ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《極幻智 ガニメ・デ》考察―The 水文明的オーラ【デュエル・マスターズ】

オーラを早く組みたいけれど、金銭的な事情が厳しい。ポフルです。

 

本日はオーラデッキに個人的必須カードと思っています《極幻智 ガニメ・テ》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


極幻智 ガニメ・テ

水文明 トリックス/デリートロン

コスト3 パワー+2000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーについているオーラ1枚につき、カードを1枚引く。


 

考察

クリーチャーに付けた時に、ついているオーラの数だけドローできるオーラです。

 

このオーラ自身も枚数として数えるので、最低でも1枚のドローは約束されています。よって、単体でも《アクア・ハルカス》等、水文明によくある「3コストパワー2000の1枚ドローできるクリーチャー」と同じように扱う事ができますね。むしろ元々のGRクリーチャーにパワーを+2000する事を考えれば、それらの上位互換のように扱う事も出来るでしょう。

 

さらに、オーラが他に重ねてあれば追加のドローも可能です。《*/零幻チュパカル/*》等のコスト軽減クリーチャーと合わせて大量にオーラを重ねながら大量のドローをしていきたいところです。そこに《幽影エダマ・フーマ》を貼り付ける事が出来れば、1枚程度の除去では動じないクリーチャーを作る事も可能です。

相手のデッキが火力のようなパワー制限のある除去に頼るデッキであれば、《*/零幻チュパカル/*》に積極的に重ねて行き、除去耐性を与えながらドローしていきたいところですね。そうでない相手で単体除去が得意な相手の場合は、無理せず新たにGR召喚する事を考えましょう。この子の「オーラが自身1枚だけでもカード消費を補う程度の仕事はしてくれる」という強みが活きてきますね。

 


*/零幻チュパカル/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト2 パワー+0000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■自分のオーラを使うコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。


 

 

「パワード・ブレイカー」を与える能力こそ持ちませんが、全体的な使い勝手としては《*/肆幻ヨナビクニ/*》よりも使いやすいドローソースとして扱える事でしょう。

 


*/肆幻ヨナビクニ/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト5 パワー+4000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)

■これをクリーチャーに付けた時、カードを2枚引く。


 

 

対ビートダウンデッキに対しては、トリガー持ちオーラのおかげで多少2ドローを狙いやすくなっている点は覚えておきたいところです。

トリガーオーラを複数発動する場合、この子の存在も考えてどれだけGR召喚するのかは考えておきたいですね。

 

まとめ

オーラデッキにとっては欲しかった待望の(と言う程の歴史はありませんが)軽量ドローソースです。

オーラカードらしく、使いこなすにはやや難しいカードですが、使いこなす事が出来れば、現代のオーラデッキを更なるステージに連れて行く事が出来そうです。

 

 

以上。早めに組みたい。ポフルでした。