ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ガチャベス1/ガチャガチャ・スクランブル》考察―考えるべきことはたくさん【デュエル・マスターズ】

新シリーズにはインフレが付き物だと思っているポフルです。

どんなカードゲームでも大抵そうだと思いますが。

 

本日は《ガチャベガス1/ガチャガチャ・スクランブル》の考察です。新弾収録のカードで、アニメにて登場しました。

 

 

 

カード情報

 


ガチャベス1

火文明 ジョーカーズ/ワンダーフォース

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーが攻撃する時、GR召喚する(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)


ガチャガチャ・スクランブル

自然文明 コスト2 呪文

■GR召喚する。


 

考察

バラギアラ以来の登場となりました多色ツインパクトカードです。

他の情報を見ている限り、今後のツインパクトカードはこういったものが増えていく事になりそうです。

 

クリーチャー面

火文明のジョーカーズであり、アタックトリガーによってGR召喚を行う能力を持ちますね。

 

火文明ジョーカーズとして見た時には、GR召喚によってジョーカーズを揃える事により、《メラビート・ザ・ジョニー》の全体除去や《王盟合体 サンダイオー》の焼却能力を適用させる事が出来ますね。

アタックトリガー特有のデメリットこそ存在しますが、ビートダウンデッキにとって「攻撃する度に場のクリーチャーが増える」という能力はメリットの方が大きいです。

 

呪文面

GR召喚を行うだけの単純明快な能力ですね。

 

この呪文自体の考察に関しては、「GRクリーチャー次第」の一言で終わってしまいます。

この呪文で注目すべきは、

「GR召喚は、有色呪文の場合2コスト程度の能力として扱う」

という点ですね。

 

これを頭に入れておく事で、今後の考察の助けになる事でしょう。

 

……ここまで強力に見える能力が2コスト程度なのかぁ……。

 

GRクリーチャーのコスト設定、慎重になって欲しいと願うばかりです。

 

ツインパクトとして

どちらも軽量なので、使いやすいカードです。ただし、多色カードである事からデッキ構築には多少気を使う必要があります。

とはいえ、クリーチャー面のみ使う事を想定するなら赤単色のデッキに採用してもそこまで問題は無く、呪文のみであれば緑単でも問題なく……と、従来の多色カードよりはデッキ構築の難易度は低いと考えて良いと思います。

 

クリーチャー側も呪文側も、GRクリーチャー次第と言える能力。淡泊ですがそれ故に、今後のGRクリーチャーの登場によって評価が変わってくるカードになると言えるでしょう。

現状「GR召喚のコストは大体このくらい」という基準として覚えておけばいいかと思いますね。

 

まとめ

GR召喚を行うカードの中でもかなりシンプルな方のカードかと思います。ある意味ではジョーカーズらしいカードと言えるでしょうか。

今後のGR召喚関連のカード次第では埋もれていく可能性こそありますが、それらのカードを考察するにあたっての基準のような形で覚えておきたいカードだと言えそうですね。

 

以上。今年の新シリーズは果たして。ポフルでした。