ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《墓標の封じ 遥典/六奇怪の三 ~意思を持つ水~》考察―多色ツインパクトがもたらすデッキ構築への恩恵【デュエル・マスターズ】

デッキ作成欲が止まらない。ポフルです。そのうちブログに書くつもりですが、貯金しなければいけないんですよね……。

 

さて、本日はとある理由で私のデッキ構築欲をくすぐるカード《墓標の封じ 遥典/六奇怪の三 ~意思を持つ水~》を考察していきます。

 

 

 

 

カード情報

 


墓標の封じ 遥典

光文明 メタリカ

コスト3 パワー3500

■ブロッカー

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■クリーチャーを、墓地からバトルゾーンに出せない。

■呪文を墓地から唱えることはできない。


六奇怪の三 ~意思を持つ水~

水文明 コスト3 呪文

■バトルゾーンにある相手の、クリーチャーではないカードを1枚選び、手札に戻す。

■カードを1枚引く。


 

考察

多色ツインパクトの1枚ですね。

クリーチャーとして

相手の墓地利用戦略を真っ向から否定するメタリカですね。

一応、墓地利用のメタリカとしては既に《封鎖の誓い 玄渦》が存在していましたが、あちらが露骨ではあるもののやや間接的なものだったのに対して、こちらはかなり直接的なメタとなっています。

 


封鎖の誓い 玄渦

光文明 メタリカ

コスト3 パワー3500

■相手の墓地にあるカードは、墓地を離れない。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

玄渦は、自分が引っかからない点と墓地回収まで防ぐ事ができる利便性が存在しています。遥典は墓地からの呪文詠唱も止める事が出来ます。また、前者は攻撃可能で、後者は攻撃不可能な代わりにブロック可能です。

墓地メタでありながら、どちらも毛色が違う墓地メタとしての活用となりますね。

後述する多色ツインパクトである点も踏まえ、封じたい戦術に合わせて使い分けたいですね。

 

玄渦と同じく3コストでパワー3500とそこそこ高いので、無駄になる事は少ないでしょう。メタリカである事から《龍装者 バーナイン》でのドローや《煌銀河 サヴァクティス》の強化の種としての活躍も考える事で、メタが利かない相手にもある程度活躍できるようにしておきたいところです。

 

呪文として

水文明のバウンス呪文です。ただし、バウンスできる範囲は「クリーチャー以外のカード」とかなり限定されています。

ドラグハート、D2フィールド、さらには新登場のオーラと、バウンス対象こそ広がっていますが、クリーチャーが主体の「デュエル・マスターズ」というカードゲームの都合上やはりクリーチャーをバウンスできない点は痛い所です。その代わりと言ってはアレですが、キャントリップが付いているので完全に無駄になる事は無いですね。

 

とはいえ、強力なD2フィールドを一時的にでも離す事ができる点は、思わぬ時に活躍する事もあるでしょう。メメントのブロッカー化能力で安心しきっている相手に奇襲を仕掛けるようなプレイングも出来ますし、ズンドコやマッドデッドウッドのような「Dスイッチを止められなかった場合に敗北する可能性が高いD2フィールド」を一時的に離す事が出来るのもうれしい所。

ツインパクトである点から、ピンポイントメタとしてはデッキ内で無駄になりにくいのも評価点ですね。

 

ツインパクトとして

どちらの面もピンポイントメタの印象が強いカードではあります。

ただし、それぞれメタ対象が違う点から、他のピンポイントメタカードよりは活躍の場面は多いでしょう。

 

両面ともに対「青魔道具」性能は高いですね。クリーチャー面で、墓地からの「虚無月の門」「無月の門99」を防ぐ事ができ、呪文面で《卍 新世壊 卍》を一時的に離す事も可能です。ただし、クリーチャー面は《堕呪 カージグリ》で離されてしまう事を考えれば決定的なメタとは言えないですし、マナがある程度溜まった後半に《卍 新世壊 卍》を剥がしても、次のターンにまた発動されて魔道具も装填されてしまいます。決定的では無さそうです。

 

www.dmasters-pohu.com

 

対黒単魔道具においても墓地からの「無月の門」を防ぐ事が出来る点はもちろん、《堕魔 ヴォ―ミラ》をほぼ置物状態にし、《堕魔 ドゥシーザ》一枚では対応できないパワーを持つと、中々優秀なメタカードです。

 

メタの範囲自体は恐らく思っているよりも広いので、「メタが利かない時の利用法」を多少想定した上で入れれば、中々面白い活躍をしてくれそうですね。

 

多色ツインパクトである事の恩恵

本来なら《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》の情報が解禁された時に気づくべき事だったのかもしれませんが、あの時はGR召喚のインパクトが強かった事と、レア以下にまで多色ツインパクトが出てくるとは思っていなかったって事で許してください。

 

多色ツインパクトの登場によって、今までの種族デッキの色構成を2色以上にする事がそこそこ容易になります。

私の過去のブログを見てくださっていた方ならご存じかと思いますが、私の昔のメタリカは「攻撃曲げと《神曲の法皇 ミラダンテ》のターン強制終了能力によって相手の攻撃をシャットアウトしよう」というデッキでした。

 


神曲の法皇 ミラダンテ

光/水文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

コスト8 パワー12500

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く

■T・ブレイカー

■相手のクリーチャーが攻撃してブロックされなかった時、攻撃の後、そのターンを終了する。

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、このクリーチャーのパワーが0より大きく、バトルゾーンに自分の光のクリーチャーが5体以上あれば、バトルゾーンを離れるかわりにとどまる。


 

www.dmasters-pohu.com

(上のデッキは初期のコンセプトとはまた方向性が違いますが、それでもミラダンテは採用しています。)

 

とはいえ、今まで「新章デュエル・マスターズ」に登場した新種族のクリーチャーには多色クリーチャーという物が存在しなかったため、過去の多色クリーチャーの中でテキスト上のシナジーは生まれていたとしても、種族間のシナジーを崩してまで他の色を採用をする勇気が出ないor旨みを感じないという事が多かったかと思います。

 

しかし今回、この多色ツインパクトカードが「新章デュエル・マスターズ」にて登場した新種族たち全員に配られました。収録数の差はありますが。

  • ジョーカーズ……火/自然
  • メタリカ……光/水、光/自然
  • ムートピア……水/光
  • マフィ・ギャング……闇/水、闇/火
  • ビートジョッキ―……火/闇
  • グランセクト……自然/光(グランセクトは既に各色バラギアラのおかげで揃っていますね)

と、各種族が属する文明の友好色が割り振られています。ムートピアとビートジョッキーのハブられ感はありますが……。

 

これによって、種族間のシナジーをそれほど崩す事無く、相性の良い他種族の多色クリーチャーを採用する余地が出てきたと言えそうですね。

 

多色カードの枚数には気を使いたいところではありますが、今までの常識に囚われない様々なデッキを組んでみたくなりますね。

 

今回の《墓標の封じ 遥典/六奇怪の三 ~意思を持つ水~》に関しても、「ピンポイントメタが刺さらない相手に対しては、多色のマナ基盤とするという選択肢が取れる」という点を頭に入れておくことで、デッキ構築の幅も広がるのではないでしょうか。

 

まとめ

カード性能としては、ピンポイントメタといったところです。環境を見る必要はあるものの、ツインパクトである点を踏まえれば刺さる相手は中々多いですね。

多色ツインパクトである点も、デッキ構築の幅を広げてくれそうな予感を感じさせます。是非他の多色ツインパクトも考察したいところですね。

 

以上。メタリカを初期の形に戻そうと決心しました。ポフルでした。久しぶりに神曲使いたい。