ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《パラディソ・シエル》考察―某殿堂カードとは別物と思って使うべき【デュエル・マスターズ】

3つ位デッキ案が浮かんでいるので、泡となって消える前にまとめておきたいところ。ポフルです。

 

本日は《パラディソ・シエル》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


パラディソ・シエル

水文明 トリックス/ワンダフォース

コスト2 パワー13000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の水のクリーチャーを2体、手札に戻す。

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを3枚引いてもよい。そうしたら、手札を1枚捨てる。


 

考察

水文明にしては珍しく、「膨大なパワーと打点の高さを誇る代わりにデメリットが存在するクリーチャー」となっていますね。

 

2コストパワー13000のT・ブレイカーで、殴る時に《プラチナ・ワルスラS》と同じドロー能力を持ちますね。

 

コロコロコミックで情報が解禁された際には、「《プラチナ・ワルスラS》を殿堂させたくせにこんなん出すとか頭おかしい」なんて意見が飛び交っていました。

 


プラチナ・ワルスラS

水文明 マジック・コマンド/イニシャルズ

コスト3 パワー6000

■進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを3枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる。


 

 

しかしビートダウンとして考えた際には流石に「進化させる場合、進化元を含む3体のクリーチャーが必要」という点がかなり足を引っ張りますね。

 

《プラチナ・ワルスラS》は、1体のクリーチャーを消費してW・ブレイカーを形成するので、「カード消費面で見た場合には1枚の消費ではあるものの、打点形成としてはスピードアタッカーを出すのと変わらない」という点が強みでした。

  • 水文明のクリーチャー1体が存在している時に、《プラチナ・ワルスラS》を出して殴った→2打点
  • 水文明のクリーチャー1体が存在している時に、《解体屋ピーカプ》を出して殴った→2打点

 

これに加えて「1回の攻撃でカード消費を回復できる」という点もまた恐ろしい所でしたね。トリガーを踏んで即座に退場したとしても、回復した手札でまた次の攻め手を出す事ができます。

 

反面、《パラディソ・シエル》は《プラチナ・ワルスラS》のように即座に殴る場合、前述の通りクリーチャー3体が必要になります。この場合、

  • 3体のクリーチャーでそのまま殴る→3打点
  • 1体のクリーチャーを《パラディソ・シエル》に進化させ、もう2体を手札に戻す→3打点

と、打点の面ではそのまま3体で殴るのと全く変わりませんね。

もう少し踏み込んで考えると、

  • 3体のクリーチャーとは別のスピードアタッカーを出す→4打点
  • むしろ、3体のクリーチャーの内1体を《プラチナ・ワルスラS》に進化させて殴る→4打点

という事も言えます。

 

ビートダウン的に見れば、「《パラディソ・シエル》は《プラチナ・ワルスラS》をしっかり調整したカード」という事がわかるカードになっていますね。

NEO進化しない場合は、1ターン除去から耐えきらなければならない上に「次のターンの攻撃までドローできない」という事も言えますね。《キリモミ・ヤマアラシ》とかありますけれど、シエルの為に単体ではどうしようも無いキリモミを入れたいかという問題も出てきますしカード消費も気になりますし云々。

 

ビートダウンで使う場合、非オーラによるGRクリーチャー、その中でも「複数回のGR召喚が可能なタイプ」や「クリーチャーの召喚時にGR召喚が可能なタイプ」等、「1枚のカード消費で複数回のGR召喚が可能なカード」等と組み合わせる事によって「3体(非進化で出す場合は2体)のクリーチャーを簡単にそろえる事が出来るデッキ」で活躍させたいですね。

召喚時にGR召喚ができるようなクリーチャーなら、バウンスする事で再度GR召喚も可能になります。この辺りは、《プラチナ・ワルスラS》にはできない芸当ですね。

 

どちらかと言えば、「《プラチナ・ワルスラS》の代わり」として見るよりも「新たなコンボパーツ」として見た方が良いのかもしれません。

自身のクリーチャーをバウンスする能力は、ビートダウンとしては「自身の打点を減らす上に、『クリーチャーが2体以上いないと出せないデメリット』」と見えてしまいます。ただしコンボパーツとして見れば、「出た時能力を持つクリーチャー+自身を使い回す為のセルフバウンスカード」として見る事も可能ですね。

極端な話ですが、マナが12マナ程あれば、「2コストクリーチャーを出して、出た時能力を使い、2コストで《パラディソ・シエル》を出して、使用済みのクリーチャーと《パラディソ・シエル》の2体を手札に戻す」を3回行う事ができますね。《フィーバー・ナッツ》のようなコスト軽減、《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》によるマナブーストによって、容易に無限ループが完成します。

かなり極端な例ではありますが、こうしたセルフバウンスによって何かしらのエンジンを作成する……なんて事は可能かもしれません。

 

まとめ

 《プラチナ・ワルスラS》と似たようなカードですが、考察していけば少しずれたカードだったという結論になるカードです。

その分、《プラチナ・ワルスラS》とは一味違ったカードとの組み合わせも考えられますね。デッキ構築欲をくすぐる面白いカードだと思います。

 

以上。デッキ組まなきゃ。ポフルでした。