ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《二重音奏 サクスメロディ》考察―タップインだからってなんでも許されると思っているのか【デュエル・マスターズ】

GR召喚を可能とするメタリカは音楽関係という事で、ちょっとメタリカへの好感度が上がるポフルです。

今までのメタリカとは別に、GR召喚主体のメタリカも作りたいと思いたくなりますね。

 

今回は、《二重音奏 サクスメロディ》を考察していきましょう。アニメにて登場しましたね。

 

 

 

カード情報

 


二重音奏 サクスメロディ

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ/ワンダフォース

コスト6 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分の光のクリーチャー1体につき、GR召喚する。こうしてGR召喚したGRクリーチャーは、バトルゾーンにタップして出る。


 

考察

GR召喚可能なメタリカのカードですね。

その能力は、自分の光のクリーチャーの数だけGR召喚するというとんでもない物です。この子自身が光のクリーチャーなので、1体はGR召喚できるという事になりますね。

 

大量展開が得意なメタリカにとって、この子の能力で大量のGRクリーチャーを並べる事は容易と見ていいでしょう。優位な場をさらに優位にできる、メタリカらしい能力と言えますね。

複数回のGR召喚を行うという事は、ある程度狙ったGRクリーチャーを出す事も可能という事です。《煌銀河 サヴァクティス》のような切り札級のクリーチャーを狙って出す事も可能でしょう。

 


煌銀河 サヴァクティス

光文明 マスター・ドラゴン/メタリカ/ワンダフォース

コスト5 パワー3500+

GRクリーチャー

■バトルゾーンに自分のメタリカが4体以上あれば、自分の他のメタリカすべてに「ウルトラ・セイバー:マスター・ドラゴン」を与える。(自分のマスター・ドラゴンがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分の「ウルトラ・セイバー:マスター・ドラゴン」を持つクリーチャーを1体破壊してもよい)

■超天フィーバー:バトルゾーンに自分のメタリカが7体以上あれば、このクリーチャーのパワーを+4000し、「ブロッカー」と「W・ブレイカー」を与え、自分のターンの終わりにアンタップする。


 

www.dmasters-pohu.com

 

かなり強力なカードですが、この子の能力で出てくるGRクリーチャーはタップインしてしまう点が少し気になるところです。しかし、《煌銀河 サヴァクティス》なら自身でデメリットを打ち消す事が出来ますし。《奇石 イシガネ/センキン・ウォール》の呪文面の発動で自軍を一気にアンタップできます。

また、攻撃曲げ(+天鎖等の高パワークリーチャー)やブロッカーを用意しておけば、ある程度守る事もできますね。自身がブロッカー持ちである点もうれしい所です。

今までの大量展開が可能なメタリカのデッキに適当に入れたとしても、自身のスペックをしっかり引き出しつつデメリットもある程度解消できる……と、かなりインチキ臭い気がするカードになっていますね。

 

まとめ

メタリカとしっかりシナジーしつつ、今回のマスターカード《煌銀河 サヴァクティス》ともシナジーしつつと、すさまじいカードと言えますね。

GR召喚を使ったジョーカーズが注目されていますが、メタリカも負けてはないような気がしてきますね。

 

以上。大量に持ってるメタリカ関連のカード。もう一度洗い直します。ポフルでした。