ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ア・ストラ・センサー》考察―オーラサポート……だけども【デュエル・マスターズ】

 「オレガ・オーラ」が合体のように扱われる都合上、「こっちは元祖合体(G・リンク)」で立ち向かってやるぜ!という妄想が止まらない。ポフルです。

 

本日はそんなオーラに関するカード《ア・ストラ・センサー》を考察していきたいと思います。

 

 

 

 

カード情報

 


ア・ストラ・センサー

水文明 コスト1 呪文

■自分の山札の上から3枚を見る。その中から呪文またはオーラを1枚選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。残りを好きな順番で山札の一番下に置く。


 

考察

早くも登場しましたね。オーラサポートです。

「オレガ・オーラ」の開発者は水文明なので、水文明でオーラのサーチができる点はなんら不思議でもありません。

コスト2のオーラを加えて、2ターン目に安定してGR召喚を行う……という事もしっかり出来る事でしょう。今後オーラを主体とするデッキにおいては必須級の扱いになる事でしょう。

 

……さて、これだけであれば「うん。今後が楽しみなカードだな」で済むのですが、問題点があるとすれば「呪文もサーチ可能」という点ですね。

手札を減らさず唱えられる1コストの呪文という事から《超宮兵 マノミ》あたりを使ってワンショットキルを狙うムートピアの強化が考えられています。

《セイレーン・コンチェルト》を素早く手札に加える手段として扱う事ができる事から、2ターン目にワンショットに行ける確率が増えたと考えて良いかもしれませんね。

……なんでしょう。別に見れる枚数増やす代わりにオーラ限定で良かったんじゃないかなぁとか思ってしまいますね。

新弾の水文明に「ムートピア」の文字が見当たらないので、「ムートピアを出す事はできなさそうだからこの呪文あげるね!ごめんね!」みたいな形での収録なのでしょうか。

 

とはいえ、肝心の《超宮兵マノミ》や《I am》と言ったカードをサーチできず、捲れた場合にデッキの下に埋まってしまう点はややデメリットと言えるでしょう。この辺りをプレイング等でカバーできるのか否か。個人的にはここにメタカードでも刺した方が良い気がしますが、今ムートピアを使っている方はどんな判断をするのか楽しみです。

 

 

ひとまず、「呪文も対象にできる事から様々なデッキに採用できそうだ」と前向きにとらえる事としましょう。

今まで1コストでの呪文サーチは「ロジック・サークル」くらいであり、あちらはデッキトップに置く関係上手札消費が厳しいという欠点がありました。こちらはデッキの上から3枚と不安定ではありますが、手札消費が無い点はうれしい限りですね。

自然文明を採用したデッキであれば、《フェアリー・ライフ》等のブースト呪文を2ターン目に引き込む確率を高める、《霞み妖精ジャスミン》を採用したデッキでの《トレジャー・マップ》のような役割も期待できそうです。

終盤には1コストで強力な超次元呪文を探しに行ける事もあって、腐る場面というのは少ないでしょう。

 

ツインパクトも探しに行ける点から、ツインパクトを大量に採用したデッキでも使いやすそうですね。《コンダマ/魂フエミドロ》を採用する場合には不純物になりがちですし、そもそも《レ・レディバ・クーバ/ツインパクト・マップ》が存在している以上採用率は低くなるかと思いますが、《奇石ミクセル/ジャミング・チャフ》を手札に入れやすくなるという点は評価できますね。

 

まとめ

総じて、オーラサポートに留まらず様々なデッキのサポートとして使われる可能性のあるカードと言えそうですね。ムートピアのデッキにおいての活躍も期待できそうではありますが、どうなる事やらという感じです。

どちらにせよ、注目度も将来性も高いカードです。ぜひとも手に入れたいカードですね。

 

以上。(背景ストーリー的な意味で)ムートピアの明日が気になる。ポフルでした。