ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】投稿デッキ「ボルショック・ボルシャック」診断【デュエル・マスターズ】

尖ったデッキは個人的に大好き。ポフルです。

とはいえ最近はどうしても安定したデッキを組みがちになっているので、そういったデッキも組んでみたいところです。

 

本日はデッキ診断コーナーです。名無し人様よりいただきました「ボルショック・ボルシャック」です。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

名無し人

 

デッキ名

ボルショック・ボルシャック

 

デッキ内容

ボルシャック・NEX×4

ボルシャック・クロス・NEX×3

ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚×4

ボルシャック・スーパーヒーロー×4

ボルシャック・ドギラゴン×4

ボルシャック・ドラゴン×4

ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー×4

ボルシャック・ファイヤー×2

ボルシャック・ルピア×4

超次元ボルシャック・ホール×3

超竜キング・ボルシャック×4

 

(超次元ゾーン)

時空の火焔ボルシャック・ドラゴン×2

 

診断基準

メタは考慮しない

 

その他

ボルシャック英雄譚や決闘者・チャージャーの考察でポフルさんが書いていた「デッキの中身を全部ボルシャック系で埋めれば…」を自分なりに形にしてみました。作って思いましたがデッキのコスト高すぎで回るのかすら分かりませんね。

 

診断

ボルシャックだ!!!!

 

このブログでは書いていないですが、密かにデッキを作成して親友とのデュエマで使い、「ああ、中々良いデッキなんじゃないかな?」くらいの実力を発揮してくれていたボルシャック。

他の方もこうしてデッキを作っている所を見るに、

やはりボルシャックというカテゴリは、デュエマの中でも人気のカテゴリなのかな

と思いますね。

 

さて、本日名無し人様が投稿してくださったボルシャックデッキは、「ボルシャックと名の付くカードですべて統一したデッキ」という事です。

「尖らせたなぁ……」と思いつつ、コメントでは

「ボルシャック英雄譚や決闘者・チャージャーの考察でポフルさんが書いていた『デッキの中身を全部ボルシャック系で埋めれば…』を自分なりに形にしてみました。」

との事。

 

 

うん。

しっかり書いてますね!!!

 

そういう事書いてる横で、ちゃっかり「ボルシャックNEX」との折衷案的構築でお茶を濁した私。

申し訳ないッ!!!!

 

……与太話はこの辺にしておいて、このデッキを考察していきましょう。

「ボルシャック」でデッキ内をすべて統一しているので、《決闘者・チャージャー》が「3コストで3ドロー+マナブースト」とかいう意味不明パワーカードとなり、ボルシャック英雄譚は「4体以上くらいのドラゴンを安定して踏み倒す呪文」というフィニッシャーに相応しい性能となっているわけですね。

 

ただし、名無し人様のコメント通り重すぎて回るかどうかわからない部分はありますね。

3コストブーストである決闘者チャージャーを3ターン目に放つことができるかどうか、そしてその決闘者・チャージャーによってボルシャックホールか次の決闘者・チャージャーを引き込めるかどうかにかかっています。

 

ある意味では、

尖らせたデッキらしい豪快なデッキ

とも取れるでしょう。

 

このデッキの改造案、できる限りこの尖らせた構築を活かす方面での改造案として、2つ挙げることができますね。

 

  • 《ボルシャック英雄譚》を軸とし、豪快な踏み倒し能力によるワンショットキルを狙う。
  • 《決闘者・チャージャー》→5コストで出せるボルシャック→キングボルシャックへの進化を軸に、膨大なリソースと優良大型クリーチャーによる中速ビートダウンを狙う、キングボルシャック軸

 

個別に解説していきます。

 

《ボルシャック英雄譚》軸

ボルシャック英雄譚による踏み倒しによって一気に勝利を目指す構築になります。

 

非ツインパクトである《ボルシャック・ドラゴン》はいっそ抜いてしまい、《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》を採用するだけで、《ボルシャック英雄譚》の爆発力を高める事ができます。

 

英雄譚によってウルフェウス+ボルシャックNEXのセットを捲る事が出来れば、NEXの能力でボルシャック・ルピアをリクルートし、もう一枚の英雄譚をサーチ。そのまま流れるようにウルフェウスでもう一度英雄譚を唱える事が可能となりますね。

 

 

マナブーストが少なく、重いカードが多い関係上、対ビートダウン耐性は考えておきたいところです。

このデッキの爆発力を維持したまま防御力を上げたいのであれば、いっその事《超次元ボルシャック・ホール》や《超竜 キング・ボルシャック》、あたりの《ボルシャック・ドギラゴン》に対応しないカードを抜いてしまい、《ボルシャック・コロドラゴン》や《ボルシャック・大和・ドラゴン》、《聖霊龍騎セイント・ボルシャック》のような他の非進化ボルシャックに変更してしまい、《ボルシャック・ドギラゴン》の成功率を高めるのがいいでしょう。

 

そこまで尖らせた構築に拘らないのであれば、《閃光の守護者 ホーリー》《スーパー・スパーク》等、光のトリガーカードに任せるのがいいでしょう。また、NEXによるリクルートに対応した《ピース・ルピア》も採用候補になりますね。

光のカードを採用する事によって、ウルフェウスの降臨が狙いやすくなる点もポイントですね。

 

《超竜キング・ボルシャック》軸

《決闘者・チャージャー》→《超次元ボルシャック・ホール》《ボルシャック・コロドラゴン》によって、4ターン目にパワー13000のT・ブレイカーで殴る事が出来る《超竜 キング・ボルシャック》を使った中速デッキです。

《決闘者・チャージャー》によって手札とマナが充実するので、火文明とは思えない程のリソースによる暴力が楽しめます。3ターン目にT・ブレイカーで殴りかかる「レッドゾーン系統デッキ」との差別点としてはこのリソースの多さが挙げられますね。また、《超次元ボルシャック・ホール》の存在から、《奇石ミクセル》《ポクチンちん》程度の踏み倒しメタは気にせず展開できます。

 

《超次元ボルシャック・ホール》の増量、《ボルシャック・コロドラゴン》を優先する他、基本的に《ボルシャック・ドラゴン》の上位互換となる《ボルシャック・大和・ドラゴン》あたりは入れておきたいところでしょう。

 

この構築の場合、《ボルシャック英雄譚》は、「ゲームが膠着状態に陥った時のパワーカード」としての採用となります。英雄譚の爆発力自体は減りますが、スピードアタッカーが多い為、天門や《Dの牢閣メメント守神宮》を採用したような、ブロッカーマシマシのデッキだったとしてもごり押しが利く事となるでしょう。序盤にシールドを減らせば減らすほど、英雄譚にて出てくるスピードアタッカー達の威圧がすさまじいものとなってくれそうです。

 

どちらの構築にも共通して言える事

基本的に非ツインパクトの《ボルシャック・ドラゴン》よりは、《ボルシャック・大和・ドラゴン》の方が実用性が高いです。

 

また、もしそこまでボルシャックに統一に拘りが無いのであれば、《勇愛の天秤》、《ボルシャック・ドギラゴン》との兼ね合いも考えるなら《カツラデランス/「アフロいきま~す!!」》は採用しておきたいところです。2ターン目の手札交換によって3ターン目の《決闘者・チャージャー》の確率が高まります。

 

また、《コッコ・ルピア》→《ボルシャック・NEX》の動きを取り入れれば、4ターン目に《超竜キング・ボルシャック》で殴る為のプランがもう一つ出来る事になります。

ただし、マッハファイターやG・W・Dのようなカードには弱いので、その辺りが気になるのであれば無理して採用する必要はないですね。

 

まとめ

ここまで振り切ったデッキというのは個人的にかなり好きですね。

「このデッキの中の非ツインパクト《ボルシャック・ドラゴン》と、同じく非ツインパクトの《ボルシャック・クロス・NEX》は、それぞれ《ボルシャック・大和・ドラゴン》×3、《ボルシャック・コロドラゴン》×4に変えた方が、「何もできずに負ける」という状況は少なくなるか」程度の改造は指定ですが、私もここまで尖ったデッキをたまには使ってみたいですね。

色々改造案は書いてしまいましたが、楽しいデッキです。

 

以上。デッキ構築はやっぱり楽しい。ポフルでした。