ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《シニガミ 丁-四式》考察―すごく良いカードではある【デュエル・マスターズ】

GR召喚。皆様体験していますか?ポフルです。

オーラ(プロキシ有)、メタリカ(プロキシ有)を構築して私もGRの波に乗り始めています。

早く金銭事情何とかしたい。うん。

 

本日は、《シニガミ 丁-四式》を考察していきましょう。『100%新世界!超GRパック』収録のカードです。

 

 

 

カード情報

 


シニガミ 丁-四式

闇文明 マフィ・ギャング/デリートロン

コスト4 パワー4000

GRクリーチャー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。


 

考察

現状、GRクリーチャーの基本的な共通点として

「パワーが4000を超える場合には、何かしらのデメリットや条件が付く」

という物があります。パワーの高さがウリの自然文明だけは例外ですが。

 

そんな中、攻撃制限も無く、パワーアップの条件も無いこのGRクリーチャーの登場は中々に衝撃だったと思います。

 

ただし、デメリットが無いわけではありません。フィールドから離れた時に、山札の上から2枚を墓地に置く能力が付いていますね。

 

普段のデュエマであれば「強制だけど、墓地利用カードと合わせて実質メリット能力じゃん」と言われるところですが、そんな単純な話ではなさそうです。

GRクリーチャーである点が、この能力をデメリットらしくしています。

 

《堕魔 ヴォガイガ》と比べる事で、そのデメリットの存在がわかるかと思います。

 


堕魔 ヴォガイガ

闇文明 マフィ・ギャング/魔道具

コスト4 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置く。その後、闇のカードを1枚、自分の墓地から手札に戻す。

■自分の魔道具クリーチャーを召喚するコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。


 

www.dmasters-pohu.com

ヴォガイガの墓地肥やし能力は強制ですが、「それがヴォガイガの弱みになるか」と問われると、「そうではない」と考える方が多いでしょう。

メインデッキに入るカードは、使うか使わないかの選択ができるので、ヴォガイガの墓地肥やしが有効に働く序盤にはヴォガイガを積極的に出し、デッキの残りが少なくなった後半には、マナに置くか手札にキープする事によってデメリットを発動させないようにするという選択が可能です。(《父なる大地)等は考慮しないものとする)

 

ただし、GR召喚はそういうわけにはいきません。GR召喚によって出てくるクリーチャーはランダムなので、極端な話「前半に《シニガミ 丁-四式》が全く出ず、デッキが少なくなった後半に始めて出てきた事で、1発の除去カードが致命的になった」という状況も少なくは無い筈です。

メインデッキに入るデメリット持ちクリーチャーと比べると、不確定要素が強すぎて「デメリットをメリットに変換する」という戦術を安定して狙うのが困難となっているという事が、お分かりいただけるかと思います。

 

"轟轟轟"において重いデメリットを持つ《ドドド・ドーピードープ》が必須とされているのは、「前半はG・G・Gの適用要員として、後半はそもそも手札が少ないのでデメリットを完全に無視できる」と、どんな状況でもデメリットをメリットに変換する事が出来る事が大きいでしょう。反面、他のデッキで《ドドド・ドーピードープ》を採用した場合、想定していない場面でのディスカードが仇となる場面も多いです。

 

また、墓地肥やしというのは結局「墓地回収や蘇生カードが無いデッキでは、山札を削るだけ」です。「墓地アド」なんて言葉こそありますが、墓地を扱う事を意識して組まなければ、所詮墓地は墓地でしかありません。

 

……と、「決して『実質デメリット無しのクリーチャー』とは言い難いんじゃない?」という事を述べてきました。しかしこのデメリットがデメリット能力ではあるものの、能力自体はそこまで重くなく、利用しやすいというのもまた事実ですね。

 

まだ闇文明のオーラは多くありませんが、《卍魔刃 キ・ルジャック》や《幽影スピナ・ペドロ》のように、墓地を利用するオーラはそこそこの数出ています。《シニガミ 丁-四式》が離れた時の墓地肥やしによって後者の《幽影スピナ・ペドロ》が落ちた場合には、実質1ドローのような感覚です。また、《卍魔刃 キ・ルジャック》を付けたシニガミが破壊された時、先にシニガミの能力を起動し、上手く《ア・ストラ・ゼーレ》や《極幻夢 ギャ・ザール》を落とす事が出来れば逆転の芽が出てきます。

 


幽影スピナ・ペドロ

闇文明 マフィ・ギャング/デリートロン

コスト5 パワー+4000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■このオーラを、自分の墓地から使ってもよい。



卍魔刃 キ・ルジャック

闇文明 ドルスザク/マフィ・ギャング/デリートロン

コスト7 パワー+8000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーについているオーラ1枚につき、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■これを付けたクリーチャーが破壊された時、コスト6以下のオーラを1枚、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

そもそもパワー4000なので、パワード・ブレイカーを持たせる事による恩恵は大きいです。パワー+8000の《卍魔刃 キ・ルジャック》や《幽具 ポイズ》を付ければ、それだけでT・ブレイカー相当のブレイクが可能です。

 

オーラデッキ以外での活躍も考えられますね。

墓地肥やしデメリットを無視できるわけではありませんが、《ドドド・ドーピードープ》のように手札を奪われるようなデメリットではなく、《ダスティン・ジョーバー》のようにタップインもしないので、パワー4000のGRクリーチャーの中では《ワイラビⅣ》に続いて使いやすいクリーチャーと言えそうです。《ガチャダマン》でパワー4000のマッハファイターが出せる事はうれしいですね。

 

「デメリット無し」と判断するにはやや早計かと思います。しかしながらデメリット持ちの中ではかなり緩めのデメリットだという判断はできるでしょう。

 

まとめ

GRクリーチャーの中では中々のパフォーマンスができそうなクリーチャーです。

デメリットの存在こそ気になりますが、それでもしばらくは幅広いデッキで使われる事になりそうですね。

 

以上。デッキ作りがんばる。ポフルでした。