ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

「超GRスタートデッキ ジョーのガチャメカ・ワンダフォー」攻略【デュエル・マスターズ】

今日は2記事更新。ポフルです。

 

本日は「超GRスタートデッキ ジョーのガチャメカ・ワンダフォー」の攻略記事となります。

 

同時発売の「キャップのオレガ・オーラ・デリート」に関しては、別記事にて。

 

 

 

デッキ内容

 

ベタボメガホン 4枚

怒ピッチャコーチ 3枚

ガチャバルト初号機 2枚

ガガガン・ジョーカーズ 3枚

ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート 2枚

行燈どろん 1枚

イッコダス・ケイジ/種デスティニー 3枚

ガチャダマン 2枚

ナチュラル・トラップ 4枚

タイク・タイソンズ 2枚

メルセデスベントゥー 3枚

ウォッシャ幾三 3枚

ボーボボ・ボーボ坊 4枚

超GR・チャージャー 4枚

 

GRクリーチャー

鋼特Q ダンガスティックB 2枚

バツトラの父 2枚

K2マッチョ 2枚

マシンガン・トーク 2枚

The カップラー漢 2枚

ヤッタレロボ 2枚

 

デッキ解説

最近のスタートデッキとしては珍しく2色構成です。しかも、無色ジョーカーズはGRクリーチャー以外1体も存在していません。これが時代か。

 

とはいえ、普段のジョーカーズらしく、「とにかくクリーチャーを並べて攻める」という戦い方ができるデッキになっています。

 

《ヤッタレマン》や《ガヨウ神》……は贅沢言い過ぎにしても《ヘルコプ太》すら存在しておらず、展開力の高さや持久力は通常のジョーカーズの方が上か……と思いきや、目玉であるあGR召喚によって、展開力だけなら大会常連のジョーカーズにも負けていません。

 

ドローソースが無いことから息切れの危険性はありますが、それを補うためなのか、「軽量のマッハファイターによって、相手のカードを減らす」「スピードアタッカーによって息切れするよりも早く決着をつける」「Jチェンジによって質のいいクリーチャーによるビートダウンが可能」「マナブーストによって相手よりも早く中型カードへとアクセス可能」と、こちら独自の強みがぎっしり詰まっています。

 

使い方……といってもそこまで難しいことは要求されません。ただただ数揃えて殴るなり、数を揃えながら殴るなりすればオーケーです。

積極的に殴りながら物量を増やしていけるようなコンボも多彩で、「気付いた時には場の大量のジョーカーズで勝利していた」という事も十分にあり得る構築になっていますね。

 

新規カード

スタートデッキらしく数が多いですが、全部軽い考察はしておきましょう。

 

《鋼特Q ダンガスティックB》

鋼特Q ダンガスティックB

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト4 パワー2000+

GRクリーチャー

■バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計8枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+6000し、「W・ブレイカー」を与える。


 

ジョーカーズ特有の、ジョーカーズの数に応じたパワーアップが可能な、このデッキの目玉カードですね。イラストがメタルっぽくて中々渋カッコいいです。

通常ではパワー2000ですが、ジョーカーズが8枚以上でパワー+6000と「W・ブレイカー」を持ちます。

 

正直な所を言えば淡泊なカードなのですが、GR召喚によって出てくるクリーチャーと考えれば十分脅威のレベルですね。

 

《バツトラの父》

バツトラの父

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト3 パワー1000

GRクリーチャー

■クリーチャーが自分を攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を中止してもよい。


 

《バッテン親父》の能力をそのまま引き継いだかのようなクリーチャーですね。

パワーは1000と低め。GR召喚で出てくるクリーチャーとしては十分かもしれませんが、基本的には1回限りの防御カードとなるでしょう。

 

《K2マッチョ》

K2マッチョ

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト2 パワー2000+

GRクリーチャー

■自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーのパワーを+2000する。


 

自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時に、そのターン中のみ自身のパワーを+2000するクリーチャーですね。

この能力は重複するので、《ヤッタレマン》や《ヤッタレロボ》でコスト軽減したジョーカーズをドンドン出してあげれば、パワーを無限に上げる事も可能です。

 

今回のデッキには未収録ですが、GRクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与えるカードとの併用によってそのポテンシャルを発揮する事になるでしょうか。

 

《マシンガン・トーク》

マシンガン・トーク

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト2 パワー1000

GRクリーチャー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、アンタップしてもよい。


 

《オーケーBros.》の能力を引き継いでいます。

攻撃時にGR召喚を行うカードとの併用によって連続攻撃を狙うのが主となりそうです。そう考えればかなり強く感じるのですが、GR召喚がランダム性の高い能力である事がやや足を引っ張ります。

 

《The カップラー漢》

The カップラー漢

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト3 パワー3000

GRクリーチャー


 

謎肉に生命体宿っているんですけれど。

 

バニラです。いくらGRと言えど、今後抜けていくカードである事は間違いなさそうな気がします。

「漢」サポートにどこまで対応できるかですね。

 

《ヤッタレロボ》

ヤッタレロボ

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト2 パワー2000

GRクリーチャー

■自分のジョーカーズを召喚するコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。


 

ロボ化した《ヤッタレマン》ですね。スペックも《ヤッタレマン》と同様の物です。

今回のデッキには《ヤッタレマン》が収録されていません。コスト軽減を使ってクリーチャーを展開する場合にはこの子が必須となりますね。無茶言うなと。

ジョーカーズデッキであれば超GRに用意したいクリーチャーな気もしますが……。序盤以降に出てきた時にどこまで使えるのかがわからないですね……。

 

《ベタボメガホン》

詳細は下記記事にて。

 

www.dmasters-pohu.com

 

敢えてここで書くことがあるとすれば、ヤッタレマンがいない関係上Jチェンジとの併用が主となるでしょう。

 

《怒ピッチャーコーチ》

怒ピッチャーコーチ

火文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト4 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。そのターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。


 

GR召喚を行いつつ、出てきたGRクリーチャーにスピードアタッカーを与える速攻の鬼ですね。

ここから条件を満たした《鋼特QダンガンスティックB》を出した日には……という感じです。

 

《ガチャパルト初号機》

ガチャパルト初号機

自然文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト6 パワー7000+

■マッハファイター

■W・ブレイカー

■バトル中、バトルゾーンにある自分のGRクリーチャー1体につき、このクリーチャーのパワーを+3000する。

■このクリーチャーがバトルに勝った時、GR召喚する。


 

マッハファイターを持つジョーカーズですね。バトルに勝った時にGR召喚を行う能力はマッハファイターとシナジーしています。

このデッキでは数少ないW・ブレイカー持ちでもあり、GRクリーチャーが並んだ状態であれば大型ブロッカーもそこまで怖くない状態にまでパワーアップも出来ます。このデッキの裏エースと見て良さそうですね。

GRクリーチャーが1体存在するだけでパワー10000のマッハファイターと考えても、中々優秀ですね。GR召喚を序盤から行わない構築になった場合は《ソーナンデス》あたりに役目を譲る事になるでしょう。

 

《ガガガン・ジョーカーズ》

ガガガン・ジョーカーズ

自然文明 コスト1 ジョーカーズ 呪文

■自分の山札の上から3枚を見る。その中からクリーチャーを1体選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


 

おそらくこのデッキを買う方達が一番目当てにしたいでしょう、自然文明の新たな汎用カードとなり得る呪文ですね。

自然文明の縛りが無くなった代わりに捲れる枚数が2枚減った《トレジャー・マップ》です。《未来設計図》や《ディメンジョン・ゲート》とは選択になるでしょう。どうしても自然文明以外でコスト2のクリーチャーを手札に入れたいようなデッキでは採用できるでしょう。

肝心のジョーカーズデッキでは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》の存在が痛いですね。よほど自然文明が足りないような構築になっていない限りは採用は難しそうです。

 

《行燈どろん》

行燈どろん

火文明 コスト7 ジョーカーズ/ワンダフォース 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを、パワーの合計が6000以下になるように好きな数選び、破壊する。

■GR召喚する。


 

このカードが1枚とは、中々ニクいですね。ただこのデッキ限定のカードでは無いようなので、超天篇第一弾に収録されるのではと思います。……逆に考えましょう。1枚手に入ったと。

 

《破壊者シュトルム》のような使い勝手のトリガーカードと言えば良いでしょうか。呪文メタに引っかかるデメリットはあるものの、性能だけであればこちらの方が強力です。

 

《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》

イッコダス・ケイジ

自然文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト4 パワー4000

■マッハファイター

■このクリーチャーがバトルに勝った時、GR召喚する。


種デスティニー

火文明 コスト1 呪文

■バトルゾーンにある、コスト2以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。


 

クリーチャー面はマッハファイター+バトルに勝った時のGR召喚能力です。《ガチャパルト初号機》を小型にした感じの能力ですね。メタクリーチャーを破壊しながらGR召喚の動きができる点はうれしい所です。

呪文面はカード指定除去。コスト2以下と対象は狭いですね。ただ《卍 新世壊 卍》を壊す事が出来たり、今のところ低コストが多めのGRクリーチャーを狙えたりと、活躍の機会はそこそこ多そうですね。何よりツインパクトなので、呪文面が腐ってもクリーチャー面がしっかり仕事をしてくれます。

 

また、このデッキで唯一の多色カードです。マナ基盤としての活躍も期待できるでしょう。

 

《ガチャダマン》

ガチャダマン

自然文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト4 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。

■自分のGRクリーチャー全てに「マッハファイター」を与える。


 

出た時のGR召喚に加え、GRクリーチャーにマッハファイターを与える能力まで持っています。

超GRをパワーが高めのクリーチャーで固めたいところではありますが、マッハファイターの付与は単純に強力ですね。

 

《メルセデスベントゥー》

メルセデスベントゥー

自然文明 コスト5 ジョーカーズ/ワンダフォース 呪文

■S・トリガー

■GR召喚する。そのGRクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

■次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーが攻撃する時、可能なら自分のクリーチャーを攻撃する。


 

自分のクリーチャーがタップされた状態で存在する必要がありますが、相手の直接攻撃から守る事が出来る能力ですね。

相手の攻撃に合わせて能動的にタップできる《バツトラの父》とはシナジーしています。

 

《ウォッシャ幾三》

ウォッシャ幾三

自然文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト3 パワー6000

■ガードマン

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。


 

《超GR・チャージャー》と並んで、このデッキで最軽量のGR召喚可能なクリーチャーです。

相手プレイヤーの攻撃はできませんが、対ビートダウンにおける殴り返し要員及び、自身のクリーチャーを殴り返しから殴る為のクリーチャーとして扱う事ができるでしょう。

 

《超GR・チャージャー》

詳しくは下の記事にて。

 

www.dmasters-pohu.com

再録カードについて

《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》が収録されている点はうれしい所ですね。それ以外に関しては特にいう事無さそうな。

 

何度か使ってみた感想

めっちゃ強い。

同時発売の「超GRスタートデッキ キャップのオレガ・オーラ・デリート」との対決では、ただただテキストに従って攻撃しながらGR召喚を行うだけで勝ててしまいます。

 

召喚するだけでGR召喚可能なクリーチャーによって、物量戦術はそもそも容易。タイク・タイソンズから《怒ピッチャーコーチ》や《ガチャダマン》にチェンジし、GR召喚しながらマナ加速、邪魔なクリーチャーはマッハファイターによって処理。

そして何より、メインデッキを圧迫せず、序盤にGR召喚でめくれても特に問題ないフィニッシャーの《鋼特Q ダンガスティックB》。

中速ビートダウンとして、構築済みデッキとは思えない恐ろしさを持っています。

 

基本的にGR召喚を行うカードを順番に使っていれば雑に勝ててしまうデッキ……と言ったところで、初心者が使っても安心なデッキに仕上がっていると言えるでしょう。

デフォのまま大会に出たとしても、多少は勝ててしまうのではないでしょうか。

 

やはり欠点はドロー不足。とはいえヘルコプ太やガヨウ神を採用すれば容易に解決してしまう問題で、これベースにガンバトラージョーカーズとか組まれた時にはどうしたらいいのやらって感じです。

 

「右も左もわからないけれど、デュエマがしたい」くらいの初心者の方にもしっかりオススメできる、楽しさと強さを兼ね揃えたデッキと言えるでしょう。

 

 

まとめ

「スタートデッキ」という名に恥じない、単純かつ強いデッキに仕上がっています、これぞジョーカーズという感じです。

単体で強いカードも収録されているため、上級者の方でも安心のラインナップ。全方向を向いたデッキです。是非是非オススメしたいです。

 

以上。火曜日更新お休みします。ポフルでした。