ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《螺旋塔 モナイアス》考察―生きてたんだねムートピア!!!【デュエル・マスターズ】

最近、「デュエル・マスターズ」 しかアニメを見ていないのですが、某軽音学部アニメや某ギャルゲーの神のアニメとか見てたらなんかアニメ見直したくなってきました。ポフルです。

 

本日は、そんなアニメ「デュエル・マスターズ!」 にて登場した《螺旋塔 モナイアス》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


螺旋塔 モナイアス

水文明 ムートピア

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。

■自分が呪文を唱えた時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。


 

考察

水文明の新規カードのすべてがトリックスだったので、「もうムートピアの新規は来ないのではないか」と思っていましたが、ここにきてこのカード。

生きとったんかムートピア!!!!

という喜びの声と共に、本日の考察をはじめていきましょう。

 

出た時の2ドロー、そして呪文を唱える度に相手のクリーチャーを行動停止する能力を持ちますね。

 

出た時にカードを2枚ドローする能力によって、ひとまずただ出すだけでアドバンテージを得る事はできます。とはいえドロー枚数自体はそこまで多くは無いので、出来れば呪文を唱えた時の能力をうまく使いたいですね。

 

対ビートダウンにおいて、この能力を発動する事が出来ればかなり心強いですね。除去ではなく行動停止なので、システムクリーチャーの除去には向きません。その分《煌龍サッヴァーク》のような除去耐性持ちの動きを止める事が出来る点は優秀と言えるでしょう。タップ(フリーズ)と違い、龍終のような自身のクリーチャーをアンタップする能力を使われても問題ないという点はうれしいですね。

 

行動停止能力を使うには、呪文を唱える必要があります。6コストも払った上で呪文まで唱える必要があると、中々構築もプレイングも難しい所です。踏み倒す事が出来る呪文である《シンクロ・スパイラル》や、攻撃時の踏み倒し能力を持つ《魔法前線 ハリンセン》等との組み合わせでこの辺りの欠点は解消していきましょう。

特に《シンクロ・スパイラル》との相性は良好です。1体水のクリーチャーが必要になりますが、行動停止でどうにもできないシステムクリーチャーを手札に戻し、他のクリーチャー2体を行動停止と、計3体のクリーチャーを足止めできますし、それによって《シンクロ・スパイラル》のためにタップしたクリーチャーを守る事にも繋がります。

「都合よく《シンクロ・スパイラル》が手札にあるとは限らないじゃないか」なんてどんなカードにも言える欠点を挙げる方には《龍装艦 スペルエビート》の存在を挙げておきましょう。

 

当然、現在主流の青単ムートピアで使われている1コスト呪文達との相性も良いですね。連発する事に長けた《セイレーン・コンチェルト》や、やはり賛否あるみたいですが《ア・ストラ・ゼーレ》を使って、手札やマナを減らす事無く相手クリーチャーをどんどん行動停止にしていけます。その姿は新章デュエル・マスターズ開始前のコロコロ付録の冊子についていた「自分はやりたい放題やる」的な文通りの姿だと言えそうです。

その重さから《I am》軸と言える現行のムートピアには採用し辛いですが、この子の為に新しいデッキを作ってみたいと思える位には魅力のあるクリーチャーですね。

 

スピードアタッカーに弱い点、マッハファイターに微妙に狙い撃ちされそうなパワーと、欠点も挙げる事はできますが、そんな事より、最初に書いた通り、

ムートピアの続投が決定した

という点をいち早く知る事が出来たことが、最大の魅力ですね。

 

まとめ

新章時代からムートピアを使ってきた方にとってはうれしい、新規ムートピアの登場でした。

とにかく「生きとったんかムートピア!!!!」という気持ちが強いです。

 

以上。正直、メタリカ続投が決定した事よりも嬉しかったポフルでした。