ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《闇の破壊神ゼオス》考察―闇のスペシャルズは強い説【デュエル・マスターズ】

アニメにて出てきたカードが恐ろしかったので、最優先するべきと思った次第。ポフルです。

 

本日はアニメにて登場しました闇のスペシャルズ《闇の破壊神ゼオス》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


闇の破壊神ゼオス

闇文明 マフィ・ギャング/デーモン・コマンド/スペシャルズ

コスト4 パワー12000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分のクリーチャーを1体破壊する。

■自分のクリーチャーが破壊された時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。

 →カードを1枚引く。

 →相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。


 

考察

コスト4にしてパワー12000のT・ブレイカーです。ただし、デメリットとして攻撃時に自分のクリーチャーを1体破壊しなければいけません。

 

ここまでであれば良くあるデメリット付きクリーチャーなのですが、自分のクリーチャーが破壊された時に、ドローするか相手のクリーチャーのパワー低下を行う能力まで持ち合わせています。

 

彼女のマフィ・ギャングデッキを普段相手にしている身からしてみれば、このカード、既存のマフィ・ギャングデッキに無理なく搭載できる最高級システムクリーチャーと言えますね。

 

元々マフィ・ギャングは《ルドルフ・カルナック》や《龍装者 グルド54号》、《堕魔 ドゥポイズ》等のカードによって、自身のクリーチャーを破壊しながらアドバンテージを稼ぎに行くデッキです。

自身のクリーチャーが破壊される度に自身のカードを増やすか相手のカードを減らすかの選択ができる《闇の破壊神ゼオス》の能力は、素晴らしいとしか言いようがないです。自身がパワー12000なので、火力呪文やタップキルによる対策方法が利かないというメリットも存在しています。システムクリーチャーとして見た時には、このデメリットも無いようなものです。バーナイン使っている身としては、「GWDで焼かれない置きドロ―とかふざけてんのか」って感じですよね。

 

デメリットに関しても、「自身のいらないクリーチャーをコストにパワー低下かドローに当てる事が出来る」と考える事も出来ますし、何よりマフィ・ギャングにはお馴染み《魔薬医ヘモグロ》が存在しています。ヘモグロとの組み合わせによって、デメリットはほぼ0と言って良いアタッカーとなります。他にも《ジョルジュ・バタイユ》で破壊を置き換えたり、《阿修羅ムカデ》でパワー低下の範囲を広げながら攻撃したりとやりたい放題できますね。

 

マフィ・ギャングに捕らわれなくとも、《霞み妖精ジャスミン》等の自壊するクリーチャーとでコンボを成立できますし、闇絡みのビートダウンデッキにおいて殴り返し対策として入れておき、場合によっては3打点出しても良いですし。とにかくオーバースペック感が漂うクリーチャーです。地味にデーモン・コマンドである点も恐ろしいですね。コストの関係からドルマゲドンで採用するかはわかりませんが、悪魔神へと進化できるという点は無視できない利点でしょう。

 

こうしたカードは、ライブラリアウトの危険が伴う場面においては単なる置物化してしまうというデメリットが存在していましたが、パワー低下と選ぶことができる時点でそのデメリットは回避出来ています。そもそもパワー12000のT・ブレイカーという時点でそのデメリットは気にならなくなっていると見ていいでしょう。

 

……今までの破壊時にドローできるシステム能力持ちクリーチャーを過去のものとするスペックで、破壊された時の能力はマフィ・ギャング縛りでも良かったのではないか……とは思ってしまいます。仮にそうだったとしても《秘薬医 ヴェッセル》は泣いても良い。

 

《阿修羅ムカデ》といい、闇のスペシャルズは他の文明のスペシャルズよりもわかりやすく強いカードが多いですね。

 

まとめ

新時代の置きドロ―の実力が垣間見えるクリーチャーです。闇で小型クリーチャーを主体とするデッキでは積極的に採用して良いクリーチャーと言えるのではないでしょうか。

 

楽しみな反面、「この先のカードパワーのインフレ怖い」とも思ってしまう、ちょっと複雑な感じです。

 

以上。未だにマフィ・ギャングのハンデス能力がトラウマ気味。ポフルでした。