ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】投稿「ゼニス物語」診断【デュエル・マスターズ】

デッキ診断コーナー。ここまで時間がかかって本当に申し訳ないです。ポフルです。

 

本日はそんなデッキ診断コーナー。みくたさんより投稿していただきました「ゼニス物語」の診断です。ありがとうございますと共に、ここまで遅くなって申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

みくた

 

デッキ名

ゼニス物語

 

デッキ内容

4 超絶奇跡 鬼羅丸

4「祝」の頂 ウェディング

4「修羅」の頂 VAN・ベートーベン

4キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語

2古代楽園モアイランド

4タマタンゴ・パンツァー

2龍装者 ジスタジオ

4コレンココ・タンク

4イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ

4ボント・ブラントボ

4タルタホル

 

診断基準

内容送信日及び記事更新時の環境を考慮した上での診断

 

その他

九十九語りからゼニスを並べてワンキルします。 大会で使う勇気がないのでフリーでのみ使ってますが大会でも戦えるかと思えるぐらい勝率はいいです。 よろしくお願いします。

 

 

診断

実は最近、このデッキと同じようなデッキと当たった事があるのですが、

やっぱりマナゾーンに大型が並ぶのは恐ろしさがあるよね!!!

なんて、自分の使っているオーラデッキを見ながらそう思いました。

 

さて、このデッキの方向性は単純明快。コメント通り、轟破天を目指してマナブーストを行い、大型ゼニスでとどめを刺しに行くという物ですね。VANとウェディングが4枚積み。

戦いたくねぇよぉ……。

 

《超絶奇跡 鬼羅丸》の能力で轟破天を唱えたりゼニスを出したり、はたまた轟破天で出したウェディング複数体をスピードアタッカーで殴れるように

戦いたくねぇよぉ……。

 

10マナ溜めるまでが鬼門ですが、溜めてしまえば一気にゲームエンドですね。

 

こういったデッキだと、「シャコで良いやん」なんて言われる事が多いのですが、このデッキの場合は轟破天が引けずとも各種ゼニスで制圧を狙いに行きつつそのままフィニッシュも狙いに行ける点がポイントですね。

 

ウェディングと共に、《古代楽園モアイランド》《龍装者ジスタジオ》まで採用されているのは、おそらく革命0トリガーやらシノビやらで妨害されるのを封じたり、そもそもウェディングが1体しかマナに送れなかった場合のケアのような形での採用でしょうか。もしくはビートダウン相手にタマタンゴがトリガーした場合、タマタンゴの攻撃でタマタンゴをトリガーで除去されにくい状況を作るのも目的としてあるのかもしれないですね。

《轟破天九十九語》を唱えたらそのターン中に何が何でもごり押しでぶっ倒してやる。

という意思が伝わってきますね。

戦いたくねぇよぉ……。

 

私個人で組むなら、VAN1枚とジスタジオ2枚をデスマッチに変えて、モアイ2枚をドルツヴァイに変えてしまいそうですが、それはそれでこの殺意にも似た尖り切ったデッキ構成の魅力がやや減ってしまうので「私が個人で組むなら」という前提を目立たせた上で書いておきます。

 

環境考察に行きましょう。

 

環境において

正直な所を言ってしまえば、

「速度を上げつつあるビートダウンが厳しすぎる」

という点が一番ですね。

 

一応、3ターン目にパワー12000のクリーチャーで5マナを染めて《タマタンゴ・パンツァー》が出てさえくれれば、轟轟轟やミッツァイルのような速攻気味かつ除去能力の低いデッキは何とかなりそうです。ミッツァイルの場合はハムラービが怖いですが、タマタンゴが出るという事は既に5マナ溜まっているという事、そこからマナブーストを行う事ができれば、ハムラービの除去は通らずほぼ詰み状態まで持っていけます。

 

また、どちらのデッキにも《奇石ミクセル》が存在しているのが厄介ですね。

タマタンゴが着地できないので、トリガー無しで戦う事と同じになってしまいます。

やはりデスマッチで足を多少引っ張れるようにしておくか、白を採用して《枯れ葉マナ隠し》をマナブーストと並行して打てるようにしておきたいところでしょうか。どちらも2コストなので、2ターン目のマナ加速に成功さえしていれば3ターン目のマナ加速と並行して使う事ができます。

 


マナの長老 ジョウモン爺

自然文明 グランセクト/スペシャルズ

コスト7 パワー13000

■マッハファイター

■T・ブレイカー

■相手のパワー3000以下のクリーチャーはすべて、プレイヤーを攻撃できない。 


枯れ葉マナ隠し

光文明 コスト2 呪文

■パワー3000以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

個人的に、「デッキ内に4枚しかない条件付きトリガーに頼らざるを得ない」というこの尖り切った構築で、「先行取ってマナブースト出来てタマタンゴさえ引ければ余裕なので大会でも大丈夫ですね」と断言はできません。……ただ、実際「先行取ってマナブーストできてタマタンゴさえ引ければ余裕」である事は間違いないので、なんでしょうね。

自分自身が余裕だと割り切れるのであれば、問題ないかもしれませんね!

 

一応「《デスマッチ・ビートル》による踏み倒しメタや《ゼノゼミツ》のようなトリガーで1ターン稼ぐ事ができれば、間接的にタマタンゴ降臨の確率は上がります」とだけ書いておきます。

 

むしろ、「赤青クラッシュ覇道」のように、タマタンゴを後出しでどうにかできるデッキの方が厄介なのかもしれません。ただしこうしたデッキの場合は、よほどエクストラターンでもされない限りはタマタンゴで1ターン止めただけで十分なので、やはりどうなんでしょうねと。

やっぱりデスマッチは欲しいかもしれないです。

 

反面、「速攻系が多い読みで選択されたトリガーマシマシ系や、それらを狩り対象としたループ系デッキはたまたコントロールデッキ、中速デッキ」は絶好のカモと見ていいでしょう。唯一ある程度の速さと同居した上に《アイアン・マンハッタン》が怖いジョーカーズに対してはやや微妙ですが、それ以外は多少のプレイングの上手さも力でねじ伏せる事が出来るでしょう。

トップデッキ読みメタデッキに強い、対強者キラーと言えるかもしれないです。

 

 

まとめ

轟破天関連の例に漏れず、ものすごく派手なデッキですね。その中でも中々に振り切ったデッキになっていますね。

大会での活躍はやや運任せになりそうですが、少し手を加える事で大会でもそこそこの成績は残せそうな気がしますね。

 

以上。ポフルでした。