ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《赤攻銀 サハラン/レッド・マジック》考察―メタリカとしっかりマッチした敵対色ツインパクト【デュエル・マスターズ】

ブロッカーよりも攻撃曲げの方が好き。ポフルです。

 

本日は、先日ちらっと予告した通り《赤攻銀 サハラン/レッド・マジック》を考察していきます。

 GP8thの2日目にて公開されました。


デュエル・マスターズ グランプリ8th:『殿堂構築』予選ラウンド

 

 

 

カード情報

 


赤攻銀 サハラン

光文明 メタリカ

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。


レッド・マジック

火文明 コスト1 呪文

■このターン、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。


 

考察

昨日に引き続き、敵対色ツインパクトカードになりますね。

 

クリーチャーとして

3コストで呪文をサルベージできます。パワーも3000とやや高めですね。《マインド・リセット》あたりのカードを考慮しなければ《奇石ルービク》の上位互換と見て良いと思います。メタリカの呪文サルベージクリーチャーとしては、軽くて扱いやすそうです。

メタリカデッキでは、使用済みの《ジャミング・チャフ》や《エメスレム・ルミナリエ》 の再利用要員として活用できるでしょうか。

 

コントロール系のデッキでは、墓地回収との併用で容易な使い回しが可能な《黙示護聖ファル・ピエロ》や、ブロッカーを持つ為に多少長期戦に強めの《魔光王機デ・バウラ伯》が対抗馬に挙がってきますね。ツインパクトである点、多色である点でうまく差別化したいところですね。

 

呪文として

《キリモミ・スラッシュ》の効果そのままですね。

《キリモミ・スラッシュ》が使われなくなるかもしれないという懸念はありますが、多色ツインパクトである点からタップインを警戒してキリモミを優先する……という事も考えられるかもしれません。

 

基本的には軽量クリーチャーを採用したデッキでの奇襲要員でしょう。シンプルながら強力な能力です。スマッシュ・バーストを出たターン直ぐに発動させる為の採用も考えられるでしょうか。

 

ツインパクトとして

《キリモミ・スラッシュ》自体、《キリモミ・ヤマアラシ》と同様に「攻撃時能力を持つクリーチャーのサポート」としての採用が目立っていました。こちらも同様の役割としての採用が主となりそうですね。

 

メタリカとして考えた場合、呪文面の能力がメタリカ特有の大量展開と非常にマッチした性能となっています。また、《青守銀モルゲン》等の「攻撃曲げを持っているものの、出たターン直ぐに攻撃できないメタリカ」のサポート、そして早期のラビリンス達成のサポートとしても便利です。

《一番隊クリスタ》と《龍装者バーナイン》による大量展開を行い、余った火マナでスピードアタッカーを付与して一気に殴りかかるのも良し、モルゲンや翔天等を出したターンに唱えてスピードアタッカーを与えて殴りつつ守りに入るも良し。さらに言えば、クリーチャー面で回収しておくことによって相手に「いつスピードアタッカー軍団が襲ってくるかわからない」というプレッシャーを与える事もできますね。

 

ライバルとしては《金剛の断ち 那暮/ダイヤモンド・カッター》でしょう。

 


金剛の断ち 那暮

光文明 メタリカ

コスト8 パワー11500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーの数が相手のより多ければ、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から、コスト4以下のメタリカをすべてバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。


ダイヤモンド・カッター

光文明 コスト5 呪文

■このターン、相手プレイヤーを攻撃する事が出来ない効果をすべて無視する(召喚酔いや、「このクリーチャーは攻撃できない」または「このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない」などの効果を無視する)


 

www.dmasters-pohu.com

《ダイヤモンド・カッター》の発動に赤マナが必要ないという点が最大の評価点です。 その分コストは重いので「大量展開から流れるように一斉攻撃」はしにくいですが、デッキ構築とプレイング面のハードルは低めですね。

また、劣勢時に《ノヴァルティ・アメイズ》をスーパーボーナスで唱えてクリーチャー面を出す事が出来れば、劣勢をひっくり返す可能性があるという点もポイントでしょう。

 

とはいえ、2色程度なら多色ツインパクトのおかげで多少容易となった事も事実ですし、今回のGP8thにて優勝者の方が白赤のメタリカを使っていた事も事実。どちらもまた違ったメリットがあって良い。そんな感じでしょう。

 

まとめ

メタリカの多色ツインパクト。それもラビリンスと相性の良い火文明というだけあって、中々面白いカードですね。

今後の攻撃的なコンボデッキの主力カードとしての活躍も期待できる、注目したいカードと言えそうです。

 

以上。メタリカ使いたい。ポフルでした。