ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》考察―光の主力S・トリガー枠は必須の予感【デュエル・マスターズ】

新カードの考察久しぶり。ポフルです。

 

GRに関する情報、特にオレガオーラに関してはまだわからない事が多く、考察が難しい所があります。しかし今回考察する《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》のようなカードに関しては考察しやすいので、どんどん考察していきたいですね。

 

 

コロコロオンラインにて情報が解禁されています。

 

 

 

 

カード情報

 


♪仰ぎ見よ閃光の奇跡

光文明 コスト7 呪文

■S・トリガー

■GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

■相手のクリーチャーをすべてタップする。


 

 

考察

なんだかツインパクトでないカードの考察は久しぶりな気がしています。

 

効果としては、光文明のS・トリガーによくある《ホーリー・スパーク》の派生と言った呪文です。相手クリーチャーを足止めしつつ、GR召喚が可能となっています。

 

GR召喚については以下の記事も参考にしてください。

 

www.dmasters-pohu.com

 

さて、相手クリーチャーの全タップが強力である事はもはや周知の事実と言っていいでしょう。特殊な状況を除いて相手の攻撃を1ターン完全にシャットアウトできる効果というのはやはり安心感がありますし、自分のクリーチャーが残っていればタップキルによる返しや、ついでのようなブロッカー対策としても利用可能です。

 

相手のクリーチャーを全タップする能力としては他に《マスター・スパーク》や《DNA・スパーク》、《アルカディア・スパーク》に《ノヴァルティ・アメイズ》、《閃光の守護者 ホーリー》等等様々なバリエーションが存在しています。

今回の《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》を考察するにあたって重要な点としては、GR召喚付きという点が、それらのカードとの差別化となっているのかという点、そして全タップ能力との相性がどうなのかという点の2点となるでしょう。

 

 

さて、そんな感じで丁寧に前置きをしましたが、このカード。

かなりのインフレを感じる1枚ですね。

 

そもそも「相手クリーチャーを全タップしながらクリーチャーが残る」という性能の強さ自体《閃光の守護者 ホーリー》が証明済みです。

殴り返しはもちろん、速攻系のデッキであればあらかじめ相手のシールドを全て破っておくことによって「ホーリーがトリガーさえすれば、革命0トリガーやシノビが無ければ勝ち」という展開に持っていく事が可能なカードです。

 

GR召喚は出てくるクリーチャーが不確定ではあるものの、今後のカードプールの増加によって「超GR内をブロッカー、及びシールド追加能力を持つクリーチャーのみにしておく」という構築が可能になれば、《閃光の守護者 ホーリー》以上の防御性能を誇るトリガーとして扱う事も可能となるでしょう。

 

「全タップ+クリーチャーが残る」という性能だけで、他の数ある全タップS・トリガーとの差別化は出来ていると考えて良いでしょう。同じような性能の《閃光の守護者 ホーリー》とも、手打ちのしやすさで差別化が出来ています。

 

今後、数多くのデッキにS・トリガー枠として搭載されても全くおかしくはない呪文だと言えるでしょう。

 

 

では「じゃあ他の全タップ系トリガーはもう過去のものだと言って良いんだね」と問われればそうでもないと言えます。

 

例えば《DNA・スパーク》は、トリガーが多めに搭載されたデッキにおいては《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》よりも防御に優れたトリガーだと言えますし、《アルカディア・スパーク》等除去ができるものも、除去手段に乏しい(最近ではそうでもなくなってきましたが)光文明にとってはうれしいものです。スパークと名の付く呪文である事も忘れてはいけません。

《ノヴァルティ・アメイズ》も、ボーナスによって《オヴ・シディア》のような「1枚で戦局をひっくり返すクリーチャー」を出す事が可能です。

 

《閃光の守護者 ホーリー》も、今のところ「《ジャミング・チャフ》で封じられる事の無いトリガー」としての役割や「九極侵略におけるトリガー枠」としての役割も残っています。

 

カードパワーの高さに関しては疑いようのない程の強さを持っていると言えますし、今後のGR関連の強化によってその強さが更に増していくカードだとも言えますが、自身の使うデッキや環境次第では他のカードに枠を譲る事も充分に考えられるでしょう。

 

まとめ

新シリーズのS・トリガーカードに相応しいパワーと言えるカードですね。

この先のデッキ調整やデッキ作成の場において必ず話題に挙がるカードだと言えそうです。

手元にしっかり確保しておきたいですね。

 

以上。これからまた忙しくなりそう。ポフルでした。