ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》考察―新時代特有のインフレーション【デュエル・マスターズ】

 新時代はもうすぐそこになってきています。ポフルです。

 ……その前に診断コーナー終わらせたいところですが、ちょっと難しそうです。

 

今回は《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》を考察していきます。

 

 

 

 

カード情報

 


サイバー・K・ウォズレック

水文明 サイバー・コマンド

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の呪文を合計2枚まで、両プレイヤーの墓地から選ぶ。それらをコストを支払わずに唱え、その後、持ち主の山札の一番下に置く。


ウォズレックの審問

闇文明 コスト2 呪文

■相手の手札を見て、コスト3以下のカードを1枚選び、捨てさせる。


 

考察

クリーチャー面

水のコマンドであり、出た時に墓地からコスト3以下の呪文を合計2枚選んで唱える能力を持ちますね。

 

このクリーチャー自身のサイズもそこそこ大きく、それに加えてコスト3以下の呪文2枚、計6コスト分の踏み倒しまで行ってしまうすさまじい能力になっていますね。

 

唱えられる呪文はコスト3以下の呪文のみではありますが、《ヒラメキ・プログラム》や《蝕王の晩餐》、《母なる星域》と言った踏み倒し呪文が対象となっている点は無視できないメリットと言えるでしょう。このクリーチャーを起点にしてこうした踏み倒し能力持ち呪文を唱えて凶悪なコンボを完成させるなり、コスト7や8の強力なクリーチャーを早期に降臨させる事が出来るカードとして扱うなり。色々とデッキ構築の幅が広がりそうな予感がするクリーチャーですね。

 

ただし、唱えたい呪文はあらかじめ墓地に送っておく必要があります。3コストの呪文であれば空撃ちする事で墓地に置くことも考えられますが、少なくともひと手間加えなければならない点は覚えておくべきでしょう。

 

また、相手の呪文を唱える事が出来るという点にも注目ですね。上記のような強力な呪文まで期待するのは少し危険ではありますが、序盤に使った《フェアリー・ライフ》のようなブースト呪文を唱えるだけでも十分な活躍が期待できそうです。《フェアリー・ライフ》を2枚唱えるだけで、「パワー6000のW・ブレイカーを場に置けた上に次のターンには9マナ帯に突入できる」という状態にできますし、《エナジー・ライト》を2枚唱えるだけでも、コストパフォーマンスは《クアトロ・ブレイン》を凌駕します。

踏み倒し呪文を使った強力コンボを狙いたいところではありますが、それらを考えずにとりあえずで出したとしても、十分な活躍が期待できるパワーカードと言えるでしょう。

 

呪文面

個人的にはこちらに注目したいところです。コスト2の呪文で、相手のコスト3以下のカードを選んで捨てさせる能力を持ちますね。

 

コスト2でピーピングハンデスができるカードとしては《マインド・リセット》が存在していましたが、おそらく《ウォズレックの審問》の方が高い確率で相手の手札を摘み取る事が出来るでしょう。

 

基本的にコスト3以下のカードを一切採用しないというデッキは少なく、必ずマナブーストや手札補充、もしくは《奇石 ミクセル》や《異端流しオニカマス》と言ったメタカードが採用されている筈です。それらを事前に選んで摘み取る事が出来る上に、ピーピングによってそこから先の展開をある程度読む事が出来るという点は、実際のゲームにおいてかなり有利となり得る点と言えるでしょう。

 

かなり優秀なカードではありますが、終盤になるにつれて有用性が低くなっていく点には注意が必要です。片面が大型でもう片面が小型のツインパクトカード相手であれば話は別ですが、現在のカードプールを見る限り、そういったタイプのツインパクトカードでかつ終盤に手札にキープするようなカードはほぼ無いかと。

 

とはいえこのカードはツインパクト。有用性が少なくなった場面においては優秀なクリーチャー面を頼りにするというプレイングも可能です。

 

ツインパクトとして

序盤に必ず撃っておきたい呪文面と、中盤に多大なアドバンテージをたたき出す上に、呪文の組み合わせによっては強力なコンボまで生み出せそうなクリーチャー面。

弱いわけがないカード

と言えそうですね。これがVRと言うのですから中々に驚きです。双極編の頃ならSRだった。

……SRに、これ以上に強力かつ汎用性の高い物を入れるのだけは勘弁してほしい所ですが、その辺りの話はここまでにしておきましょう。

 

敢えて欠点を挙げるのであれば、多色である点からある程度デッキを選ぶ点です。しかし、ツインパクトの多色は現状、クリーチャー面も呪文面も単色同士の組み合わせであり、プレイする時に2色必要というわけでは無いです。水も闇も採用するデッキであれば、多色であるデメリットは「マナゾーンに置く時のタップイン」のみと言えるでしょう。

 

まとめ

新シリーズというのは、エピソード1の《サイバー・N・ワールド》然り、革命編の進化クリーチャー全般然り、カードパワーが上がる事がほとんどです。

今回の《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》も、そのカードパワーの上昇を感じさせる1枚ですね。

 

以上。ポフルでした。