ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《BAKUOOON・ミッツァイル》考察―これぞSRと言うべきド派手クリーチャー【デュエル・マスターズ】

 

難しいです。ポフルです。

とはいえデッキの全体像は出来て、後は安定性を高めていくだけだと感じたので、完成は近そうです。見てわかる通り、「勝利を目指す」というよりは「カッコいい勝ち方を目指す」というタイプのデッキになっているので、出来てそこそこの勝率を収める事ができた際には、どこかで紹介したいなと思います。

 

 さて、本日はそんな九極侵略とはほんの少しかすっている程度でほとんど関係ない《BAKUOOON・ミッツアイル》の考察です。

 

……尚、私の通常九極侵略はこちら

なぜかよくアクセスされる記事ですが、今回の考察記事とは全く関係ないのでスルーしてもらっても構いません。

 

 

 

カード情報

 


BAKUOOON・ミッツァイル

火文明 ビートジョッキー/ワンダーフォース

コスト9 パワー9000

■このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。

■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。


 

考察

 自分のクリーチャーを破壊した数だけ自身のコストを軽減できる、ひと昔前のビートジョッキー(B・A・Dやガンブルマンの時期)を思い出しますね。

 

 破壊によって減ったクリーチャーは、自身のGR召喚能力によって容易に回復できますし、自分のクリーチャーすべてにスピードアタッカーを与える事によって打点を減らす事もありません。

カードパワーたっかいなぁ……。

 

超天篇のビートジョッキー達は、破壊された際に能力を発揮するクリーチャーが多いです。これらと併用する事によって更なる真価を発揮してくれるでしょう。《DOKIDOKI・ザイナマ》《TEKUTEKU・ボンバヘイ》あたりがその代表ですかね。

 


DOKIDOKI・ザイナマ

火文明 ビートジョッキー/ワンダーフォース

コスト4 パワー2000

■このクリーチャーが破壊された時、GR召喚を2回する。



TEKUTEKU・ボンバヘイ

火文明 ビートジョッキー/ワンダーフォース

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーが破壊された時、GR召喚する。


 

 

これらのような破壊時にGR召喚が出来るクリーチャーと組み合わせる事によって、「コスト軽減して出したのに場のクリーチャーが減っていない、しかも全員スピードアタッカーで突撃してくる」なんて状態を簡単に行う事ができますね。

 

当然、ビートジョッキーの定番《ダチッコ・チュリス》との併用も考えられます。ダチッコを破壊して更にGR召喚の回数を増やす事もできますね。

 

個人的に推したい点として、文明や種族に関係なくすべてのクリーチャーにスピードアタッカーを与える事が出来る点ですね。

特に場にビートジョッキーを揃える必要が無い構築の場合、採用するGRクリーチャーに幅を利かせる事が出来ますね。

クリーチャーが多ければ多い程強化される《フォー・ユー》、ターン終わりにアンタップする事で殴り返しに強い《発起の意志 ラパエロ》、あまり推したくはないですが、2体揃えば高打点の《Mt.富士山ックス》、除去された時のディスアドバンテージを回復できる《補充 CL-20》等等。

 

また、闇文明のマフィ・ギャングと組み合わせて、スーサイド戦術のお供として扱う事も考えられます。

《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》、《ヘラルド・ルドゥーテ/ローズ・セレモニー》あたりの多色ツインパクトによって「種族デッキの形を大きく逸脱する事無く2色のデッキを作る事が出来る」という点は、《墓標の封じ 遥典/六奇怪の三 ~意思を持つ水~》にて触れた通りです。

 

マフィ・ギャングにてミッツァイルを採用することで、《魔薬医ヘモグロ》を破壊しながらGR召喚、《阿修羅ムカデ》を破壊してカードを消費する事無くパワー低下を飛ばす、となりに《闇の破壊神 ゼオス》を立てて邪魔なクリーチャーを退けるかカードを引く……と、すさまじいシナジーを感じますね。

 


闇の破壊神ゼオス

闇文明 マフィ・ギャング/デーモン・コマンド/スペシャルズ

コスト4 パワー12000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分のクリーチャーを1体破壊する。

■自分のクリーチャーが破壊された時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。

 →カードを1枚引く。

 →相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

《ジョルジュ・バタイユ》でも同じような事ができますが、あちらはだしたターンにすぐ攻撃出来るわけでは無く、墓地を増やすだけで直接的なアドバンテージを稼ぐわけではありません。中速寄りのミッツァイル、コントロール寄りのバタイユと考えて良いかと思いますね。

 

 

まとめ

火文明のSRらしく、かなり派手な性能を誇ります。

火文明のデッキに限らず、闇文明との相性も中々の物です。色々なデッキを考えたいですね。

 

 

以上。コスト9への過剰反応が過ぎる。ポフルでした。