ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《極幻罪 バグ・アード》考察―扱うにはやや難しいか【デュエル・マスターズ】

平成最後の大仕事も中盤。ポフルです。

 

本日は100円パック収録のSR《極幻罪 バグ・アード》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


極幻罪 バグ・アード

水文明 トリックス/デリートロン

コスト5 パワー+4000

■これを付けたクリーチャーにに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これを付けたクリーチャーの攻撃の終わりに、このターンにブレイクしたシールド1つにつきカードを1枚引く。


 

考察

100円パックの新規非GRクリーチャーのSR枠です。

水文明のオーラですね。

 

コスト5でパワー+4000。攻撃の終わりに、シールドをブレイクした数×1枚のドローができますね。シールド追加を考慮しなければ最大5枚のドロー。SRらしい夢のある能力ですね。

 

「パワード・ブレイカー」で自身のブレイク数を増やせば増やすほど、ドロー枚数も増えます。あからさまにビートダウン向けのカードと言えるでしょう。

ブレイク数を上げるには、基本的にオーラを重ねる事になります。重ねてブレイクする事によってドロー枚数が増えるという事は、間接的に「オーラを重ねれば重ねる程、除去された時のカード消費が激しい」という、オーラ特有の問題点を軽減する事が出来ると言えます。

 

ただし、同じくコスト5のオーラで《*/肆幻ヨナビクニ/*》が存在している事は注意したいですね。

 


*/肆幻ヨナビクニ/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト5 パワー+4000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)

■これをクリーチャーに付けた時、カードを2枚引く。


 

 

ヨナビクニは付けた時に確実に2枚カードを引く事が出来るので、単体でも機能しやすい点がポイントですね。

特に後半、マナも増えてかつチュパカルのようなコスト軽減が何枚か存在している場合には、ヨナビクニでドローし、余ったマナで引いたカードを即座に使用するという事もできます。《極幻夢 ギャ・ザール》で使いたいオーラを引き込む事も可能です。

 

ドローに関しては《極幻智 ガニメ・デ》の存在も向かい風ですね。

 


極幻智 ガニメ・テ

水文明 トリックス/デリートロン

コスト3 パワー+2000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーについているオーラ1枚につき、カードを1枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

単体でも3コスト1ドローと及第点のスペックである上に、重ねたオーラの数だけのドローというのは、バグ・アードよりも直接的で強力です。3コストという点は、ドローしたカードをすぐに使いやすいという点もうれしい所。

 

こちらの強みとしては、出した時以外にもドローが狙える点ですね。何度もドローを狙う事が出来る点はうれしい所です。バグと共に付けたギャ・ザール能力でケルベロックを付けて連続攻撃を狙う等しておきたいところです。

ただし、シールドをブレイクした攻撃の終わりにしかドローできないので、クリーチャーを殴りにいった場合やブロックされた場合はもちろんドローできませんし、何よりS・トリガーで自身が付いたクリーチャーが除去された場合はドローできない点も気になる所です。

《幽影エダマ・フーマ》を付ける等して、除去に強くしておきたいところです。

 

とはいえ、気にするべき点が多すぎる事から、ドローソースとしては上記の《極幻智ガメニ・デ》や《*/肆幻ヨナビクニ/*》を優先した方が良い気もしてきますね。

現状のオーラデッキにガニメ・デは恐らく3枚以上採用する事になるかと思うので、その上でドローが足りない場合に《*/肆幻ヨナビクニ/*》と選択で採用する事になるでしょうか。

使いやすいヨナビクニか、夢のあるバグか。

 

まとめ

SRらしく大量のドローを狙える能力ではあります。ただし、他のオーラよりも優先できるかどうかは良く考えたいですね。

 

以上。ポフルでした。