ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】投稿デッキ「赤黒肉汁“轟轟轟” 2、3ターンキル」診断【デュエル・マスターズ】

来月にはデッキ診断コーナーを何らかの形で復活させたい。ポフルです。

そのためにも、しばらくデッキ診断コーナーを多めに更新する事になるかと思います。ご了承ください。

 

本日診断するのは、ガンブルマンは俺の嫁様から頂きました「赤黒肉汁"轟轟轟"2、3ターンキル」です。ありがとうございます。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

ガンブルマンは俺の嫁

 

デッキ名

赤黒肉汁“轟轟轟” 2、3ターンキル

 

デッキ内容

火文明

“轟轟轟”ブランド ×4

ニクジール・ブッシャー ×4

凶戦士ブレイズ・クロー ×4

グレイト“Sー駆” ×4

ミサイル“Jー飛” ×4

ホップ・チュリス ×2

龍装者 バルチュリス ×2

 

闇文明

堕魔 ザンバリー ×4

死手医 リンパ ×4

堕魔 ドゥグラス ×4

ビックリーノ ×2

撃髄医 スパイナー ×2

 

診断基準

内容送信日及び記事更新時の環境を考慮した上での診断

 

その他

一ターン目にニクジールと“轟轟轟”を出して2ターン目または3ターン目にキルを目指すデッキです。

 

診断

轟轟轟を使った超速攻デッキのバリエーションの一つと考える事が出来ますね。

しかしながら、黒を採用したデッキというのは中々珍しいですね。現在主流なのは白を混ぜた通称「赤白轟轟轟」と呼ばれるものです。轟轟轟が採用されたデッキには他にも「赤青クラッシュ覇道」「赤単轟轟轟」が挙げられます。その他にも、手札補充に少々難のあるデッキや「1ターンに大量のカードを消費できるビートダウンデッキ」において必ずと言って良い程入るデッキではあります。

ただ、赤黒のデッキに採用されているのは私的にはじめてかもしれません。

 

なんて事を書いていたのですが、どうやら双極編2ブロックでは使用されていたデッキではあるらしいですね。私ビックリーノ。

 

戦い方としては、「一ターン目にニクジールと“轟轟轟”を出して2ターン目または3ターン目にキルを目指すデッキです。」というガンブルマンは俺の嫁さんのコメント通りの速攻的なものとなりますね。ディスカードを行う《堕魔 ザンバリー》、赤単轟轟轟のキーカード《ニクジール・ブッシャー》を使って手札を減らし、《"轟轟轟"ブランド》の「マスターG・G・G」の条件を満たして一気に攻めるという物でしょう。手札を効率よく減らせるように、他にも《死手医 リンパ》のようなコスト1のクリーチャーが多く採用されている上に、《ビックリーノ》なんていうディスカードと相性の良いカードも採用されているのが面白い点ですね。仮に後攻を取ってしまい、先行1ターン目轟轟轟ができなかったとしても、

  • 後攻1ターン目にマナチャージから《堕魔ザンバリー》を召喚し、手札を1枚捨てる。(手札残3枚)
  • 2ターン目にマナチャージ。ザンバリー含む代替コストを使用して《ニクジール・ブッシャー》召喚、手札が残り1枚になるので"轟轟轟"ブランド

という事も可能にはなっていますね。

 

その速攻性能の前では、メタカードもトリガーも運次第にさせられる轟轟轟の特性上も相まって、決まった時の爽快感は高そうですね。

 

さて、例のごとく、良いなと思ったカードや、ちょっと採用に疑問を感じたカードを挙げていきたいと思います。

 

個別カード診断

《死手医 リンパ》

疑問カードがこちら。

攻撃不可能な、コスト1のパワー2000ブロッカーです。闇文明としては珍しく癖の無い軽量ブロッカーです。

疑問点として、「速攻デッキであるこのデッキで、攻撃不可能なブロッカーの必要性はそこまで高いかどうか」ですね。

 

このデッキ診断コーナーを始めた当初、まだ「超天篇」が始まっていない頃だったので、もしかしたら「双極編2ブロック構築」での活躍を期待していたのかもしれません、もしそうだとすれば、ここまで公開が遅くなって申し訳ありませんでしたとしか言えません。本当に申し訳ないです。

ダースシスKの採用がされていない点も、「2ブロック構築」での採用を考えられていたと推測できる材料になっていますね。

 

とはいえ、仮に殿堂構築であっても、この先の構築においてはリンパはもっと速攻向きのカードに入れ替えてしまい、防御はS・トリガー、及びデッキコンセプトと合うブロッカーのザンバリーに任せるような思い切りは必要では無いかと思います。

火文明に《凶戦士ブレイズ・クロー》が存在しているので、「可能なら毎ターン攻撃する」というデメリットはそこまで気にしていないように伺えます。《闇戦士ザビ・クロー》の採用をオススメしたいです。もしくはダースシスKですね。

2ブロックであれば、破壊系トリガー(2ブロック環境では主に黒採用型バラギアラのトリガー、もしくは赤白轟轟轟の《KAMASE-BURN!》ですかね)に対してけん制できるかもしれない《犠牲の影オンリー・ウォーカー》、もしくは以下に書く採用候補カードと入れ替えてみるのが良さそうです。

 

《撃髄医 スパイナー》

良いなと感じたカードがこれですね。

パワー-3000を3回、好きなように割り振るユニークかつメジャーなトリガーです。スーパーボーナスを起動できれば御の字ですが、そうでなくても良い活躍をしてくれます。

 

おそらくですが、今後の殿堂環境において、轟轟轟を赤黒で組む際、他の文明との差別点となるカードの1つではないでしょうか。《ナゾの光 リリアング》のエスケープを貫通しつつ、もう1体以上のウィニーを溶かすトリガーカードとして、対赤白轟轟轟への解答となり得そうなカードですね。ミクセルを溶かす事が出来る点も高ポイントです。

一応、リリアングのエスケープを何度も起動してダイナミックな手札補充をされる危険性も考えられますが、エスケープを3回以上発動されるのは逆にトリガーの危険性を潰す事に繋がるので逆にラッキーでしょう。

 

さりげなく、スーパーボーナスでコスト4以下の蘇生が出来る点も注目ですね。採用しているクリーチャートリガーの中では《堕魔ドゥグラス》が防御として活躍してくれますね。

 

殿堂構築で使う場合では、轟轟轟やメタリカを見るためにももう1枚以上は積んで良いのではないかと思いますね。

 

2ブロックなら、ここの代わりに《幽具ランジャ》がオススメですね。対処できるクリーチャーは減りますが、出てくるGRクリーチャーが《バツトラの父》あたりであれば2体のクリーチャーを止める事に繋がります。

スパイナーは超天篇2ブロック対応してますね。

 

《ビックリーノ》

もう一つ面白いと感じたのがこのカードです。

このデッキでは《堕魔 ザンバリー》か《"轟轟轟"ブランド》しか墓地に落とす手段がありませんが、序盤に落とす事が出来れば御の字。場にクリーチャーを出さないようなデッキが相手ならハンデスも活きてくると。

 

使うのであれば、《KAMASE-BURN!》や《堕魔 ドゥシーザ》のような「自分の場にクリーチャーを残しながら除去を放つカード」や、GRクリーチャーの《ドドド・ドーピドープ》あたりのディスカードできるクリーチャーを多く採用したいですね。

 

 

主に文章化したかったのはこの辺りのカードです。

ただ、仮にこのデッキが「超天篇2ブロックでも使いたい」と思われているデッキだったとして、《ニクジール・ブッシャー》が使えなくなってしまうという点は大問題ですね……。

 

殿堂で使うという場合は気にする必要は無いのですが、仮に「2ブロックでも使いたい」と感じていらっしゃる場合の為に、ここから書く採用候補カードは「2ブロック対応のカード」のみで書いていきましょう。

 

 

個人的採用候補カード

《KAMASE-BURN!》(2ブロック対応)

GPでの活躍で注目されるようになってそうなS・トリガーカードです。GR召喚を行い、召喚したGRクリーチャーと相手クリーチャーをバトルさせる能力を持ちます。

対速攻への防御トリガー、ミクセル等のメタクリーチャーの除去等様々な役割を持てる他、このデッキなら《ビックリーノ》を蘇生させる為の除去札としても扱う事ができますね。

 

下の《幽具ランジャ》との違いとして、超GRの構築によっては3001以上のパワーを持つクリーチャーも倒す事が出来るカードとして扱う事が出来る点ですね。

 

《幽具ランジャ》(2ブロック対応)

オレガ・オーラです。S・トリガーで相手クリーチャーのパワーを-3000します。

上の《KAMASE-BURN!》よりもコストが1重いので使い辛く感じます。ただし、出てきたGRクリーチャーを強化する為、除去耐性を持たせる事が出来る点、除去範囲がGRクリーチャーに依存しない点では使いやすいと言えるでしょう。また、《ナゾの光リリアング》を除去できる点も見逃せない利点です。

 

オーラが張り付いていればさらに低下する値は増えますが、他のオーラの採用ができない限りは基本的にできたらラッキー程度ですね。

 

GRクリーチャー(2ブロック対応)

《KAMASE-BURN!》や《幽具ランジャ》を採用する場合、GRクリーチャーも採用する必要が出てきますね。

いざという時に手札を捨てて轟轟轟やビックリーノを出せるように出来る他、手札0ならデメリット無しW・ブレイカー、《KAMASE-BURN!》で7000火力と、シングル価格以外相性の良い《ドドド・ドーピードープ》、《KAMASE-BURN》の除去範囲を上げる為の《ワイラビⅣ》等のパワー4000クリーチャー及び、効果によって高パワーの動きを一時的に停止できる《硬直 TL-20》あたりを入れたいですね。

《幽具ランジャ》を優先する場合、パワーにはそこまで拘らなくても良くなるので、相手の攻撃を1回防ぐ《バツトラの父》、破壊時にGR召喚をするような火文明のワンダーフォースも採用するのであれば《マシンガン・トーク》による連続攻撃を狙うのも中々ロマンがあります。

 

《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》(2ブロック対応)

www.dmasters-pohu.com

多色カードなので序盤にマナに置いてしまうと速攻し辛くなる欠点こそ存在していますが、個人的に中々相性の良いカードでは無いかと思える1枚です。

構築やコンセプトはすごく変わってしまいますが、《DOKIDOKI・ザイナマ》を出して1回殴りつつ、ターン終わりにGR召喚を2回行う事を狙ったり、他にクリーチャーがいれば、《闇の破壊神ゼオス》を出して3枚ブレイクしつつ、自身のクリーチャーを破壊する能力と自壊デメリットでゼオスの能力を2回起動させる、ゴルドーザの2回攻撃+ラストバースト等、赤白の《ヘブンズ・フォース》には応用性で劣るものの、中々ユニークな速攻性能を発揮できそうです。

 

このブログではあまり良い事書かなかった《ドンパッチおじさん》も、「イーヴイルフォースで出して手札を一気に消費して轟轟轟に繋げる」という役割として活躍できるかもしれませんね。

 

クリーチャー面も、除去能力は任意なので使いやすいクリーチャーです。スパイナーのスーパーボーナスに対応する点もポイントが高いですね。

 

手札消費の激しさは轟轟轟召喚の為と割り切る事が出来ますし、サブコンセプトとして刺してみると面白い事ができそうです。

ただし、これを採用する場合はデッキのバランス(手札消費に役に立つコスト1のクリーチャーと、イーヴィルフォースで出したいコスト4のクリーチャーの比率)が難しくなりそうです。ビックリーノとミサイル、ホップあたりは枠が厳しくなるかもしれないですね。

個人的に、2ブロックで使うのであれば、このカードはニクジルの枠で採用したいです(代わりになるかどうかはともかく)

 

《ルソー・モンテス/法と契約の秤》(2ブロック対応)

個人的に、このデッキの弱点の1つとして「赤白におけるリリアングのような、戦線を維持できるクリーチャーがいない」という点が挙げられるかと思います。

後半に呪文面で《"轟轟轟"ブランド》に繋げる事が出来れば万々歳かと。

クリーチャー面も、轟轟轟早期召喚の補助としては優秀です。

 

《メガゴーワン・チュリス/ゴゴゴ・Go1・ナックル》(2ブロック対応)

トリガーが足りないと感じたらこれですかね。

コスト3ではありますが《イーヴィル・フォース》で出してあげればすぐにスマッシュ・バーストを発動できます。手札を消費しながら9000以下の破壊は中々強力です。

呪文面も手打ちしやすいコスト3と、嬉しい点は多いですね。

 

《マグナム・ルピア/クリムゾン・チャージャー》または《マタドール・マルクーゼ》(2ブロック対応)

主に相手の轟轟轟対策……と言いたいところですが、後者は轟轟轟対策としてはコストが3と重い気もします。どちらかと言えばクラッシュ覇道対策とジョラゴン対策として、轟轟轟はおまけと考えた方が良いかもしれません。ただ、クリーチャートリガーを許さない点や、最序盤であれば多少のGR対策にもなる点、トリガークリーチャーを場に残さない点は優秀です。

刺さらないと感じた場合にはチャージャー側でクリーチャー破壊をしに行ける点もうれしいですね。

 

後者は軽い分、轟轟轟やクラッシュ覇道へのメタとしては優秀ですが、それ以外に対するメタとしてはほぼ機能しないのが悲しい所です。

 

 

こんな感じで候補カードを挙げる事で、公開の遅れは取り戻す事ができたでしょうか。

 

環境での活躍について

基本的に方向性が「赤白轟轟轟」と同じである以上、「赤白轟轟轟と比べてどの程度の活躍が見込めるのか」を考える事が、環境で活躍できるかどうかの判断になりますね。

 

あくまで個人的な見解ですが、「パワー低下系のトリガーでリリアングのエスケープを剥がす事が出来る点」と「そのリリアングを剥がすトリガーが《ジャミング・チャフ》が利かないクリーチャートリガーやオーラトリガーである点」から、「既存の赤白轟轟轟にはそこそこの優位が取れるのではないか」とは思いますね。

ただし、赤白轟轟轟の怖い点は「自慢の速度を緩める事無くトリガーを厚く出来る点」にあると思っているので、「絶対的優位」とは言えないですね。

 

また、今回投稿していただいた構築では、「赤白轟轟轟におけるミクセル枠」が存在していない為、クラッシュ覇道系統の踏み倒し系デッキに対して「速度で勝たなければジリ貧になってゲームエンド」となる可能性がありました。そこを「更に速度を上げて殴り切る」or「メタカードで対策する」or「墓地回収や蘇生によって、後半のビートダウンの質を上げる」事で解消できれば何とかなりそうではあります。

殿堂構築であればニクジールが使えるのである程度の速度は出せそうですが、2ブロックではもう少し考える必要がありそうです。基本的に今回提案させていただいた採用候補カードは、その辺りの穴を埋める目的の物が多いですね。

 

とはいえ、ビートダウン相手の場合は《撃髄医 スパイナー》のボーナスが発動すればワンチャンスあるものも多いです。

やはりスパイナーは手札事故の可能性も考慮しても4枚積んでしまっていいのではないかと思えてきます。

 

最大の問題点としては、「赤白轟轟轟以上に、トリガーやサバキZによる防御に弱い」という点でしょう。

《ジャミング・チャフ》によるトリガー封じができない点は痛く、呪文のトリガー1枚で壊滅的な状況に陥るという状況も十分あり得ます。

赤白もそういった弱点は抱えているものの、ジャミングがあるだけまだマシです。

 

こうした点から2ブロックでは、

「同系統のデッキをトリガー1枚でひっくり返す事も可能なため、赤白轟轟轟には単純なミラーマッチよりは信用しやすいかもしれない」

「ジョーカーズには速度面で有利か。ただし、7777777には注意」

「覇道系にはメタカードを使うか他に速度を上げる等工夫しなければ辛いか」

「トリガーマシマシ系は鬼門。無視して頭ごなしに殴るか」

という事が言えそうです。

 

反面、殿堂ではニクジルもダースシスKも使えるので、速度的には赤白に負けません。さらに《お騒がせチューザ》《単騎連射マグナム》あたりでトリガーにもそこそこ対応できます。お騒がせチューザは《イーヴィル・フォース》でスピードアタッカーにしてあげれば唐突な呪文封じもできますね。

いっそ殿堂の場合は、メタカードはそこまで重要視せずにトリガーの選択とトリガー封じのみ考えた上で、残りを速度に全振りするのが良いかもしれませんね。

 

まとめ

ぶっちゃけてしまうと、この記事を書く前に「轟轟轟か……」なんて思ってしまって気が進まないところはありました。

しかしながらいざ中身を見てみれば、可能性を感じる1枚や面白いコンボ等色々発見のあるデッキでしたね。2ブロックでまだニクジルが使える内に診断したかったです。申し訳ありませんでした。

 

個人的に

今まで見てきた轟轟轟関連のデッキの中で一番好きなデッキですね。

「自分が轟轟轟を組むならこのタイプを改造したものにしたいな」と思える位に魅力的なデッキでした。ガンブルマンは俺の嫁様ありがとうございました。これからもガンブルマンをいっぱい愛でてあげてください。

 

 

以上。ポフルでした。