ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《接続 CS-20》考察―初。オーラを直接補助するGRクリーチャー【デュエル・マスターズ】

劇的に強い……とは言えないものの、自分のデッキ同士の対決ではなんだかんだ無難な勝率を誇るオーラデッキ。早く完成させたいなと個人的に感じているポフルです。

 

本日はそんなオーラデッキを強化してくれそうな《接続 CS-20》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


接続 CS-20

水文明 トリックス/デリートロン

コスト4 パワー2000

GRクリーチャー

■自分のオーラを使うコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。このようにしてオーラを使った時、それをこのクリーチャーに付ける。


 

考察

オーラを直接サポートする初のGRクリーチャーですね。オーラを自身に付ける時のみ、オーラを使用するコストを1減らす事ができます。

 

自身に付ける必要があるという制約がありますが、コスト軽減はうれしい所です。特にオーラを重ねていく事で能力が強くなっていくパワード・ブレイカー持ちオーラや《極幻智 ガニメ・デ》等のオーラにとっては、そこまで気にならない制約になりそうです。

 

とはいえやはり、たくさんのオーラを付けた自身が破壊された場合のデメリットは激しいので、《遊影エダマ・フーマ》を付けて耐性を付与するなり、《*/肆幻モドピトテ/*》を付けて破壊時のカード消費を軽減するなりと言った工夫は欲しいです。そういったカードを付ける為のコスト軽減とも取れますね。

 

現状オーラのコスト軽減は《*/肆幻チュパカル/*》しか存在しておらず、さらに現状、優秀なオーラは中型~大型に偏っている為、それらを更に使いやすくしてくれるコスト軽減は心強いですね。

 

中盤では特に優秀になってきますね。 維持できればの話ではありますが、使用可能マナを残しながら《極幻智 ガニメ・デ》や《*/肆幻ヨナビクニ/*》でのドローで手札を補充しつつ、引いてきた《極幻夢 ギャ・ザール》や《ア・ストラ・ゼーレ》等を使う……等、1ターンの間に複数のオーラを使う事ができるようになりますね。

オーラを何枚も重ねる事が推奨されるカード群は、この子の登場によってより強力になってくれそうですね。

 

今後、自然文明のオーラが多数登場する事になった場合、このカードの評価もうなぎのぼりとなりそうです。水のオーラで手札を補充、自然のマナブーストでマナを増やし、コスト軽減でオーラを多数使えるようにする……と、水自然らしい動きが可能となりそうです。

 

とはいえ、やはりGRクリーチャーであるが故の不確定性は無視できないところ。オーラデッキは、他のGR召喚を行うデッキと比べて横に並べる事が不得意であり、1ゲーム中にこの子を召喚できない事もあり得ます。

 

強力である事は間違いないとは思いますが、弱点もしっかり存在しているので、過信し過ぎないようにはしたいところですね。

 

まとめ

GRクリーチャーでオーラの使用を直接補助してくれるクリーチャーは珍しいです。

使いこなせればかなり心強いです。反面弱点も存在してはいるので、しっかり考えながら使いたいですね。

 

以上。ポフルでした。