ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《鋼ド級 ダテンクウェールB》考察―シンプルなGRクリーチャー【デュエル・マスターズ】

100パックを何個か買って、《鋼ド級 ダテンクウェールB》出てきてビックリしました。ポフルです。嬉しいけれどちょっと違った。

 

本日はそんな《鋼ド級 ダテンクウェールB》を考察していきたいと思います。

 

 

 

カード情報

 


鋼ド級 ダテンクウェールB

無色 ジョーカーズ/ワンダーフォース

コスト4 パワー1000+

GRクリーチャー

■このクリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。

■自分のターン中、このクリーチャーのパワーを+5000し、「W・ブレイカー」を与える。


 

 

考察

毎ターン攻撃するデメリットの代わりに、自分のターン中のみパワーが6000のW・ブレイカーとなりますね。

 

毎ターン攻撃するデメリットに関しては、《メタルトッQ》で考察した通りです。

 


メタルトッQ

無色 ジョーカーズ/ワンダーフォース

コスト4 パワー4000

GRクリーチャー

■このクリーチャーは可能なら毎ターン攻撃する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 《ジョジョジョ・マキシマム》を使うジョーカーズ的にはそこまで相性が良いわけではありませんが、最初から積極的に攻めるデッキの場合は2打点というメリットが大きいですね。《メタルトッQ》以上にビートダウンに特化したクリーチャーと言えそうです。

 

相手のターン中はパワー1000と一気に弱体化する点には注意したいですね。マッハファイターに弱かったり全体火力に弱かったりと、かなり脆いです。ただGR召喚するよりも、《怒ピッチャコーチ》や《BAKUOOON・ミッツァイル》を使ってスピードアタッカーを与える事で、一気に攻めれるようにしたいですね。《ガチャダマン》でのマッハファイター化も考えたいところです。

こうして出たターンに殴れるようにする事ができれば、GR召喚のシステム自体の強さも相まって強力なカードとして扱う事が出来るでしょう。

 

また、攻撃した後の相手ターンにはほぼ確実に殴り返しを受けるので、基本的には使い切りの2打点と捉えておいた方がいいですね。

 

オーラデッキでは、弱点である殴り返しや火力耐性を補う事が出きるので相性は良いです。

ただし、状況によっては殴らない選択を取る事が出来ない事や、2ターン目の《*/零幻チュパカル/*》で出した場合には、通常のデッキにおける一番隊以上に火力等に弱いカードになってしまう点には注意したいですね。そうしたデメリットがある事も念頭に入れた上で採用したいです。

 

全体的にみて、GRクリーチャーの2打点以上持ちクリーチャーの中ではかなり扱いやすい部類に入るのではないでしょうか。

 

まとめ

SRらしいと言えばらしい、ビートダウンに特化した強力なカードですね。

その分、相手ターン中のパワーの低さというわかりやすい弱点も存在しているので、デッキ構築の時点で使い方をしっかり考えておきたいところです。

 

以上、ポフルでした。