ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ΔΔΣ シグマティス》考察―裁定が落ち着いたのでしっかり考察【デュエル・マスターズ】

オーラを早く実践投入したい。ポフルです。

もう少しではある。

 

本日は、最近ちょこっと話題になりました《ΔΔΣ シグマティス》を考察していきましょう。100円パックのSR枠ですね。

 

 

 

カード情報

 


ΔΔΣ シグマティス

自然文明 グランセクト/デリートロン

コスト6 パワー+6000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これをクリーチャーに付けた時、そのターン、そのクリーチャーはタップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これを付けたクリーチャーが破壊された時、そのクリーチャーについていたオーラをすべて、自分のマナゾーンに置く。


 

考察

自然文明のSRオーラです。疑似マッハファイターの付与と最近の自然文明らしいものになっていると同時に、破壊時にマナに行く能力が昔からの自然文明らしいと言えるでしょうか。

 

このカードの登場時、一番最初の疑似マッハファイター付与能力が「召喚酔いを無視できるか否か」という事で話題になっていたそうですが、2019/04/24現在その問題は解決しています。公式からのアナウンスも出ていましたね。

 

 

「そのターン」という表記がある物は、召喚酔いを無視して殴る事が出来るという事で統一されるみたいですね。

よく考えれば、ジョーカーズの「バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる」というテキスト及び「マッハファイター」のテキストに「召喚酔いを無視して」が存在していなかったので、最終的には落ち着くところに落ち着いたような気がしないでもないですね。これで《レッド・アグラフ》も多少救われるでしょうか。

 

と、問題解決できたようなのでしっかり考察していきましょう。

ひとつひとつの能力自体はシナジーしたものでは無いですが、その分すべての能力が無駄になりにくく、汎用性の高いものとなっていますね。

 

パワー+6000でマッハファイターが出来るという点は中々強力です。今のところGRクリーチャーのパワーは2000~4000がほとんどであり、すなわちこのオーラ+GRクリーチャーのパワーは8000~10000という物。デメリット持ちの《ナ・ハナキ・リー》のパワー12000には流石に届きませんが、他のコスト6マッハファイター達の中では上の方に位置すると見て良さそうですね。

 

また、既に出ているGRクリーチャーに付ける事で、そのクリーチャーはアンタップしているクリーチャーに攻撃する事が可能になります。他のオーラが付いているクリーチャーにシグマティスを付ける事によって、処理できるクリーチャーは多くなります。

オーラらしく、プレイバリューの高さがうかがえますね。

 

破壊された時の能力は、「何枚もオーラを重ねたクリーチャーが破壊された時に失うアドバンテージを軽減する」事に繋がります。

この子が破壊される前に《極幻智 ガニメ・デ》での大量ドローが出来ていれば、増えた手札とマナによって更にGRクリーチャーを大量展開する事も、1体のGRクリーチャーを強化する事も可能となりますね。

 


極幻智 ガニメ・テ

水文明 トリックス/デリートロン

コスト3 パワー+2000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーについているオーラ1枚につき、カードを1枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

破壊にしか対応していないのは残念ですが、他のオーラを出すのを控えて6コスト払うだけの価値はあると思えます。

 

パワード・ブレイカーと自身のパワーが+6000である事から、どんなクリーチャーにこのオーラを付けても2枚以上のシールドブレイクが可能であるという点も、このカードの汎用性の高さを感じる点になりますね。

相手のクリーチャーがいない場合には、既に場にいるGRクリーチャーに付ける事によってブレイク数を増加させて殴るなり、《極幻夢 ギャ・ザール》を付けたクリーチャーで殴る際にギャ・ザール能力でシグマティスを重ねてブレイク数を増やすなり。「場面によっては相手プレイヤーを狙う事も可能」と言う点は、他のマッハファイターに無い点と言えるでしょう。

 

ギャザールが付いているGRクリーチャーにシグマティスを付けて、クリーチャーに殴りながらケルベロックを付ける事で、2体以上のクリーチャーと戦闘を行う事もできますね。

全体除去としては《ア・ストラ・ゼーレ》が存在していますが、バウンスしたくないクリーチャーが存在している上にエクストラターンを得る事が出来ない場合にはこうしたプレイングも考慮に入れるべきでしょう。そのまま相手を殴り切った方が早い場合にはバウンスによってフィールドにも干渉できる《ア・ストラ・ゼーレ》、落ち着いて盤面処理をする方が良いと判断した場合にはシグマティスと使い分けるのがいいでしょう。

 


極幻夢 ギャ・ザール

水文明 トリックス/デリートロン

コスト5 パワー+2000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、コスト6以下の呪文またはオーラを自分の手札からコストを支払わずに使ってもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com


ア・ストラ・ゼーレ

水文明 トリックス/デリートロン

コスト6 パワー+6000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。こうして6体以上が手札に戻されたなら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

まとめ

能力ひとつひとつにまとまりが無いように思えますが、その分どんな状況でも腐りにくい優秀なオーラだと言えますね。

SR特有の派手さこそありませんが、その分堅実的な動きが期待できそうです。

 

以上。ポフルでした。