ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《無修羅デジルムカデ》考察―オーラの魅力。伝われ。【デュエル・マスターズ】

「超GRスタートデッキ キャップのオレガ・オーラ・デリート」を購入して以来、オーラデッキに興味深々。ポフルです。

オーラが面白くてビートダウンに目覚めてしまいそうです。

 

本日は、今日発売となりました新パック「新世界ガチ誕! 超GRとオレガ・オーラ!!」にて収録のカード《無修羅デジルムカデ》を考察していきます。

コロコロコミックにて情報が出て以来、このオーラを使いたいと思った方も多数いらっしゃる事でしょう。

 

 

 

カード情報

 


無修羅デジルムカデ

闇文明 マフィ・ギャング/デリートロン

コスト5 パワー+4000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■相手のクリーチャーは、タップしてバトルゾーンに出る。


 

考察

闇文明の「オレガ・オーラ」ですね。

 

パワード・ブレイカーに関しては、現状深く考える事は無いでしょう。敢えて言うなら、「超GRの中身をパワー2000以上のクリーチャーで揃える事によって、必ず2打点持つクリーチャーを作る事が出来ますね」という、「キャップのオレガ・オーラ・デリート」攻略記事で散々書いた話位でしょう。

 

www.dmasters-pohu.com

 

やはり目玉となるのは、《卍 デ・スザーク 卍》を彷彿とさせる相手クリーチャーのタップイン能力ですね。

 

 


卍デ・スザーク卍

闇文明 マスター・ドルスザク

コスト8 パワー9000

■無月の門:自分の魔道具をバトルゾーンに出した時、自分の魔道具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚以上の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■このクリーチャーの下に4枚以上カードがあれば、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。


 

スピードアタッカーやマッハファイター、進化クリーチャーへのメタとなる点はもちろんの事、タップキルによって相手の展開を一気に縛る事が出来る強力な能力です。

《卍 デ・スザーク 卍》程の降臨スピードは無いですが、《ブロック・キング》や《永遠のリュウセイ・カイザー》のコストを考えれば、この能力を5コストで使う事ができる点はかなり強力だと言って良いでしょう。

プチョヘンザはバグ

 

また、GRクリーチャーを強化する事が出来るオーラの特性とタップイン能力とはしっかり噛み合っていますね。

《卍 デ・スザーク 卍》の唯一の欠点として、「自身のパワーよりも高いパワーを持つクリーチャーは、他のカードに頼らなければ除去できない」という点がありました。しかしオーラはそもそも「自身のGRクリーチャーを強化していく」というのがコンセプトです。コンセプトから逸脱する事無く制圧力を上げる事が出来るという点はかなりの利点と言えるでしょう。

相手が横に並べる場合でも、《*/零幻チュパカル/*》《プロト・コア》によるコスト軽減と、《*/肆幻ヨナビクニ/*》等のドロー能力を持ったオーラの組み合わせによる大量展開で対応できます。また、タップインのおかげで「出たターン直ぐに殴る事が出来る能力」を気にしなくても良くなるので、《*/弐幻スパイアル/*》や《*/弐幻ニャミバウン/*》のバウンス能力の使いやすさも向上します。

既存の水文明オーラとの相性はピッタリと言えるでしょう。

ここで挙げたオーラの考察については、基本的にしたの記事にて。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

また、同じく新規カードの《卍魔刃 キ・ルジャック》との相性も良好です。相手が横にクリーチャーを並べて対抗してきた場合に、デジルムカデに重ねる事で2体の確定除去による制圧ができます。また、破壊時の蘇生能力によって一緒に重ねてあるデジルムカデを再度場に戻す事も可能です。疑似的な破壊耐性の付与ですね。

また、この2枚を重ねるだけでパワーは+12000。パワード・ブレイカーで3打点と、フィニッシャーに相応しいスペックとなります。また流石にパワー+12000ともなれば、大抵のクリーチャーを戦闘破壊できるようになるでしょう。

 

問題点を挙げるとすれば、コスト5という微妙に重いコストでしょうか。ビートダウンの速度と決定力が上がりつつある現代では、コスト5でやっと後続のクリーチャーを許さない状態にできるという性能はやや物足りないかもしれません。

《卍 デ・スザーク 卍》自身が確定除去を持っていた点、そして《卍 デ・スザーク 卍》を出す為のカードとして、除去に優れてかつコストが低い魔道具を使用できた点と比較してしまうと、この辺りの問題点が目立ちそうです。

 

ただし、「タップイン能力」自体の強さは歴史が示す通りです。《卍 デ・スザーク 卍》然り、私の全国大会のグラスパーで使用した《ブロック・キング》然り。

この辺りの問題点を解消できるようなデッキ構築ができるのであれば、かなり化ける事となるでしょう。

 

まとめ

新時代のオーラです。タップインという強力な能力を持つ心強いオーラですね。

デッキビルダーの腕がなる、強力なオーラです。このオーラをきっかけに、色んな方にオーラの魅力に気づいてくれればなと思います。

 

以上。……なんかいいオーラ見つけたい。ポフルでした。