ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《シャギーⅡ》考察―神秘と不気味が交差する神イラスト【デュエル・マスターズ】

……グランセクトのGR召喚カードはまだか!!!! ポフルです。

ももちゃんはよ。

 

 本日はそんな私の想いとは裏腹に追加されていくグランセクトのGRクリーチャー、《シャギーⅡ》を考察していきます。

 

 

 

 

カード情報

 


シャギーⅡ

自然文明 グランセクト/デリートロン

コスト3 パワー2000

GRクリーチャー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。


 

考察

イラストについて

まずはイラストから言わせてください。と言っても、そこまで表現力に自信は無いのであれなんですけれど。

デリートロン特有の不気味なチップとデジタルな模様。それとは対照的に、どこか青みがかかったように見える白と、まわりの風をイメージしているかのようなエフェクトによる神秘な感じ。

この不気味さと神秘性が上手く調和したこのイラスト。

神か……。

ちょっとそんな感じの事を思ってしまいました。

元々運任せのイメージが強いGRゾーンですし、「この子をお守りとしてデッキに刺しておこうかしらん」なんて思ってしまいます。

 

肝心な中身について

改めてスペックを確認しましょう。

コスト3でパワー2000。フィールドから離れた時にマナ回収ができるGRクリーチャーですね。

 

場から離れた時のカード消費を補おうとするクリーチャーではあります。ただし、マナ回収というのは当然ながら「マナが減る」というデメリットも存在しています。通常のデッキで採用するのであれば、そういったマナの消費を考える必要が無い《補充CL-20》のようなカードを使う方が良さそうです。

 


補充 CL-20

水文明 トリックス/デリートロン

コスト4 パワー2000

GRクリーチャー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、カードを1枚引く。


 

 

とはいえ、「一度置いたらそのデュエマ中は使えない」が基本とされるマナのカードを使う事が出来るという点はうれしい所。マナを積極的に伸ばすデッキにおいてGRゾーンに忍ばせておけば、面白い活躍を見せてくれるかもしれません。

 

また、2019/04/16現在、グランセクトのみがGR召喚の方向性がつかめずにいる状態です。

グランセクトの方向性によっては、このクリーチャーの有用性が上がっていくかもしれませんね。

 

まとめ

とにかくこのイラスト。是非見て欲しい所です。

……スペック的にはGRらしく淡泊ですが、その分グランセクトに期待が持てますね。

 

以上。GRクリーチャーの考察は淡泊すぎて逆に難しい。ポフルでした。