ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《メタルトッQ》考察―速攻ジョーカーズ【デュエル・マスターズ】

GPにてGR召喚を使ったデッキが多かった事を見て、「デュエマの歴史が本当に変わりそうだな」と思ったポフルです。運の要素こそやや強いですが、使いこなせば心強い味方という事ですね。

 

さて、今回はそんなGRクリーチャーより《メタルトッQ》を考察していきましょう。

今週末に発売の100円パックに新規収録されるそうですね。

 

 

 

カード情報

 


メタルトッQ

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト4 パワー4000

GRクリーチャー

■このクリーチャーは可能なら毎ターン攻撃する。


 

考察

ジョーカーズのGRクリーチャーですね。《チョートッQ》がGR化したものでしょう。

コスト4パワー4000とスペックは高めですが、かわりに毎ターン攻撃するデメリットが存在しています。《チョートッQ》らしいですね。

 

基本的にビートダウンとなるジョーカーズにとって、毎ターン攻撃しなければならないデメリットというのはそこまで気になる所ではないかもしれません。ただし、「《ジョジョジョ・マキシマム》でトリガーを気にせずふっ飛ばす」というデッキの場合には、準備が出来ていない状態でも勝手に殴っていくこのカードのデメリットは気になるのかもしれません。

「決めに行く!」と決心したターンに狙って出す事が困難なGRクリーチャーだからこそのデメリットというのはどうしても気になりますね。

 

最初から《タイク・タイソンズ》のJチェンジを用いて積極的に殴っていくようなデッキであれば、このデメリットの心配はないかもしれません。そうでない場合は、「他のGRクリーチャーに任せた方が無難ではある」と言えるでしょう。ジョーカーズであれば《The ジョラゴンGS》の存在も気になる所です。

 

ジョーカーズ以外のデッキであれば、デメリット無しの《ワイラビⅣ》の方が優先されるでしょう。3枚目以降が欲しい場合に考慮されますかね。

 


ワイラビⅣ

自然文明 グランセクト/デリートロン

コスト3 パワー4000

GRクリーチャー


 

まとめ

ジョーカーズのデメリット持ちGRクリーチャーですが、そのデメリットはそこそこ軽く、ジョーカーズデッキであれば活躍できそうです。

他にも優先したいカードは存在していますが、デメリットがそこまで気にならない高パワーというバランスの取れたクリーチャーが欲しいなら是非。

 

 

以上。ポフルでした。