ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《音奏ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》考察―メタリカの変化とGRの怖さと【デュエル・マスターズ】

メタリカのお兄さんと最近言われなくなってきた。ポフルです。

そりゃあね。最近ツインパクトデッキばっかりだからね。メタリカ使わなきゃ。

 

本日は、《音奏ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を考察していきましょう。

 

WHFにて情報が出てきたそうです。

 

 

 


音奏ハイオリーダ

光文明 メタリカ/ワンダーフォース

コスト5 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、GR召喚する。


音奏曲第3番「幻惑」

水文明 コスト3 呪文

■カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のシールドゾーンから墓地に置く。


 

考察

クリーチャー面

現状明らかになっているカードの中では初の、メタリカでGR召喚が可能なクリーチャーとなりますね。

その条件は「自分のシールドゾーンにカードが置かれた時」と、いかにも光文明らしいものです。《超運命アミダナスカ》を思い出しますね。自身が出た時にシールドを追加できる点、それによってクリーチャーを展開できる点もアミダナスカと同様です。

 


超運命 アミダナスカ

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト6 パワー7500

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、自分の山札から1枚目を見る。それが自分のシールドの数以下のコストを持つ光の呪文またはメタリカなら、コストを支払わずに使ってもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

アミダナスカを思い出すというだけあって、基本的にはアミダナスカと同じカードと相性が良いと言えますね。一時期話題となった《ヴァリアブル・ポーカー》はもちろん、《命翼ノ裁キ》で2回のGR召喚が可能となり、《巡ル運命ノ裁キ》が毎ターンGR召喚する為のカードとなったりと。

《超運命アミダナスカ》を使うためのデッキを作っていた方にとっては、その中の《超運命アミダナスカ》をこのカードと入れ替える程度で簡単にGR召喚を体験できるものとなっていますね。

 

アミダナスカと違う点としては、「メインデッキをメタリカクリーチャー、及び光の呪文で固めなくても良い」という点でしょう。

デッキ構築においてはかなり嬉しい点で、超GRを用意してさえいればメタリカでないカードも自由に入れる事が出来ますね。マイナーな所で言えば、最近質問箱で(自分の中で)話題となった「シールド・ゴー」持ちと組み合わせるのも一考かもしれないですね。

 

メタリカデッキとして考えた場合、様々なカードとの組み合わせが考えられますね。超GRの中身をメタリカで固める事が出来れば、今やお馴染み《龍装者バーナイン》でのドローができる点はもちろんの事。《聖煌ノ天帝 絶兆》によって、破壊による戦線崩壊を完全に防ぐ事ができますし、(隣に《気高き魂 不動》を立てておけば疑似完全耐性では?)ドラゴン・ブレイカーとの組み合わせは言わずもがな。特にバーナインとの組み合わせは怖い所ですね。GWDに狙われなければですが。

 

バーナインの能力とGR召喚との相性は抜群です。……本当に、GRクリーチャーの調整頑張ってくださいね……?

 

今後のメタリカデッキの新しい軸となってくれるクリーチャーだと言えそうです。

 

 

 

 呪文面

これツインパクトでしたね!

呪文面は水文明でシールド交換が可能な効果ですね。《無法警報PSY》と同様の物です。

 

 


無法地帯 マクラーゲン

水文明 ムートピア

コスト8 パワー11000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■呪文の効果やクリーチャーの能力によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。


無法警報PSY

水文明 コスト3 呪文

■カードを1枚引く。その後、自分の手札を1枚裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のシールドゾーンから墓地に置く。


www.dmasters-pohu.com

序盤にシールドトリガーを追加できれば心強い他、紋章を仕込む事によってサバキZの種を仕込む事にも使えます。

さり気に墓地肥やしカードとしても扱えますが、仮に墓地ソースで使う場合《無法警報PSY》の方がマナに置く時のタップインが無い以上優先されそうな気がしますね。

 

ツインパクトとして

正直、クリーチャー面の能力がメタリカにぴったり過ぎて、ツインパクトとしてのメリットという物を考えなくても良い気がしてきます。

 

敢えて言うのであれば、多色カードである以上マナゾーンに置く時のタップインが重い点でしょう。

メタリカが初登場したあたりで《神曲の法皇 ミラダンテ》刺してた人間が言っても説得力ありませんか。

www.dmasters-pohu.com

 

クリーチャー面を召喚するだけなら水文明マナが必要ないという点を考えれば、他の非ツインパクト多色カードと比べてかなり使いやすいと言えるでしょう。むしろ水マナを扱えるような構築ができれば、コンセプトカードとコンセプトを活かす為のカードを同時に採用できるという強みになってくれますね。

 

まとめ

GR召喚とメタリカの相性が光る上に、デッキコンセプトとして扱う事も出来そうな、面白いクリーチャーですね。

今後のメタリカデッキの強化はもちろん。GRクリーチャーの種類によってはシールドをやりくりするデッキでの隠し味としての投入も考えられそうです。

 

 

以上。神曲ミラダンテをまた使いたいと思ったポフルでした。