ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《雪溶の鎖/堕牛の一撃》考察―初敵対色ツインパクト【デュエル・マスターズ】

次回GPが静岡。……お金貯めていきたいですね。ポフルです。

もしも行ける際には、こちらで報告させていただきます。

 

本日はGP8thにて先行公開されました超天篇第2弾のカード《雪溶の鎖/堕牛の一撃》を考察していきます。

 


デュエル・マスターズ グランプリ8th:『2ブロック構築』予選ラウンド

 

 

 

カード情報

 


雪溶の鎖

自然文明 ビーストフォーク

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーが破壊された時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


堕牛の一撃

闇文明 コスト1 呪文

■自分のクリーチャーを1体破壊する。そうしたら、カードを2枚引く。


 

考察

とうとう来ましたね敵対色ツインパクト……!

 

クリーチャー面

破壊時にデッキトップをマナに置く、2コストのビーストフォークですね。

ツインパクトでビーストフォーク!?

と思ってしまいましたが、よく考えれば同文明の旧種族ツインパクトカードには、スノーフェアリーの《雪風妖精チャユニクス/スノー坊のパトロール》がありましたね。

 

破壊時のマナ加速……ですが、同コストに《離撃の面 ジョンマジロ》が存在している点は向かい風ですね。

 


離撃の面 ジョンマジロ

自然文明 ビーストフォーク/革命軍

コスト2 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

パワーが1000高い上に破壊以外にも対応している点から、よほどの事が無い限りはジョンマジロが優先される事となるでしょう。

……一応、破壊耐性を与えて雪溶の鎖を破壊し続ける、パワーの違いを活かしてバッシュで蘇生する……なんてコンボも出来ますので完全下位とも言い切れませんが流石にピンポイントすぎますかね。

 

ツインパクトである点、多色カードである点を活かさなければなりませんね。

 

呪文面

むしろこのカードの魅力はこの呪文面ではないでしょうか。1コストで自身のクリーチャーを破壊して2枚のドロー。スーサイドが得意な闇文明と言えど、カード消費無しで自分のクリーチャーを破壊できるカードは無かった筈です。

 

単純に闇文明の新たなドローソースとしての採用も良いでしょう。しかし、このカードをやみくもに使っても、手札総数としてはプラスマイナス0。クリーチャーを場に展開しなければならない分を考えればまどろっこしい手札交換にしかなりません。出た時能力を使用した後のクリーチャーを使う他、この軽さを活かしたコンボも同時に狙う事によって、プラスマイナス0以上の活躍をさせたいところです。

 

ラスト・バーストを能動的に発動する手段としての活用。《卍月 ガ・リュザーク 卍》のような、条件さえ整えば容易に蘇生可能なクリーチャーを使った実質ノーコストの2ドロー。

主に闇文明を使う方であれば、活用方法を考えるのは簡単でしょう。《邪魂創世》や《邪魂転生》、《ルドルフ・カルナック》等ではややコストが重かったという方にとっては朗報ではないでしょうか。

 

ツインパクトとして

やはりクリーチャー面よりも呪文面を意識してデッキに採用する事になりそうです。

 

一応、ツインパクトカードによくある「同カード2枚でシナジーを形成する」という特徴は存在していますね。「《雪溶の鎖》を出し、《堕牛の一撃》を使って雪溶を破壊する事によって、手札を減らさずにマナブーストが出来る」という事も出来ます。呪文面が1コストなので、マナブーストによって呪文分のマナコストが実質タダになる点もポイントの一つでしょう。ズンドコ晴れ舞台、フィーバー・ナッツあたりと合わせてさらにブースト量の増加や使用コストの軽減を目指す……なんて事も考えて良いかもしれません。

 

現行のデッキの中では、「黒緑キュラックス」で使えそうですね。序盤から終盤まで《ラルド・ワースピーダ/H.D.2.》のラストバースト発動のトリガーとして使う事ができますし、マナ基盤にもなります。

 

 


ラルド・ワースピーダ

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー3000

■ガードマン

■このクリーチャーは攻撃できない。

■セイバー:グランセクト

■ラスト・バースト


H.D.2.

自然文明 コスト5 呪文

■プレイヤーを一人選ぶ。そのプレイヤーは、自身の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

クリーチャー面が他のスーサイドカードと相性が良い点も見逃せません。ツインパクトなので《コンダマ/魂フエミドロ》のサポートも受ける事が出来ます。

 

そうした現行のデッキ以外でも、スーサイドによるコンボを狙うデッキにおいては癖の無いカードとして扱う事ができそうですね。自然文明も扱うのであれば尚良しと言ったところですが、そうでなくても呪文面だけであれば闇文明のみの採用で十分です。むしろ序盤に発動した後《凶器03号 ガシャゴズラ》等での蘇生が狙えると、前向きに捉えるのがいいでしょう。

 


凶鬼03号 ガシャゴズラ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト6 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の進化でないクリーチャーを3体まで、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

■自分のクリーチャーすべてにスレイヤーを与える。


 

敵対色ツインパクトの恩恵

今回のカードは新種族では無く旧種族でしたが、明日更新予定の《赤攻銀 サハラン/レッド・マジック》のように「新種族の多色ツインパクト」が登場する事は確定的に明らかです。

《墓標の封じ 遥典/六奇怪の三 ~意思を持つ水~》のように、新種族の多色デッキ化の幅が広がりそうですね。

 

  • メタリカ……速攻戦術とラビリンスの相性が良い火文明、小型戦術とガシャゴズラの相性が堪らない闇文明。
  • ムートピア……増えた手札を有効活用できるマナブーストの自然文明、ビートダウンの代名詞的組み合わせとなる火文明。
  • マフィ・ギャング……質の良いクリーチャーで制圧力を高める光文明、優秀な大型を、蘇生だけでなく手出しも考えられるようになる自然文明。
  • ビートジョッキ―……上記と同じくビートダウンの代名詞水文明、優秀な小型クリーチャーで攻防共にサポートしてくれる光文明。
  • グランセクト……増えたマナを有効活用できる手札補充の水文明、除去力を補う闇文明。

 

ざっと考えただけでこれだけのメリットが考えられます。デッキの多色化をさらに進めたくなりますね。

 

まとめ

初の敵対色ツインパクトです。「敵対色ツインパクトのプロモーション」かとも思える低コストっぷりでしたが、その低コスト呪文面が中々面白いデッキを生み出してくれそうな予感がありますね。

他の敵対色ツインパクトも楽しみになってきます。

 

以上。敵対色好き。ポフルでした。