ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《The ジョラゴン・ガンマスター》考察―新たなジョラゴンの姿【デュエル・マスターズ】

昨日、更新出来て無かったみたいですね。申し訳ありませんでした。ポフルです。

 

本日は《The ジョラゴン・ガンマスター》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


The ジョラゴン・ガンマスター

無色 マスター・ドラゴン/ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト5 パワー3000+

GRクリーチャー

■バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計5枚以上あれば、このクリーチャーはバトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。

■超天フィーバー:バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計10枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+8000し、「W・ブレイカー」を与え、このクリーチャーが攻撃する時、好きな枚数のジョーカーズ・クリーチャーを自分の手札から捨てる。こうして捨てたジョーカーズ1体につき、相手のパワー10000以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

考察

GRクリーチャーとなったジョラゴンですね。

 

マスターカードにしてはパワー3000と地味です。しかし、ジョーカーズ特有の、バトルゾーンまたはマナゾーンのジョーカーズの数を条件としたパワーアップが可能となっています。

運次第とはいえ、その気になればコスト2で出てくるクリーチャーと考えれば十分な強さだと言えそうですね。

 

ジョーカーズが5枚以上ある時には、ジョーカーズ特有の攻撃先が相手プレイヤー限定のスピードアタッカー。前述の通り、GR召喚はそこまでコストが高いわけでは無さそうなので、これだけでも十分強力なクリーチャーだと言えそうですね。

 

メインとして考察したいのは、新キーワード能力「超天フィーバー」ですね。ジョーカーズ10体以上が条件となっています。

 

パワーが11000となり、W・ブレイカーを持ち、攻撃時にジョーカーズクリーチャーをディスカードした分だけの10000火力。GR召喚によって出てきたクリーチャーと考えれば十分な能力と言えるでしょう。この子をGR召喚する頃には、よほど運がいい(悪い?)人でもない限り、既に何度かGR召喚を試した後になっている筈です。つまりフィールドにジョーカーズ・クリーチャーが何体か並んだ状態になっている筈です。GR召喚を何度も行う事ができるようなデッキ構築かつ、メインデッキをジョーカーズで固めたデッキであれば、この「超天フィーバー」の条件を達成するのは容易だと考えて良いかと思いますね。

 

クリーチャーの除去にディスカードが必要な点も、ジョーカーズであれば《ヘルコプ太》や《ガヨウ神》のようなドロー補助、及び《ルネッザーンス》や《虫取りアーミー》のようなハンデス対策兼ドローソースの存在があるため、そこまで気になる事は無さそうです。むしろ《ジョット・ガン・ジョラゴン》の「ジョラゴンビッグ1」の弾になる事が出来る点を評価した方が良いかもしれませんね。

 

マスターカードとして見た時、地味な印象が拭えないクリーチャーには見えますが、GRクリーチャーとして見た時には「ジョーカーズデッキで捲る事が出来れば中々の強さ」と考えて良いかと思いますね。

 

まとめ

今までのマスターカードのような派手さには欠けますが、GRクリーチャーとして見れば十分な強さを持っていると見て良さそうです。

今後のジョーカーズの動きに注目したいところですね。

 

以上。ポフルでした。