ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

各文明のバニラGRクリーチャーを考察しておく記事【デュエル・マスターズ】

本日2記事更新。ポフルです。

 

急な2記事更新なので少しあっさりした考察にしようかと思いました。そこで本日はバニラGRクリーチャーを考察する事によって、あっさり+量で勝負したいと思います。

 

 

 

考察

 

ジョーカーズ《The カップラー漢》

 


The カップラー漢

無色 ジョーカーズ/ワンダーフォース

コスト3 パワー3000

GRクリーチャー


 

考察

後述するつもりですが、他のバニラGRクリーチャー達は基本的にコスト3のパワー3000です。

無色であるジョーカーズは、パワーが高くなるのか低くなるのかちょっと気になっていた方も多いかと思いますが、パワー3000と標準スペックに落ち着きましたね。

 

バニラというだけあって基本的に書くことは無いのですが、GRクリーチャーの数が足りないけれどジョーカーズのGR召喚を行うデッキを組みたい場合には、ジョーカーズの数要員として扱えるでしょう。

ただし、《The ジョラゴンGS》や《超特Q ダンガンスティック》等、比較的軽い条件でパンプアップできるGRクリーチャーが存在しているジョーカーズでは、活躍の機会が無くなるのも早いかもしれません。

 

《超GR・チャージャー》が、「《漢》デッキ」において「運次第で《漢》を場に並べつつマナブーストができるカード」として扱う事ができるようになりますね。《The ガッツリ漢》を扱うデッキにおいては《超GR・チャージャー》と共に採用の余地があるかもしれませんね。今後超GR内を漢クリーチャーで染める事が出来るようになれば万々歳でしょうか。

また、《ガチャダマン》のマッハファイター付与を序盤でもそれなりに活かせるでもあるので、そちら方面での活躍もありかもしれないですね。

 

光文明《純白の意志 ヴィンチ》

 


純白の意志 ヴィンチ

光文明 メタリカ/ワンダーフォース

コスト3 パワー3500

GRクリーチャー


 

考察

光文明らしく、基本的なパワーである3000に500のボーナスが付いています。

 

文明や種族に拘りが無いのであれば、バニラクリーチャーの中では優先して採用しても……と思いますが、その場合には後述の《ワイラビⅣ》が気になる所です。

 

とはいえ、数並べる事を基本とするメタリカデッキにおいては、パワーが500高いという点は無視できないメリットです。割り振り火力の値をずらしたり、低火力カードの対象にならなかったり。今のところ自身の能力でパンプアップできるクリーチャーが《煌銀河 サヴァクティス》しかいない現状では、このパワーの高さが活きる事もそこそこあるかもしれません。

 

メタリカのGRクリーチャーが充実するにつれて使われなくなりそうな子ではありますが、現状のメタリカのGRクリーチャーとしては中々良い感じなのかもしれませんね。

 

水文明《無罪 TV-30》

 


無罪 TV-30

水文明 トリックス/デリートロン

コスト3 パワー3000

GRクリーチャー


 

考察

水文明だけ、新章から登場した「ムートピア」ではなく新種族「トリックス」である点が、なんだか複雑な所ですね。

 

パワー3000と、オーラによって強化していく水文明的には「パワーが高い方がパワード・ブレイカーの恩恵を受けやすい」と思いがちです。しかし、現在のオーラのパワー上昇値は、千の位が偶数の値で統一……されているのかはしっかり確認出来ていませんが、少なくとも汎用性の高いものはそんな感じになっています。

パワー+4000のオーラを与えようが、パワー+8000のオーラを与えようが、結局ブレイク数自体は変わりません。「パワー3000のGRクリーチャー」よりも「フィールドから離れた時にディスアドバンテージを回避できる能力を持ったパワー2000のGRクリーチャー」の方が優先されがちになってしまいますね。

 

よほどブロッカや火力、マッハファイターが蔓延するような環境でもない限り、1000の差を活かす事は難しい所です。

 

闇文明《ムガ 丙-三式》

 


ムガ 丙-三式

闇文明 マフィ・ギャング/デリートロン

コスト3 パワー3000

GRクリーチャー


 

考察

闇文明と水文明に関しては基本的に身体が弱い設定だったのですが、最近のデュエマ事情では必ずしもそうとは言えない感じになっていますね。

 

 

今のところ闇のGRクリーチャーは、これと《バクシュ 丙-二式》のみです。超GRから闇文明やマフィ・ギャングを引っ張り出したいのであれば採用候補となりますが、現状それが活かせるサポートはほとんどありませんね。

もしもマフィ・ギャングでコスト4以下かつGR召喚ができるクリーチャーが出てこれば、このカードと《メガロ・デストロイト》にもスポットが当たりそうなものですが、「オーラが主体」と銘打たれた事から、GR召喚が可能なクリーチャーの登場はもう少し先になりそうな気がします。そしてそのころにはもうマフィ・ギャングのGRクリーチャーは揃ってそうな気がしています。

 

今後の展開にもよりますが、もしかしたら今回のバニラGRクリーチャーの中で一番不遇の存在なのかもしれないですね。

 

火文明《ホッピー・ホップ》

 


ホッピー・ホップ

火文明 ビートジョッキー/ワンダーフォース

コスト3 パワー3000

GRクリーチャー


 

考察

パワー3000ですね。

強制バトルの存在がある火文明にとって、パワーが高い点はそれだけで心強い所があります。

 

火文明も、現状超GRを火文明で統一できない文明になっていますね。その分優秀なGRクリーチャーは揃っているので、今後カードプールの増加で抜けていくのも早いかもしれません。それでも、《"罰怒"ブランド》を使うデッキかつ《KAMASE-BURN》を使う場合には、数少ない「コスト3でミクセルに引っかかり辛い、パワー3000のGRクリーチャー」として採用候補となるでしょう。

 

 

自然文明《ワイラビⅣ》

 


ワイラビⅣ

自然文明 グランセクト/デリートロン

コスト3 パワー4000

GRクリーチャー


 

考察

コスト3でパワー4000。

さっすがグランセクトだ!!! 脳筋だぜ!!!

 

水文明の《重圧 CS-40》がコスト4でデメリット持ちのパワー4000だったのに対してこちらはコスト3でデメリット無しのパワー4000。

すばらしいね!!!

 

「パワード・ブレイカー」を与える能力によってブレイク数を増加させやすいので、オーラデッキにおいては文明の壁を無視して超GRに採用できます。

ただしオーラデッキの採用候補GRクリーチャーはコスト3に優秀なものが多いです。相手が《「本日のラッキーナンバー!」》を扱う場合、コスト3を宣言されて動きにくくなってしまうというデメリットもついて回る事は覚えておくべきですね。コスト4である重圧や補充も一緒に採用を考えたいです。

 

現状、自然文明で超GRを統一する事は不可能ですが、オーラと相性の良いGRクリーチャーが2種類存在している事、そして今回のGRクリーチャーがどちらも「デリートロン」とオーラ側の陣営である事から、今後の自然文明オーラに期待ができますね。

ももちゃんの闇落ちが見れるのか……?

 

まとめ

まだまだGRクリーチャーは種類が少ないので、バニラクリーチャーでも採用の余地は十分存在していると考えて良さそうです。

今後どうなるのかは分かりませんが、この辺りのGRクリーチャーも試しに使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。《ワイラビⅣ》好き。ポフルでした。