ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《スターダム・スタージアム》考察―大型ジョーカーズは侮れない【デュエル・マスターズ】

サッカーにはあまりいい思い出がない。ポフルです。

足のケガはするし鳩尾にボールが突撃するし、うん。

 

 本日は《スターダム・スタージアム》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


スターダム・スタージアム

自然文明 ジョーカーズ/ワンダーフォース

コスト8 パワー14000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を2回する。

■自分のGRクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

考察

出た時にGR召喚を2回行う大型ジョーカーズですね。

さらに、GRクリーチャーの登場に反応して相手のクリーチャーをマナ送りにする能力も持っています。

 

2回のGR召喚はうれしいですが、他文明の《BAKUOOON・ミッツァイル》や《二重音奏 サクスメロディ》と比べると、重さに対して控えめな印象を受けてしまいます。

 


BAKUOOON・ミッツァイル

火文明 ビートジョッキー/ワンダーフォース

コスト9 パワー9000

■このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。

■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 


二重音奏 サクスメロディ

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ/ワンダーフォース

コスト6 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分の光のクリーチャー1体につき、GR召喚する。こうしてGR召喚したGRクリーチャーは、バトルゾーンにタップして出る。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

……とはいえ、自分の場が空の状態でも安定して2回のGR召喚が出来る点は十分魅力的です。この辺りは流石自然文明と言ったところでしょうか。

 

コスト8と、Jチェンジ8に対応している点もうれしい所です。《ソーナンデス》からチェンジする事が出来る点はうれしいですね。

 


ソーナンデス

自然文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー7000

■マッハファイター

■Jチェンジ8(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト8以下のクリーチャーのジョーカーズと入れ替えてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。


 

www.dmasters-pohu.com

 

さらに、GR召喚する事によって相手のクリーチャーをマナに送る能力も備えています。自軍をこの子含めて3体展開しつつ、相手クリーチャーを2体処理……と言葉にしてしまうと中々恐ろしいですね。なんだかんだ出されると厄介だった《パック・リーマン》よりも更に安定して盤面の制圧ができますね。

 

自身が踏み倒し対象になっている点含め、全体的にJチェンジとの相性は良いですね。《スターダム・スタージアム》を出したターン中に、《タイク・タイソンズ》等のJチェンジによって《ガチャダマン》や《怒ピッチャコーチ》を出す事によって、さらにマナ送りを起動する事も可能です。

ただでさえコストパフォーマンスの良い「GR召喚」を、さらに強化してくれるシステムクリーチャーと言って良いでしょう。ただGR召喚するだけで、盤面制圧が可能となりますね。

 

この子がいる状態では、《行燈どろん》のような「GR召喚を行うトリガーカード」のコストパフォーマンスも上昇しますね。相手からしてみればこの子を除去しなければトリガーがさらに恐ろしくなるというジレンマにもなります。間接的に防御力も強くしてくれるクリーチャーと言えるでしょう。

 

マナ送りという除去が出る度「相手の使用できるマナが増えるデメリットがある」と発言していますが、GR召喚が流行っている環境においてはその心配も軽減されますね。GRクリーチャーを除去する場合には実質確定除去となってくれます。

ただし、オーラが複数枚張り付いているカードに使うと大量のマナブーストとなってしまうので、そこだけは気を付けておきたいですね。

 

まとめ

総じて、SRに恥じないカードパワーは秘めていると言えるでしょう。《パック・リーマン》等のような「いざ使われると対処に困る」タイプのカードとして、GR召喚を行うジョーカーズデッキの隠し味になりそうです。

 

以上。どちらかと言えばバスケしたい。ポフルでした。