート》

3枚という採用枚数に少しびっくりしています。

確かに、4枚採用すれば手札で無駄にダブつく事も考えられますが、大型カードで戦うこのデッキでは速攻相手にこのカードをトリガーさせたい場面ばかりだと思います。

周りの方が特殊勝利ばかり使う環境にいらっしゃるのかもしれません。サーチカードやドロースペルが多いので、3枚でも問題ないと考えていらっしゃるかもしれませんが、私は4枚を推奨します。

 

《アクア・サーファー》

メタカード対策としての投入かもしれません。2枚の採用という事で使用感はよくわかりませんでした。申し訳ないです。

ただ、個人的にライオネルフィナーレとゼニスシンフォニーでコンボを形成する《唸る鉄腕ギリガザミ》のほうが、デッキコンセプトとしては良いのかなと思ったりはします。

ただ手出ししやすい点がサーファーの利点なので、手出しを考えている場合はサーファーでも問題はないかもしれません。

 

ピン刺しのゼニス達

この診断記事を書くために何度か回してみましたが、正直よくわからないところが多いです。

何回か回しただけの私の意見なので、もしかしたらイノリ様には明確な意図があっての採用なのかもしれません。ただ、ピン刺しというのも相まってだとは思いますが、採用の意図を読み取る事ができませんでした。

 

 

 

 

ここまで書きましたが、このデッキはとにかく「俺」の特性上運の要素が強く、正確に「このカードを抜いてこのカードを入れると良いよ」という判断がしづらいです。このデッキで特に目立つピン刺しのカードも「ライオネルで踏み倒しができれば強い」というのは間違いないですし。

 

診断記事を挙げておいてこんな感じだと怒られるかもしれませんが、

「ライオネルでどのカードを踏み倒し、踏み倒した後にどう決着をつけたいか」「型にとらわれず、トライ&エラーでデッキを改造していくと良い感じになる筈」

というアドバイスをここに記述しておきます。

 

……ちゃんと相性が良さそうなカードもここに挙げますね。

 

《「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード》

デッキからのシールド追加は、相手がハンデスを使ってこようが何だろうが確実な方法です。

さらにドロースペルが多いこのデッキでは、山札の回復も重要となる筈です。

他の無色ゼニスは「逆相」で回収できるので多少数を少な目にしても良いとは思いますが、この子は2枚は欲しいかなと思います。

 

《天運ゼニスクラッチ》

このデッキからは、「大型ゼニスをポンポン出してめちゃくちゃ派手な事してやるぜ」という意思を感じます。

どちらかと言えば「ただ勝利を狙う」というよりも「面白い事して勝利したい」という構築だと思えるので、多少の安定性を無視してこのカードを入れても面白いのではないでしょうか。

 

私が「天門ゼニスにスクラッチはいらない」と言う理由としては「ゼニスクラッチ無しでも安定した動きはできる」という点が大きいです。当たった時の強さや派手さというのは否定しません。

もしこのデッキを「バラエティ性のある、ド派手なデッキ」として構築しているのであれば、入れても面白いと思います。

 

《貝獣 パウアー》《霧隠蒼頭龍バイケン》

もしハンデスが怖いのであれば。

《絶対の畏れ 防鎧》の方が確実性はある気がしますが、こちら2枚の強みとしては水文明である事と、「マナに置いておくことで相手が2枚目以降を警戒してくれる」という点にあります。

後者は単にカードパワーを見た時のみの判断(+相手が勝手にシノビを警戒してくれないだろうかという希望も込めて)。前者はこのデッキに合いそうなカードとして挙げました。採用する場合どちらを優先しても問題は無いかと思います。

 

《星龍の記憶》

「俺」を使わずとも暴発に向かう事ができるカードになる他、「俺」が出るまでの時間稼ぎとしての役割を持つ事も出来ます。

ゼニスだらけのデッキにおいてこの呪文が発動された場合、無策で突撃する方は少数でしょう。シールドさえ残っていればほぼ確実に1ターン稼ぐ事ができます。

 

《「呪」の頂 サスペンス》

他のゼニスデッキとの差別点として、このカードが案外使いやすい点が挙げられそうです。

出た時即座に2枚焼却は強力の一言。ライオネルフィナーレで他のカードのついでのように出してあげる事が出来るので、おそらく他のゼニスデッキよりも有効活用しやすいかと思います。

 

 

まとめ

とにかくド派手なデッキという印象です。動いた時のド派手さは恐らく今回投稿していただいたデッキの中でも1位2位を争うものでしょう。

ビートダウンへの怖さは恐らく構築次第でなんとかなるかという印象。その辺りを克服した場合は……かなり怖いです。

 

以上。新カードの考察記事との兼ね合いも考えなければならないなと思う。ポフルでした。