ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マナの長老 ジョウモン爺/枯れ葉マナ隠し》考察―対ウィニー特化ツインパクトみたいな【デュエル・マスターズ】

多色カード好き、ツインパクトカード好き……となれば、多色ツインパクトもかなり好き。ポフルです。

対応力の高さって素敵。

 

本日は《マナの長老 ジョウモン爺/枯れ葉マナ隠し》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


マナの長老 ジョウモン爺

自然文明 グランセクト/スペシャルズ

コスト7 パワー13000

■マッハファイター

■T・ブレイカー

■相手のパワー3000以下のクリーチャーはすべて、プレイヤーを攻撃できない。 


枯れ葉マナ隠し

光文明 コスト2 呪文

■パワー3000以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。


 

考察

グランセクトの多色ツインパクトですね。

 

クリーチャー面

マッハファイターを持ち、《ハイパー・マスティン》を思わせるような攻撃制限能力を持ちますね。

7コストでパワー13000のT・ブレイカーと打点も高いです。

 

同じく7コストのマッハファイターとして《ナ・チュラルゴ・デンジャー》が存在していますが、こちらはパワーが1000高いので、より多くのクリーチャーを一方的に破壊してくれます……が、1000の違いが活かせる場面は多いようで少ないです。

 

ウィニー対策の能力はかなり心強いですね。主に《"轟轟轟"ブランド》のお供として連れられるクリーチャー達の攻撃は完全にシャットアウトしてくれますし、ジョーカーズの大半を止めつつ、さらにGRクリーチャー達の攻撃も止めてくれます。

7コストと重たいのが難点ですが、そこは《魂フエミドロ》等のマナブーストで解決していきましょう。《バードリアント》デッキなら《ボントボ》から繋がる点もうれしい所です。当然《バードリアント》から出すのもアリですね。《ハイパー・マスティン》の影が薄く……。

 

呪文面

光特有のシールド送りです。

パワー3000以下という範囲は狭く感じますが、何より注目したいのはコストが2という点ですね。後攻でも《ヤッタレマン》等の一番隊に届くコスト帯という点はうれしい限りです。

 

今まで光文明で一番隊等を対策する場合、タップキルや《オリオティス・ジャッジ》あたりの3コスト以上で対応しなければならず、どうしても最速で動くジョーカーズ等の新種族に苦戦する印象だったのですが、この呪文のおかげで多少は軽減できるようになるでしょうか。オニカマスに対応しない点はやや残念ですが、そこは贅沢言い過ぎでしょうね。

 

パワーアップ条件を満たしていないGRクリーチャーに対応する点もうれしいですね。GRクリーチャーに対してはシールド送りも確定除去です。

 

また、自分のクリーチャーをシールド送りにできる事も覚えておくべきですね。使用済み《終末の時計ザ・クロック》をシールドに置いてもよし。単純にいらなくなったウィニーをシールドに置いてもよし。

ただし、この使い方の場合コストの高さに目を瞑れば《奇石ベイブレンラ/スーパー・エターナル・スパーク》の方が応用が利くという点は覚えておきたいですね。

基本的には相手の一番隊あたりのメタとして採用し、一番隊等を採用していないデッキに対してはクリーチャー面を使い、自分のクリーチャーをシールドに送るのは余裕があれば……という認識で使うのが良いかもしれません。

 

ツインパクトとして

両面とも「パワー3000以下対策カード」としての印象が強いですね。

パワー3000以下のクリーチャーを使わない相手にはジョウモン爺のマッハファイターと呪文面でのシールド補強くらいしか役割が無くなりますが、それでも「ジョーカーズや轟轟轟へのメタとして採用しながらも、マッハファイターのおかげでその他デッキにも無駄になりにくい」と考えれば十分なものですね。

 

また、多色ツインパクト故にマナ基盤として扱う事が出来る点も特筆しておきたいですね。

パワー12000以上を扱うグランセクトデッキでは、何かと相性が良かった《Dの牢閣 メメント守神宮》《獅子王の紋章》《金色目 ポラリス》を手出ししやすくなりますね。ポラリスを好んで使う方はあまり見ないですけれど。

 

凄く個人的な話ですが、このカード今のところシングル価格かなり低いんですよね。思わず買い占めようかと思ってしまいましたが、ひとまず自分で使う分だけに留めました。

 

まとめ

対ウィニーとしての性能はかなり高く、ウィニー主体のデッキを相手にする際には心強いカードとなるでしょう。

ビッグマナ系でそうしたデッキに弱いと感じた時、S・トリガー以外で対策カードが欲しいと思った際には是非刺して置きたいところですね。

 

 

以上。アルカクラウンに入れるか迷う。ポフルでした。