ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ア・ストラ・ゼーレ》考察―初が多い、注目マスターカード【デュエル・マスターズ】

 過去のデッキを強化したいのですが、なかなか機会が訪れない。ポフルです。

 

本日は、新弾3枚目のマスターカード《ア・ストラ・ゼーレ》を考察していきましょう。アニメにて登場していました。

 

 

 

カード情報

 


ア・ストラ・ゼーレ

水文明 トリックス/デリートロン

コスト6 パワー+6000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。こうして6体以上が手札に戻されたなら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。


 

 

考察

初のオレガ・オーラのマスターカードです。それと同時に、初の水文明マスターカードですね。

能力としては、「パワード・ブレイカー」の付与と複数バウンス、そして、このクリーチャーでバウンスしたクリーチャーの数が6体以上ならエクストラターンの獲得ができるようになりますね。

 

自身がパワー+6000なので、このオーラを付けるだけで「パワード・ブレイカー」によるブレイク数は+1となります。

この使いやすさに関しては、《極幻海 ゼー・ガギル》が示している通りですね。

 

このオーラを付けたクリーチャーのパワー以下のクリーチャーをバウンスし、6体以上のクリーチャーをバウンスできればエクストラターンを得る能力がこのオーラの強みだと言えるでしょう。相手のクリーチャーをバウンスしながらエクストラターンまで得る事が出来る点は、基本的にビートダウン的な構築となる水文明のオレガ・オーラデッキにとってはうれしい点ですね。

 

「超GRスタートデッキ キャップのオレガ・オーラ・デリート」のデッキでは、「打点増強」「除去力の確保」の2点をしっかり強化してくれる心強いカードとなってくれるでしょう。

除去力の確保に関しては特に嬉しい点です。実はスタートデッキを1個しか買っておらず、《極幻海 ゼー・ガギル》が2枚しかない状態で使っていた私としては、「相手の攻撃可能なクリーチャー、及びブロック可能なクリーチャーの動きを止めるカードがもう少し欲しい」と思っていたので、このカードのバウンス能力は心強い所です。

攻略記事にて書いた通り大量展開してくるデッキが苦手なオーラデッキにとって、この子の大量バウンスは弱点の補強として使う事ができる事できますね。

 

自身のパワーよりも低いクリーチャーしか除去はできませんが、この子自身がパワー6000であり、現状GRクリーチャーのパワーは2000程。今のところ7999以下のクリーチャーはバウンスできる計算ですね。

文明を気にしないのであれば、もう少し基礎パワーは上がる事でしょう。今後のGRゾーンのクリーチャー次第では、このラインはもう少し上がるものと予測可能です。最終的には安定してパワー9999以下をバウンスできるようになるのではと睨んでいます。

 

相手がグランセクトのように「高パワーのクリーチャーを大量に採用しているようなデッキ」の場合に上手い事バウンスできない可能性もありますが、オーラの特徴である「オーラを重ねる事によって無限にパワーアップできる」という点を活かせば何とかなります。

とはいえ重ねれば重ねる程に除去された際のデメリットは増すので、《*/肆幻ヨナビクニ/*》や《*/肆幻モドピトテ/*》のように「除去された際のディスアドバンテージを軽減できるオーラ」との併用はしたいですね。この2枚はパワーの増加量も+4000と高めなので、バウンス範囲を広げる事にも繋がります。特に、破壊された際に再利用ができる《肆幻モドピトテ》は積極的に併用したいところですね。

 


*/肆幻ヨナビクニ/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト5 パワー+4000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)

■これをクリーチャーに付けた時、カードを2枚引く。



*/肆幻モドピトテ/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト4 パワー+4000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)

■これを付けたクリーチャーが破壊された時、そのクリーチャーについていたオーラをすべて自分の手札に戻す。


 

 

一番の問題として、エクストラターンの獲得条件は相手依存という点でしょう。大量展開を得意としない呪文主体のデッキ等、有効活用できない相手のデッキも多いので、基本的にはバウンス+クリーチャーのパンプアップ、そして打点補強を基本とし、エクストラターン獲得に関しては「特定のデッキに対するメタ」「あらかじめ見せておくことによる間接的な横並びの抑制」という役割になりますね。

逆に言えば、エクストラターンの獲得に成功した場合、相手の場を更地にした挙句にW・ブレイカー以上のブレイク能力を持ったクリーチャーが立っているという事です。自身の「パワード・ブレイカー」能力も合わせて、一気に勝負を決めかねないクリーチャーとして扱う事が可能です。相手としてもそれをわかっていて低パワーのクリーチャーを大量に並べるとは考えづらいので、「横並びへの間接的な抑制力」としての役割は安定して遂行できそうです。これをコスト6でできる……というのは中々です。

 

幸いな事に、現状GRクリーチャーの中でカードパワーの高いクリーチャーは「自分の場にクリーチャーがX体以上並んでいる時」という、大量展開を前提としたクリーチャーが多いです。それらのカードやGR召喚がメインのデッキが流行った際にはそのメタカードとしてしっかり活躍できる事でしょう。GRクリーチャーは、バウンスでも超GRへと戻るので、バウンスのデメリットを気にしなくても良いという点も追い風と言えるでしょう。

 

まとめ

自身のスペックを最大限生かすには、相手にもやや依存する点が厳しいですが、その分はまった時の強さはマスターカードらしいものとなっています。

今後水文明のオーラデッキを使いたいという方は、切り札として2~3枚持っておきたいですね。

 

以上。ポフルでした。