ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

2019年月刊コロコロコミック4月号付録デッキの解説—初心者へのオススメ度と注目カード【デュエル・マスターズ】

 GR。本格始動ですね。ポフルです。

 

本日ですが、スタートデッキの解説……の前に、月刊コロコロコミック4月号付録のデッキの解説をしていきたいと思います。

 

 

 

 

デッキ内容

 

カリー・ポッター 4枚

プラモデール 2枚

DOKIDOKI・ザイナマ 4枚

八艘剣士ヨシツネ 4枚

ワンキャノン・ワイバーン 4枚

"LES"のスパナ 4枚

凶戦士ブレイズ・クロー 4枚

イフリート・ハンド 4枚

メリコミ・フィスト 4枚

KAMASE-BURN 4枚

スチーム・ハエタタキ 2枚

 

超GR

The ジョラゴンGS 2枚

メタルポンの助 6枚

The カップラー漢 2枚

ツタンメカーネン 2枚

 

デッキ解説

ジョーカーズが主役となった「新章デュエル・マスターズ」以降のデッキとしては珍しい火文明単色デッキになっていますね。

メインデッキに無色が入っていないデッキというのは中々新鮮に思えます。

 

ジョーカーズデッキ……というわけでもなく、本当にシンプルな火のクリーチャー+GRサポートを合わせたデッキ……と言った形で、全体的に軽い構成のこのデッキは、初心者にとっても扱いやすい物となるでしょう。

 

使い方も単純明快ですね。1ターン目から軽いクリーチャーを出して行き、速攻デッキらしくとにかく殴りかかるデッキです。GRゾーンの真価が発揮されるのは基本的に4ターン目以降でしょうか。

 

手札補充の方法は速攻デッキらしく多くはありません。その代わり、1枚で2体分の展開ができるGR召喚能力持ちのクリーチャーが光りますね。

 

W・ブレイカー持ちがいない、パワーの高いブロッカーへの対策方法が少ない等、欠点はかなり目立ちますが、初心者の方に「デュエマというのはこういうゲームなんだよ」という事を教える為のデッキとして、さらに言えば、最近復帰した方に「新しい戦術であるGR召喚ってこんな感じだよ」という事を教える為のデッキとしては十分なデッキだと言えそうですね。

 

速攻デッキとしての完成度はなかなか高めです。GR召喚ギミックの強さも相まって勝てる場面は多いかと。

 

 

新規カード

新規カードに関してはたくさん存在しているので、個人的注目カードをピックアップしていきます。

 

《プラモデール》

フルフレームイラストである事から、このデッキの限定カードの可能性がありますね。

そういった事情は置いておくとして、スピードアタッカーと、出た時と攻撃時に手札を捨てる事によってGR召喚が可能なクリーチャーです。

手札消費はかなり激しい所ですが、ジョーカーズであれば《ガヨウ神》や《ヘルコプ太》の大量ドローでカバーできますし、《ジョット・ガン・ジョラゴン》の弾としての運用も出来る事でしょう。

この子自身をジョラゴンの弾として捨ててあげれば、GR召喚しながら更にジョラゴンの弾を装填できますね。

今後のGRクリーチャーの展開によっては、ジョラゴンと共に活躍できる場面があるかもしれません。

 

このデッキにおいては、前述の通りドロー手段に乏しく、有効に働く場面は少ないかもしれません。

 

《DOKIDOKI・ザイナマ》

さりげなく収録の新規ビートジョッキーですね。破壊時に2回のGR召喚を行う中々イカすやつです。

 

《"罰怒"ブランド》や《"末法"チュリス》等の自壊させるカードとの相性は抜群です。これらカードが持っていた「盤面維持が困難」というデメリットを一気に解消してくれます。この先のGRクリーチャーの充実によっては、ザイナマが破壊された事をトリガーとしてザイナマよりもパワーの高いor打点の高いクリーチャーが2体出てくる……という展開もあるかもしれません。

 

このデッキでは、手札補充方法に乏しいという欠点を間接的に補強してくれる優秀なクリーチャーですね。手札を補充できるわけではありませんが、盤面を維持する事によって手札が無くても攻め手が止まらない状態を作ってくれます。

 

《KAMASE-BURN》

GR召喚を行い、強制バトル能力まで付いているS・トリガーです。

ただし、このデッキでは超GRの半分をパワー1000の《メタルポンの助》が占めている為、有効に働く事は少ないと言えるでしょう。

基本的には今後のGRクリーチャーの充実に期待したいカードですね。超GRの中身をパワー3000以上のクリーチャーで固める事が出来れば、《ナグナグ・チュリス》以上の活躍ができるでしょう。

 

《メタルポンの助》

現状唯一「GRデッキの中身を同名カードで揃える事が出来るカード」となります。メカ化する前の姿である《はずれポンの助》との違いとして「シールドをブレイクできる」「パワーが180高い」というメリットが存在しています。

 

単体では「GR召喚能力持ちカードのおまけ」くらいの物ですが、この子の真価は「GR召喚によってメインデッキを圧迫する事無く同名カードを並べる事が出来る」と言う点にありますね。

例えば《ハムカツのイラスト百裂ペン》によって大量のドローを狙う、《D2P ヘビーポップ》によるエクストラウィンを狙う……と言った戦略が《はずれポンの助》含む他の無制限に積めるカードよりも狙いやすくなっています。

 

残念ながらこのデッキでの活躍はそこまで期待できず、元ネタ通りのはずれ枠としか言えません。とはいえ1打点形成できるという最低限の活躍ができるのは不幸中の幸いですね。

 

《ツタンメカーメン》

出た時に1ドローができるクリーチャーですね。

よほど切羽詰まった時以外、捲れてうれしいカードでしょう。ただし、相手にもドローさせてしまいます。

 

特にこのデッキでは数少ないドロー補助のカードです。

 

 

再録カード

再録カードの中で嬉しいのは、今やコロコロデッキの定番になりつつある気がする《イフリート・ハンド》ですかね。火文明版《デーモン・ハンド》と言って差し支えない能力で、中々優秀なトリガーカードです。

 

その他、火文明の速攻デッキでは定番の《凶戦士ブレイズ・クロー》は、入手手段が豊富ではあるものの初心者にはうれしいカードです。さりげなく《スチーム・ハエタタキ》が2枚刺してある点もうれしい所かもしれません。

 

ただし、どちらも今までデュエマをしてきた方にとってはそこまで珍しくないかもしれないですね。

 

 

まとめ

全体的に「初心者用」と言った感じのデッキとなっていますね。かなり強力な限定カードという物は無いですが、コロコロコミックの付録として考えれば十分な物です。むしろ他の人よりも一足早くGR召喚を学ぶ事ができるという点、そして本も含めて500円程度という点を考えれば十分すぎる程のものと言えるでしょう。

 

以上。明日はスタートデッキの解説をしたい。ポフルでした。